大学院って忙しいの?時期別に理系大学院生の生活リズムを紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大学院 忙しい 理系学生生活

理系院生って忙しいのかな。
就活と研究の両方を進めるのは大変そう…

こんなことを思う方もいるのではないでしょうか。

正直な話を伝えると、理系大学院生は超忙しいです。とはいっても、修士2年間の全てが忙しさでパンパンというわけではありません。

今回は理系大学院生の忙しい時期や生活リズムを紹介します。

  • 大学院に進学するか
  • 就職するか

この2つで悩んでいる学生さんは必見です。もちろん、これから院生になる学生にも役立つ記事です。

スポンサーリンク

理系大学院生の忙しさ

「理系大学院生は忙しいの?」と聞かれたら、間違いなく「かなり忙しいよ」と答えると思います。

  • 講義
  • 修士研究
  • 就活
  • バイト

これらを同時進行で進めるため、大学院生には要領よく取り組むマルチタスクな力が求められます。

ここからは2年間の院生の忙しい時期の詳細をご紹介します!

修士1年の前期

修了に必要な講義の受講

所属大学院・専攻・コースによっても違いますが、修士卒業には約30単位が必要です。

大学院1年の前期は就活・研究が本格化していない時期なので、講義数をまとめて確保しておくとよいですよ。

大学院の講義って難しいの?卒業に必要な単位数・レポートの有無を紹介!
...

夏のインターンシップ参加

就活解禁まで約1年間ありますが、インターンシップに参加することをおすすめします。

「面接やESの練習」「企業研究」など、インターンシップ参加のメリットは大きいはずです。

全然就活なんて考えたことないな…。そんな学生は自己分析作成マニュアルを利用してはどうでしょうか。

就活で必要な自己分析が1週間で完結できるマニュアルが手に入ります。

もちろん登録は無料です。必要事項は大学名や氏名だけなのでスマホからでもできますよ。

また、夏期インターンは数日間~数週間の期間で実施されます。

周りの就活生が就活対策を十分にしていない時期であるため、選考突破の倍率は低めです。

修士1年の後期

修士研究の本格化

就活と研究を両立させるためには、就活解禁前に研究成果を出すことが重要です。

後期には学会参加や論文執筆を行うため、さらに忙しくなります。

この時期の頑張りが就活の成功を左右するはずです。

理系の研究活動を就活に活かすためのコツは、こちらの記事でまとめてあります。

秋・冬のインターンシップ参加

時間を見つけて、秋季・冬季インターンシップに参加することもおすすめです。

実施期間は数日間の短期の場合が多いですが、夏期同様、インターン参加のメリットは大きいですよ。

就活解禁直前の冬インターンシップでは、就活生のレベルもかなり高いので、自分の実力を試すこともできます。

夏・冬のインターンの違いを解説【時期・内容・内定直結率】
...

この時期の就活は比較的時間があるのでWebテスト対策を重点的に進めてみてはどうでしょうか。

就活解禁後に『もっとWebテストの勉強をしておけばよかった…』と後悔しないためにも事前準備が大切になります。

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • ネット掲示板の情報
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「ネット掲示板は信用できない」など、デメリットもあります。

私のおすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールunistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

修士2年の前期

就活の開始

2020卒では3月から就活解禁になるため、修士2年の前期は「就活」に追われます。

説明会・ES・面接など、やることが多いですが優先順位をつけて取り組むことが重要です。

大学院の2年間において、就活が本格化する修士2年の前期が一番忙しい時期だと思います。

就活ESでの研究概要/研究内容の書き方とは?A4・レポート作成の具体例を紹介!
...

修士2年の後期

就活終了後は一息

就活が終了すれば、学生最後の夏休みに突入です。内定後にやっておくべきことはこんな感じでしょうか。

学生によっては、夏休み期間に学会発表をこなす必要があります。

ただ、この時期に学会発表を行っていれば、修士研究のまとめがやりやすくなるはずです。

修士研究の追い込み

僅かな夏休みを満喫した後は、卒業に向けて研究に没頭します。

修士研究としてまとまった成果が出ていない学生は、修士2年の追い込みの時期は非常に忙しくなります。

修論の作成時期でも紹介しているように、論文提出・修士発表は1月下旬~2月中旬に行われます。なので、年末年始は修論執筆でかなり忙しくなります。

修論発表が終了して引継ぎ手続きが終われば、春休み突入です。奨学金を借りている方は忘れずに返還免除申請をしてくださいね。

旅行や短期留学など、長期の休みでしかできないことを盛大に楽しみましょう!

まとめ

今回は大学院生の忙しさを時期別にまとめさせていただきました。

院生は「就活」と「研究」の両立で忙しいため、効率良く行うことが重要です。

もちろん、研究室によって忙しさは変わってくるので、研究室選びは慎重に行いましょう。

理系が失敗しない研究室の選び方とは?ブラックを避け就活で成功する方法。
...

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

就活用Webテスト解答集のダウンロード(2019年2月更新)|就活研究所|note
※当noteは3月1日より値上げ予定ですので、ご希望の方はお早めの購入がおすすめです。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法です...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活
理系days