インターンのメリット・就活本番への影響は?応募するべき4つの理由!
スポンサーリンク

インターンのメリット・就活本番への影響は?応募するべき4つの理由!

インターン

インターンに参加することは、学生にとって大きなメリットです。

17卒は就活時期が早まったため、インターンを実施する企業が増加しました。

今回は自身の経験も踏まえて、就活生がインターンに応募すべき理由を紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

インターンシップのメリットとは

1.企業理解が深まる

これがインターンの主旨でもあるので当たり前ですよね。

実際に興味のある会社で働くことで、どのような仕事があるのか、どのような雰囲気で働くのか、どのような場所で働くのかなど、身をもって経験できます。

2.就活本番に有利になる

企業は建前上、「インターンは今後の選考とは無関係です。」と言わなければなりません。

しかし、利益を追求して日々努力している企業が、ボランティアで「お金・時間」を必要とするインターンを実施すると思いますか。

おそらく、「お金・時間」を使ってでも、メリットがあるためインターンを実施する企業が増えていると考えています。

周囲で聞いたメリット

インターン枠というのは存在しますが、企業によってその価値は変わります。周囲でどのようなメリットがあったのかを4つほど紹介します。

  • ESやテストセンターを通過
  • 優先的に面接に呼ぶ
  • リクルーターがつく
  • 内々定・最終面接へ招待

インターン参加の時点でES審査や人物評価をある程度終えているので、このようなメリットを受けることができます。

3.就活に備えた練習ができる

企業は膨大なエントリー数の中からインターン参加者を選ばなければいけません。

人気企業では本選考よりも倍率が高いです。

高倍率を突破するために、学生にはESやテストセンター、面接を行うことが求められます

つまり、「どのようなESが通りやすのか」「テストセンター・面接の練習」が存分にできることもメリットです。

仮に、インターンシップの選考に落ちたとしても本選考で内々定を取ることは十分可能です。私の友人にもそのパターンの人がいました。

4.優秀な学生と知り合うことができる

3でも述べたようにインターンといえども非常に高倍率です。

その選考を突破してきた学生の中には優秀な方が多いです。

優秀な学生と一緒にインターンを実施することで刺激を受けることができ、モチベーション向上にもつながります。

また、同じような業界を受けている学生とは、情報交換もすることができます。

関連図書

まとめ

インターンに参加することのメリットを紹介しました。いかがだったでしょうか。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る