卒論・修論はいつから、いつまでの時期?理系/文系の提出期限とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論 卒論 いつから いつまで 提出時期 修論

卒論はいつから書けばいいのか…
卒論の提出期間はいつ頃なのか…

学部生の卒論、院生の修論はいつから書き始めれば間に合うのでしょうか。

今回は理系・文系別に卒論・修論に関して

  • 作成時期
  • 提出時期
  • 締め切り(提出期限)

を紹介します。

大学院生の方が学部生よりも早いスケジュールで進むことを覚えておましょう。

また1年間の具体的なスケジュールを作ったので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

理系卒論のスケジュール

まずは理系学部生の卒論についてご紹介します。

卒論の提出時期・提出期限は?

卒業研究の提出日は、学部4年の1月下旬-3月中旬です。もちろん、大学や学部によって多少前後することはあります。

ちなみに、卒論提出の流れは2ステップあることを知っていますか。

  • 卒業研究を製本して提出
  • 審査員の前でプレゼンテーション

「製本の提出」と「プレゼン」を両方合格して卒業認定となります。

私が卒論を作成した時は、「プレゼン」よりも「製本の提出」の方が大変でした。

ここからは1年間の具体的なスケジュールをご紹介します。

4月-8月

研究室配属は学部4年の4月です。配属直後にやることは研究のやり方を覚えることです。

研究の進捗としては、5月の連休頃に大体の流れを理解できれば大丈夫です。

また、6月になると院試勉強を本格的に始める時期です。

院試推薦の基準は知っていますか。推薦をとれればば勉強期間も短くなるので、卒業研究に専念できます。

参考 院試勉強(内部・外部)はいつから?対策時期/期間・勉強法/時間を解説!

9月

院試は7月-8月に行われます。院試勉強を頑張った理系学生は夏休みに突入です。

お盆期間も院試勉強を続けた学生もいると思うので、この時期にしっかり遊びましょう!

10月-1月

夏休みが終わると、卒業研究が本格化します。

最初の数週間は研究のやり方を思い出す期間です。なので、卒業研究に取り組むのは「実質3-4ヶ月」になります。

この期間の頑張り・努力が卒論の出来具合に直結します。

必ずしも予想通りの結果が出るとは限りませんが、粘り強く取り組んでいると意外と進んだりするかもしれません。

研究がつまらない。研究室に行きたくない。自分には向いていないのか?
大学での研究がつまらないな...卒業したら研究職に就こうかな...理系学生の中にはこんな悩みがあるのではないでしょうか。正直なところ研究活動には向き不向きがあります。ただ、自分の性格は知っていたとしても、実際にやってみないと合っているかなん

年末年始は帰省のために研究がストップすると思います。そんな時期には論文の謝辞を書くのがおすすめです。

参考 卒論/修論の謝辞の書き方とは?すぐに使える例文・テンプレを紹介!

2月-3月

理系の卒論提出は3月です。ラスト2ヶ月は「卒論執筆・スライド作成」に追われます。

まだ思うような結果が出ていない学生もたくさんいるはずです。

ただ、この時期は研究の進捗を出そうと焦るのではなく、まとめ作業に切り替えてください。

中途半端な研究結果を羅列するよりも、持っている成果をきれいに発表した方が好印象になります。

参考 卒論・修論で結果がでなくて書けないときの上手なまとめ方とは?

文系卒論のスケジュール

ここからは文系学部生の卒論についてご紹介します。

卒論の締め切りはいつ頃なの?

文系学生の卒論提出時期は1月-2月です。

理系と比べると提出期限が約1ヶ月、早い時期に設定されています。卒論執筆の時期は大変ですが、春休みが早く来るのは嬉しいですね。

具体的なスケジュールをご説明します。

4月-11月

まず、ゼミ配属後は各自のペースで卒論を進めます。毎週発表が課されるゼミでは、コンスタントに卒論に取り組みます。

一方、発表がないゼミでは、直前数週間の頑張りで乗り切ることも可能です。

12月-1月

卒論提出の直前なので、追い込み時期になります。上手くいけば年内に卒論提出を終え、年始から春休みに突入することもできます。

参考 大学生の春休みはいつから、いつまで?期間・過ごし方・やることは?

