大学院の講義って難しいの?卒業に必要な単位数・レポートの有無を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大学院 講義 難しい 単位理系学生生活

学部同様、大学院でも修了に必要な単位数があります。

講義に加えて、インターンシップや就活、もちろん研究も同時並行して進めなければいけません。

個人差はあるけど、大学院生はかなり忙しいと思います。

今回は、大学院の講義に関して、必要な単位数や評価方法をご紹介します。

スポンサーリンク

大学院の講義は難しいのか?

所属の大学院・専攻・コースによっても違いますが、ぶっちゃけ学部よりは楽です!

特に、理系学部生は「座学」「学生実験」の同時作業を乗り越えてきたので、そう思うのかもしれません。

また、大学院は2年間で卒業単位の講義を取る必要があるので、学校側も採点が甘いのかもしれません。

講義の忙しさというよりも、本業である修士研究に労力を割かれてしまいます。

大学院の講義の評価方法

学部の講義同様に、「レポート」「テスト」「出席のみ」の3パターンで評価されます。

レポートによる評価

  • 毎回の講義でレポート提出
  • 中間・期末レポートだけ提出

単位取得のためにレポートを作成するので、ある程度の時間を確保しなければいけません。

ただ、レポートによる採点では、落第点を取りにくいため単位はとりやすいです。

4月や10月に講義の時間割を組むときには、レポート採点による講義は確実に合格点を取れるので確保しておきたいですね。

テストによる評価

テストの点数で講義の合否が決まるパターンです。

担当教員によっては、出席を必要としないこともあります。

テストさえ高得点を取ることができれば、単位はとれます。ただ、テストで失敗してしまうと単位はとれません。

2年間しかない修士では、できるだけ単位は落とさないことが重要です。

修士課程の後半は、就活や研究活動で忙しくなってしまいます。

なので、テストの点数だけで合否を決める講義はできる限り、避けた方がよいと思います。

出席のみで評価

講義に出席していることが評価対象になるパターンです。

授業中に小テストが出題されることもあります。

ただ、講義中以外にはレポートを作成したり、テスト勉強をする必要がないので、非常に楽です。

このタイプの講義は絶対に受けることをおすすめします。

大学院の講義で忙しい時期とは?

修士1年の夏にはインターンシップに参加して、その後は本格的に就活が始まります。

就活終了後は、修論作成に追われます。

大学院の忙しさは大体こんな感じです。なので、卒業に必要な講義は修士1年の夏までに取得することがベストです。

もちろん、それ以外の時期でも単位はとれます。

ただ、「就活の面接にかぶる」「修論作成で忙しい」「一緒に受ける友人が少ない」など、デメリットの方が多いと思います。

大学院って忙しいの?時期別に理系大学院生の生活リズムを紹介!
...

大学院卒業に必要な単位数は?

所属大学やコースによって違いますが、30単位前後です。

講義の単位に加えて、修士研究の合格をもらうことができれば、卒業要件を満たします。

なお、大学院によっては、インターンシップ参加で単位認定が可能になります。

事前に申請が必要なため、確認しておくことをおすすめします。

学生向けのPrime studentの特典がすごすぎる話。

大学生、大学院生のみなさん、Prime studentというサービスを知っていますか。

Prime studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeと同じ特典を学生価格で受けられるサービスです。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

Prime studentの会員特典とは?

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に学生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

Prime studentに入会すると、本やマンガを買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

私が学生の頃、参考書を急に購入したいことが何度もありました。

その都度、お急ぎ便(360円)を使っていたら結構な金額になっていたはずですが、Prime studentのおかげで助かりました。

会員期間は?

Prime studentは在学中に入会すると、卒業後も4年間は学生価格(年2,480円)が適用されます。

学部4年生で会員登録をすると、社会人2年目まで学生会員価格を続けることができます。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

まとめ

今回は大学院の講義のむずかしさ、卒業に必要な単位数をご紹介しました。

これから講義の予定を組まれるときには、是非参考にしてみてください。

Mendeleyの使い方:Wordのプラグイン設定、参考文献の引用に最適
...

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2020卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2021卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年10月更新)|就活研究所|note
※当noteは10/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活
理系days