大学院の講義って難しいの?卒業に必要な単位数・レポートの有無を紹介!
スポンサーリンク

大学院の講義って難しいの?卒業に必要な単位数・レポートの有無を紹介!

大学院 講義 難しい 単位

学部同様、大学院でも修了に必要な単位数があります。

講義に加えて、インターンシップや就活、もちろん研究も同時並行して進めなければいけません。個人差はあるけど、大学院生はかなり忙しいと思います。

今回は、大学院の講義に関して、必要な単位数や評価方法をご紹介します。

スポンサーリンク

大学院の講義は難しいのか?

所属の大学院・専攻・コースによっても違いますが、ぶっちゃけ学部よりは楽です!

特に、理系学部生は「座学」「学生実験」の同時作業を乗り越えてきたので、そう思うのかもしれません。

また、大学院は2年間で卒業単位の講義を取る必要があるので、学校側も採点が甘いのかもしれません。講義の忙しさというよりも、本業である修士研究に労力を割かれてしまいます。

大学院の講義の評価方法

学部の講義同様に、「レポート」「テスト」「出席のみ」の3パターンで評価されます。

レポートによる評価

  • 毎回の講義でレポート提出
  • 中間・期末レポートだけ提出

単位取得のためにレポートを作成するので、ある程度の時間を確保しなければいけません。ただ、レポートによる採点では、落第点を取りにくいため単位はとりやすいです。

4月や10月に講義の時間割を組むときには、レポート採点による講義は確実に合格点を取れるので確保しておきたいですね。

テストによる評価

テストの点数で講義の合否が決まるパターンです。担当教員によっては、出席を必要としないこともあります。

テストさえ高得点を取ることができれば、単位はとれます。ただ、テストで失敗してしまうと単位はとれません。

2年間しかない修士では、できるだけ単位は落とさないことが重要です。修士課程の後半は、就活や研究活動で忙しくなってしまいます。

なので、テストの点数だけで合否を決める講義はできる限り、避けた方がよいと思います。

出席のみで評価

講義に出席していることが評価対象になるパターンです。授業中に小テストが出題されることもあります。ただ、講義中以外にはレポートを作成したり、テスト勉強をする必要がないので、非常に楽です。

このタイプの講義は絶対に受けることをおすすめします。

大学院の講義で忙しい時期とは?

修士1年の夏にはインターンシップに参加して、その後は本格的に就活が始まります。就活終了後は、修論作成に追われます。

大学院の忙しさは大体こんな感じです。なので、卒業に必要な講義は修士1年の夏までに取得することがベストです。

もちろん、それ以外の時期でも単位はとれます。ただ、「就活の面接にかぶる」「修論作成で忙しい」「一緒に受ける友人が少ない」など、デメリットの方が多いのではないかと思います。

大学院卒業に必要な単位数は?

所属大学やコースによって違いますが、30単位前後です。講義の単位に加えて、修士研究の合格をもらうことができれば、卒業要件を満たします。

なお、大学院によっては、インターンシップ参加で単位認定が可能になります。事前に申請が必要なため、確認しておくことをおすすめします。

学生にとってAmazon studentの特典がすごすぎる話。

大学生、大学院生のみなさん、Amazon studentというサービスを知っていますか。

Amazon studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeとほぼ同じサービスを学生価格で受けることができます。

  • Amazon prime:年会費3900円(税込)
  • Amazon student:年会費1900円(税込)

Prime会員と比較するとStudent会員の年会費は約半額です。毎月に換算すると出費はたったの158円だけです。

Amazon studentの会員特典とは?

会員特典は「Amazon musicで音楽を聞けること」「Kindleを特別価格で買えること」など、いろいろあります。

特に学生さんにおすすめのサービスは以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便とお届け日時指定便が使い放題

大学で必要な参考書を買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

講義が本格的に始まる前に登録しておくことがおすすめです。

会員期間は?

Amazon studentは在学中に一度入会すると、卒業後も4年間は学生会員価格(年1900円)を適用できます。

修士1年で会員登録をした場合、社会人2年目-3年目まで学生会員が継続されます。

無料体験実施中!

「実際にどんな制度なのかを体験してもらう」ために、Amazon studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでAmazon studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。もちろん、無料体験後に退会してもお金はかかりませんよ。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないです。学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

まとめ

今回は大学院の講義のむずかしさ、卒業に必要な単位数をご紹介しました。これから講義の予定を組まれるときには、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る