理系院生・大学生の春休みはいつから、いつまで?期間・過ごし方・やることは?
スポンサーリンク

理系院生・大学生の春休みはいつから、いつまで?期間・過ごし方・やることは?

理系大学院 春休み いつから いつまで

今回は理系学部3年、4年、修士1年、修士2年の春休み期間がそれぞれいつから、いつまでを紹介します。

研究室によって休み期間は違いますが、就活・研究・インターンシップなどで忙しいはずです。

スポンサーリンク

全学年共通の休み

学部3年~修士2年まで全学年に共通の休みがあります。

それが「大学入試期間」です。セキュリティの都合上、大学に入ることが禁止されるので学生にとっては実質の休み期間になります。

私立大学では、1月下旬~2月中旬頃に個別で入試が実施されます。

国立大学では毎年、2月25日と2月26日が試験実施日です。試験日が1日の大学は2月25日のみ。試験日が2日の大学は2月25日と2月26日になります。

それでは各学年ごとの春休み期間をそれぞれ紹介します。

学部3年の春休み:2月~3月

理系高学年では学部3年生の春休みが一番長いです。そんな春休みを充実させるために、おすすめすることを3つ紹介します。

アルバイト・旅行

1つめは、大学生で長い休みだからこそできる、アルバイトや旅行。

既に学部1年・2年生でやっている人も多いので、その続きという感じです。

特に長期旅行(数週間~数か月)は、大学院生になると気軽に行けないこともあるので、この時期に行っておくといいですよ。

また、海外旅行中のインターネット接続には、ポケットWiFiがおすすめです。詳細はこちらの記事にまとめました。

インターンシップ

2つめはインターンシップに参加すること。理系だから大学院に進学して、修士で就職する人も多いはずです。

就活に関して周りが意識していない時期だからこそ、インターンに参加しておくと、差がつけられます。

院試勉強・TOEIC

3つめは院試勉強とTOEIC対策。院試勉強は大学院で人気研究室を狙う人や、外部の大学院を受験する人はやっておいた方がいいです。

TOEICは院試の英語試験としての使い道だけでなく、就活でも使うので高得点をとることができればアピールポイントになります。

時間がある学部3年の春休みだからこそ、十分対策してTOEICに備えることができます。

研究室見学

大学では学部4年生から研究室に所属します。どんな研究をしたいのか、いろいろと悩みますよね。

そんな学生のために、ほとんどの大学では春休み期間に「研究室見学」を設けています。実際に研究室の教授や、所属学生と話してみて雰囲気を感じることが大切です。

学部4年の春休み:3月のみ

学部4年生は卒論提出以降が春休みになります。研究室によっては卒論の内容で学会に出ることもあり、その場合の春休みは学会終了後だけになるので注意。

卒論作成

卒論の提出時期は、早い大学では2月中旬、遅い大学だと3月中旬です。

卒論提出後すぐに春休みになる研究室もあれば、学会参加や引き継ぎ、追加実験などで研究室に行かなければいけない研究室もあります。

卒業旅行

卒論提出後の春休みには、卒業旅行に行く人が多いです。

大学院に進学する人が多いとはいえ、学部就職や文系の友人など、この時期しか遊べない人もたくさんいるはずです。

修士1年の春休み:研究室と就活次第

大学院生になると、研究室によって春休み期間が異なります。

特に、修士1年は卒業・修了が関係ない学年なので、普段通りの生活で3月から4月の境目を過ごすことになります。

学会参加

修士1年の場合、学会に参加するかどうかで、春休みの忙しさが変わります。

学部から同じテーマで研究している人は2年間、修士からの人でも1年間研究しているので、そろそろ学会にも出られるはずです。

この時期に学会に出ることができれば、就活での研究成果アピールにもなります。

チャンスがある学生は是非参加することをおすすめします。

中間発表

多くの大学では修士1年の春休み期間に「中間発表」があります。

形式は10分のプレゼン、ポスター発表など、大学次第です。

修士課程2年間のちょうど半分が終わる時期なので、自身の研究について整理しておくと、修論でまとめる時に楽になりますよ。

就活本番

就活解禁が3月の場合、残念ながら就職予定の修士1年の春休みはほとんどありません

筆者の場合、合同説明会、個別の企業説明会、工場見学、面接などで3月は就活で埋まっていました。

修士2年の春休み:3月

修士2年は修論提出後が春休みになります。

ただ、卒論のサポートや研究の引き継ぎをする必要があるので、実質の春休みは3月だけになることが多いみたいです。

修論作成

修論の提出時期は、卒論よりも数週間早いことが一般的です。

早い大学では1月下旬、遅い大学でも2月下旬には修論提出を終えています。学部4年同様、研究室によっては修論の内容で学会に出ることもあるので要注意。

各種手続き

修士2年生は就職する際に引っ越しをすることも多いです。そのための各種手続きで結構忙しくなります。

また、修士課程で日本学生支援機構の奨学金を借りていた人は、返還免除のための申請書を書くことができます。詳しくはこちらの記事にまとめました。

旅行

修論提出後の休みは、学生生活最後の春休みです。社会人になると数か月単位の休みはほとんどないので、思いっきり遊びましょう。

学生のうちにお金に関する知識は身に付けることがおすすめ!

社会人になると、「住民税」「所得税」「社会保険」等の各種税金を支払う必要があります。

在学中は家族が代わりに払っていることが多いのではないでしょうか。

新入社員は思ったよりも、手取り給料が少ないです。

お金が少ない時期でもしっかり貯金できるように、今のうちから知識を深めましょう!

1.マネーリテラシーを学ぶには「お金の教養講座」がおすすめ!

お金に関する知識を学ぶには、どのような方法があるのでしょうか。すぐに思いつくのは本・インターネットを使うことですね。

ただ一番効率が良いのは「人から直接教えてもらう方法」ではないでしょうか。

例えば、高校や大学のテスト勉強でも、1人で取り組んでいたら全然わからないけど、友達や先生に聞いたらすぐに理解できたという経験があるはず。今回もそれと同じです。

ただ「お金に関する話をすることはタブー」といった風潮があるのも現実です。

「お金に執着していると思われたくない」
「いつも金儲けのことを考えていると思われたくない」

そういった方におすすめなのが、無料で学べる「お金の教養講座 」です。

2.勉強感覚で仮想通貨に取り組んでみる

最近何かと話題の仮想通貨。

大学生で時間が十分に取れる場合、相当な利益を上げられます。

株や証券とは違い、リスクは大きいですが、それだけリターンも大きいのが事実。

仮想通貨に挑戦することは、就活にも役立つので早い時期から始めることがおすすめです。

まとめ

今回は理系学部生と理系大学院生の春休みについて紹介しました。

各学年でやることが違うので春休み期間も異なります。春休みの遊び計画を立てる時には是非参考にしてください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る