卒論・修論の参考文献の書き方は?インターネットの引用方法・具体例を紹介!
スポンサーリンク

卒論・修論の参考文献の書き方は?インターネットの引用方法・具体例を紹介!

卒論 修論 参考文献リスト ネット 本

卒論・修論の作成は順調に進んでいますか。

今回は卒論・修論の参考文献の書き方を紹介します。具体的にはこんな内容をご紹介していきます。

  • 論文の引用方法
  • ネットやサイトURLの引用方法
  • 書籍の引用方法
スポンサーリンク
こちらもおすすめです

参考文献の引用の前に

Meneleyのインストール

参考文献の引用のために超便利なソフトがあります。

Mendeleyという学術論文を一括で管理・編集できる無料ソフトです。

デスクトップでの管理だけでなく、オンライン管理・共有もできるため、アカウントさえあればどのパソコンからもアクセスできます。

参考文献を効率的に処理するために、まずはMendeleyをインストールしましょう。

ネットやサイトの引用方法

卒論・修論を作成する際に、論文だけでなく「ネットやサイト」の情報を引用したい時ってありますよね。

文献ごとにURLを手打ちとはいかないまでも、コピペではかなりの時間の無駄。特に、参考文献の引用番号が変わった時などは大変です。

今回はMendeleyを使って、ネットやサイトのURLを超効率的に引用する方法を紹介します。具体例としてGoogleのホームのURLを引用してみます。

PDFの作成

まずはGoogleのホームを開きます。

1

次に引用するためにホームページをPDFで保存します。PDFの作成手順は始めに印刷画面を開いてください。

2

送信先の項目の「変更」をクリックして、「PDFに保存」を選びます。

「PDFに保存」以外はネットワーク内にあるプリンターが候補として選べます。

「保存」ボタンのクリックでPDF作成は完了です。保存先は好きなフォルダを選びましょう。

3

Mendeleyの設定

GoogleのホームをPDFで保存して、Mendeleyに放り込むと下の画像のようになっているはずです。

まずは、基本情報の変更です。赤枠内にURLを記入します。

4

下の画像のようにGoogleのURLを記入します。それ以外の「著者」「年」「雑誌名」などは全て空欄にします。

5

Wordで参考文献を引用

最後にWordを立ち上げて、参考文献の引用をします。引用方法や引用形式についてはMendeleyの超簡単な使い方。卒論・修論の参考文献管理に最適!を見てください。

下の画像のように赤枠内をきちんと設定できれば、Word本文のようにGoogleホームのURLが引用できるはずです。

6

本の引用方法

卒論・修論の参考文献には本を引用することもあるはずです。

基本的な流れはURLの時と同じで、PDF作成→Mendeley編集→Wordの設定です。

本を引用するときには、PDFファイルがないので適当なサイトを使ってPDFを作ってください。下の画像のように赤枠内をきちんと記入すればどんなPDFでも可能。

本の場合はタイトルだけでなく、著者、出版社、出版年も記入します。

7

最後に、Wordファイルに参考文献リストを作成してみます。下の画像の赤枠のようにきちんと作成できているはずです。

8

学生にとってAmazon studentの特典がすごすぎる話。

大学生、大学院生のみなさん、Amazon studentというサービスを知っていますか。

Amazon studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeとほぼ同じサービスを学生価格で受けることができます。

  • Amazon prime:年会費3900円(税込)
  • Amazon student:年会費1900円(税込)

Prime会員と比較するとStudent会員の年会費は約半額です。毎月に換算すると出費はたったの158円だけです。

Amazon studentの会員特典とは?

会員特典は「Amazon musicで音楽を聞けること」「Kindleを特別価格で買えること」など、いろいろあります。

特に学生さんにおすすめのサービスは以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便とお届け日時指定便が使い放題

大学で必要な参考書を買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

講義が本格的に始まる前に登録しておくことがおすすめです。

会員期間は?

Amazon studentは在学中に一度入会すると、卒業後も4年間は学生会員価格(年1900円)を適用できます。

修士1年で会員登録をした場合、社会人2年目-3年目まで学生会員が継続されます。

無料体験実施中!

「実際にどんな制度なのかを体験してもらう」ために、Amazon studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでAmazon studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。もちろん、無料体験後に退会してもお金はかかりませんよ。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないです。学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

まとめ

今回は卒論・修論作成に役立つ「ネットやサイト」「本」の引用方法と参考文献リストの作成方法を紹介しました。

参考 卒論・修論の「はじめに」の書き方と構成内容の例:字数稼ぎに最適!

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る