卒論が必修でない大学一覧:卒論がない学部や大学は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論

卒論を書かずに卒業できるのかな…
卒論が必修でない大学ってあるの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は卒論が必修ではない大学についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

卒論を書かない大学生とは?

結論から言いますと、卒論を書かずに卒業する大学生もいます。

主なパターンは以下2つです。

  • 卒業条件で卒論が不要
  • ゼミで卒論が不要

卒業条件で卒論が不要

卒論が卒業条件に含まれていない大学や学科もあります。

たとえば、一部大学の法学部や医学部、看護学部などでは卒論なしのパターンです。

とはいっても、医学部や看護学部では代わりに国家試験があるので相当忙しくなります。

卒論は何文字?1万字/2万字の1週間/2週間/1ヶ月計画
卒論は何文字書けばいいの...1万文字、2万文字が必要なのかな...1ヶ月で卒論提出できるかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は卒論で必要な文字数や1ヶ月で提出する方法についてご紹介します。卒論:文字数の規定はない結

ゼミで卒論が不要

大学によってはゼミ毎に卒論に取り組むかが異なります。

このため、ゼミのカリキュラムや条件に含まれていなければ、卒論を書かずに卒業可能です。

ゼミを選ぶときには事前に情報収集を行い、卒論提出の有無をチェックしましょう。

研究室訪問の質問内容:外部大学院や心理系ゼミにはメールするべき?
研究室訪問での質問例を知りたい...どんな内容を聞けばいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は研究室訪問で役に立つ質問内容をご紹介します。研究室訪問とは?研究室訪問とは、学生が研究室・ゼミの雰囲気を知るために開催

卒論を書かないメリット

ここからは卒論を書かないメリットを2つご説明します。

  • 卒業への不安がない
  • 自由な時間ができる

卒業への不安がない

卒論を書かない場合、単位さえ取れていれば確実に卒業できます。

卒業への不安がないというのは、精神的にも非常に安心です。

というのも、卒論提出が必要な場合、締切までに提出物を準備できないと容赦なく卒業不可になるからです。

卒論や修士論文に落ちる?不合格割合や合格率、審査に通らない?
卒論の不合格基準を知りたい...審査に通らないことはあるの...不合格だと内定取り消しなのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は卒論審査の合格率や不合格基準をご紹介します。卒論の不合格基準とは?卒論が不合格になるのは

自由な時間ができる

卒論に充てる時間を別のことに使えるのもメリットです。

就活を自由にできるのはもちろんですが、バイトやサークルを制限なく行うことも可能です。

とくに、卒論と就活はタイミングが重なるので、卒論の負荷がなくなるのは大きなメリットといえます。

理系院生・大学生の春休みはいつから、いつまで?期間・過ごし方・やることは?
...

卒論を書かないデメリット

卒論を書かないことのデメリットも2つご紹介します。

  • 論文作成のノウハウが身に付かない
  • 就活ネタがひとつ減る

論文作成のノウハウが身に付かない

卒論が不要の場合、論文作成のノウハウが身に付ける機会がひとつ減ります。

将来的に研究者にならなくても、リサーチ力や文章力は必要になります。

卒論を書かないのであれば、独学で身に付けておくと将来きっと役に立つはずです。

卒論・修論|今後の課題の書き方、今後の展望の例文や論文は?
レポートの今後の展望の例はどうすればいいの...研究の今後の課題の書き方を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は卒論や修論作成時に役に立つ『結論』『今後の課題』のまとめ方をご紹介します。卒論・修論の『結論』『今後

就活ネタがひとつ減る

卒論を書かないことで就活ネタが減るのもデメリットです。

というのも、面接やESではガクチカとして卒論内容は必ず聞かれます。

ゼミに所属していても卒論がないと、内容が薄くなるので回答に困るかもしれません。

学業の面では大学の講義をガクチカのエピソードとして準備するのがおすすめです。

ノンゼミで就活はやばい?ノンサーは不利?ゼミ無しで大手は?
ノンゼミで就活はできるの...ノンサーで大手から内定取れるかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はゼミやサークルに入っていない方の就活をご紹介します。ノンゼミやノンサーは就活で不利なの?大学生でゼミやサークルに所属して

まとめ

今回は卒論が必要ではない学部やゼミについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

学生時代に使い倒したいサービス!

最後に、学生時代だからこそ利用できるサービスをご紹介します。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に学生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

学生時代にTOEICで語学力をアップさせるのも大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論
理系days