院試勉強(内部・外部)はいつから?対策時期/期間・勉強法/時間を解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試勉強 いつから 期間院試

大学院の準備っていつからするの…
外部受験の勉強方法を知りたい…
予備校はいつから行くのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は2023年入学者向けに理系学生の院試勉強はいつから、どのくらいすればよいのかを内部生・外部生とに分けて紹介します。

参考   院試での志望動機や志望理由の書き方:対策方法・具体例・テンプレを紹介

スポンサーリンク

院試の日程と実施期間

一般的な院試の日程は、6月下旬に願書提出、7月~8月に試験本番となります。

院試合格までの流れはこんな感じです。

  • 研究室訪問
  • 願書提出
  • 筆記試験
  • 面接試験

大学院の研究室訪問は必須ではありませんが、研究室に入った後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、教授の人柄は事前に確認したほうがいいですよ。

参考 大学院研究室訪問/見学での質問例とは?服装・時期・持ち物も紹介!

院試の勉強時間・いつから取り組むべきか?

理系学生は学部4年生で研究室に配属されて卒業研究に取り組みます。

配属された研究室で修士課程に進学する人が多いですが、違う研究室や大学院に進学する人もいます。

どの大学院を受験するかによって院試合格までの勉強時間は異なります。

ここからは、

  • 内部生:学部と同じ大学院に進学する人(別の研究室を含む)
  • 外部生:学部と異なる大学院に進学する人

に分けて、院試合格に必要な勉強期間をご説明します。

内部生の勉強期間

院試では難問も稀に出題されますが、大半は学部の定期試験と同程度の難易度です。

内部生は講義ノート・定期試験の過去問を使えば簡単に院試対策ができます。

効率良く対策できるため院試勉強のスタートは6月くらいが標準的です。

外部生の勉強期間

内部生にとってのメリットは外部生にとってはデメリットになります。

外部生は学部の講義ノートや定期試験の過去問を持っていないため、院試勉強はできるだけ早くから始めましょう。

スタートの早い外部受験生は学部3年の10月くらいから院試勉強を始めている人もいます。

外部生の場合、遅くても学部3年の春休みからは勉強を始めた方がいいと思います。

勉強時間を確保するための研究室選び

内部生と外部生に分けて院試勉強の開始時期をまとめます。

  • 内部生:学部4年の6月
  • 外部生:学部3年の2月

院試本番を8月とすると内部生の勉強期間は2ヶ月、外部生は6ヶ月になります。

院試勉強時に大切になるのは所属研究室によって勉強時間確保のしやすさが異なることです。

ブラック研究室やコアタイムが厳しい研究室に入ってしまうと、思うように勉強時間が取れないという状況もありえます。

研究室訪問を利用して教授の人柄やコアタイムの有無については、事前に確認しておきましょう。

参考 理系が失敗しない研究室の選び方とは?ブラックを避け就活で成功する方法。

院試に落ちる人の特徴

院試で必要な勉強時間については大体の目安を理解できたと思います。

ここからは院試勉強が上手くいかずに不合格になってしまう人の特徴を2つご紹介します。

過去問を無視している

既にご紹介していますが、院試では講義ノート・定期試験の過去問から出題されることが多いです。

このため過去問の解法を理解できれば対策として十分といえます。

過去問を使わないと、的外れの分野に時間を使ってしまうなど、効率よく勉強が進みません。

当然ながら問題制作の担当教授が好む出題分野を勉強しなければ、院試対策としては不十分です。

大学院入試:過去問入手方法は?東大・東工大・京大・阪大を解説!
院試対策で過去問って重要かな...過去問を手に入れるにはどうしたらいいのかなこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は院試の過去問や解答の入手方法をご紹介します。院試では過去問は必須!院試勉強で何から始めたらよいかわからない...

内部生が使用している教科書を無視している

院試勉強が上手くいかない外部生の特徴として、市販の問題集を解き続けている場合があります。

院試対策では内部生が講義で使用している教科書や問題集で勉強するのが大切です。

出題範囲として学部の講義で使われている教科書が使用されることが多いからです。

外部生は研究室訪問の機会を利用して、内部生が使用している教科書の情報を集めるようにしてください。

一人で勉強し続ける

友達と勉強せずに一人で対策を続けることも失敗につながりやすいです。

友達と協力することで模範解答の作成、過去問の入手など、院試対策が効率的に進みます。

逆に、独りでの勉強は効率が悪く、時間をかけたのに進みが悪いという状況に陥りやすいです。

TOEICスコアはいつまでに取るべきか?

内部生、外部生のどちらも院試ではTOEICスコアが英語試験の評価に使われることが多いです。

院試で合格するためには、早い時期にTOEICのベストスコアを取得するの大切です。

というのも、筆記試験の直前は数学や専門科目を勉強しなければいけないので、正直、TOEIC対策に使うための時間はほとんど無いと思います。

TOEICのスコアシートは院試の願書と同封するため、受験日のスケジュール管理が大切になってきます。

詳細はこちらの記事でまとめています。

院試のTOEIC目安点数:大学院に間に合わないのはいつまで?
...

院試の過去問対策

効率的に院試勉強を進めるためには過去問対策が重要です。

先輩にもらうのも良し、友達にもらうのも良し、必ず過去問を入手して院試勉強に取り組んでください。

また、大学での講義名は同じだったとしても、教授によって使用テキストは異なります。

外部生は講義名や試験科目名で判断せずに、過去問を見て出題分野を判断するのがおすすめです。

外部生にとっては研究室訪問の機会を活かして過去問を入手してはどうでしょうか。

研究室訪問の服装はスーツ、私服のどちら?大学院見学時の注意点
...

まとめ

今回は院試対策を始める時期、勉強期間について紹介しました。院試合格のために是非参考にしてみてください。

院試では数学を必須科目とする大学院が多いです。

院試(数学)対策の参考書・問題集【おすすめ21冊】と勉強法を紹介!
...

大学院に進学するべきか悩んだ時に読んでほしいです。

大学院生って忙しい?時期別に理系院生の生活リズムを紹介!
...

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

例えば、1番人気のサイトだけ登録する場合は『OfferBox』だけを利用。

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

OfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!という人にもぴったりです。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

就活アプリLognaviでWebテスト対策

 

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

近年利用者が増えているCUBICに類似した問題が出題されるので、本番を想定した事前対策にぴったりです。

詳細なレポートを読み込めば、自分を客観視するのにもきっと役立ちます。

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をチェックしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

理系向けイベントやセミナーへ参加

限られた時間で効率良く就活したい...そんな理系大学生や院生もいるのではないでしょうか。

理系特化の就活サービス『アカリク』に会員登録すると、企業の現場技術者やエンジニア、研究者と話せる内定直結の選考イベントに参加できます。

しかも、専任コンサルタントがつくので、企業研究や自己分析などの対策にもぴったりです。

研究に忙しい理系学生だからこそ簡単に内定を獲得できる就活サービスがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
院試
理系days