理系修論のスケジュール

さいごに理系大学院生の修論のスケジュールをご紹介します。

修論はいつまでに提出すればいいの?

修論の提出は修士2年の1月中旬-2月中旬です。もちろん、大学や専攻によって多少の違いはあります。

2年間の成果をまとめるため、事前に計画を立てながら進めることが大切です。

修論提出には以下の3ステップあることを知っていますか。

  • 修士研究を製本して提出
  • 審査員の前でプレゼンテーション
  • 副査の教授に合格をもらう

学部生同様の「製本の提出」「プレゼン」に加えて「副査の教授からの合格をもらう」をクリアして、初めて修了認定となります。

副査とは、指導教員の他に2人~3人の教授や准教授が審査員として「修了に値するかどうか」を判断することです。

厳しい先生が副査担当になってしまうと、意外と苦労するかもしれません。

修士1年の4月-9月

学部と修士で研究テーマが異なる学生は、最初の時期が肝心です。研究背景や進め方に関して、指導教員と十分に話をしてください。

学部と同じ研究に取り組む学生は、最初から頑張りすぎないように注意です。

卒論提出の追い込みと同じ感覚で研究していると、途中で息切れしてしまいます。適度なやる気を保つのが大切になります。

また、修士1年生は想像以上に大学の講義で忙しいです。事前に情報収集をしてラクに単位を取ったほうがいいです。

参考 大学院の講義って難しいの?卒業に必要な単位数・レポートの有無を紹介!

修士1年の9月-3月

前期で「修了に必要な単位数取得」「インターンシップ参加」を終わらせておけば、修士1年の後期は研究に専念できます。

参考 インターンのメリット・就活本番への影響は?応募するべき4つの理由!

この時期には「学会発表」「論文執筆」に取り組む学生も多いです。

理系学生が学会に出るメリットを活かして、研究成果を少しずつまとめておくと修論発表しやすいです。

修士2年の4月-8月

就活が本格化するので、修論の進捗が出にくい時期です。

既に研究成果が出ている学生は気持ちに余裕がありますが、就活と研究の両立に苦労することも多いです。

修士2年の9月-12月

修士研究の追い込みです。

この時期に取得したデータが修論発表に活かせるように、工夫して研究を進めることが大切です。

修士2年の1月-2月

理系の修論提出は1月-2月です。まずは、修論背景の書き方を参考にして序論を作ってみてはどうでしょうか。

年末年始は修論作成のために、休めない学生も多いはずです。正直、修士2年間でこの時期は一番キツイです

年末年始など、時間に余裕がある時期から少しずつ修論執筆を進めてください。できる箇所から取り組んでおけば、直前に焦らずに済みます。

参考 卒論・修論の「はじめに」の書き方と構成内容の例:字数稼ぎに最適!

学生向けのPrime studentの特典がすごすぎる話。

大学生、大学院生のみなさん、Prime studentというサービスを知っていますか。

Prime studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeと同じ特典を学生価格で受けられるサービスです。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

Prime studentの会員特典とは?

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に学生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

Prime studentに入会すると、本やマンガを買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

私が学生の頃、参考書を急に購入したいことが何度もありました。

その都度、お急ぎ便(360円)を使っていたら結構な金額になっていたはずですが、Prime studentのおかげで助かりました。

会員期間は?

Prime studentは在学中に入会すると、卒業後も4年間は学生価格(年2,480円)が適用されます。

学部4年生で会員登録をすると、社会人2年目まで学生会員価格を続けることができます。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

まとめ

今回は、卒論・修論の提出時期をご紹介しました。

卒論は1年間、修論は2年間で成果をまとめるため時間に余裕はありません。事前に計画を立てて進めることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論
理系days