卒論・修論の参考文献の書き方は?インターネットの引用方法・具体例を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
卒論 修論 参考文献リスト ネット 本修論

卒論・修論の作成は順調に進んでいますか。

今回は卒論・修論の参考文献の書き方を紹介します。具体的にはこんな内容をご紹介していきます。

  • 論文の引用方法
  • ネットやサイトURLの引用方法
  • 書籍の引用方法

卒論や修論作成前には必ずバックアップを準備しておきましょう。データが消えてしまった…と後悔してからでは遅いです。

卒論・修論のデータが消えた?事前のバックアップのやり方とは?
作業途中のデータが消えてしまった...保存するのを忘れてしまった...卒論や修論を作成している時に限ってこんなトラブルが多くありませんか。今回は論文執筆ときには絶対に設定するべきバックアップの方法を4つご紹介します。事前に準備しておくことで
スポンサーリンク

参考文献の引用の前に

Meneleyのインストール

参考文献の引用のために超便利なソフトがあります。

Mendeleyという学術論文を一括で管理・編集できる無料ソフトです。

デスクトップでの管理だけでなく、オンライン管理・共有もできるため、アカウントさえあればどのパソコンからもアクセスできます。

参考文献を効率的に処理するために、まずはMendeleyをインストールしましょう。

Mendeleyの使い方:Wordのプラグイン設定、参考文献の引用に最適
...

ネットやサイトの引用方法

卒論・修論を作成する際に、論文だけでなく「ネットやサイト」の情報を引用したい時ってありますよね。

文献ごとにURLを手打ちとはいかないまでも、コピペではかなりの時間の無駄。特に、参考文献の引用番号が変わった時などは大変です。

今回はMendeleyを使って、ネットやサイトのURLを超効率的に引用する方法を紹介します。具体例としてGoogleのホームのURLを引用してみます。

PDFの作成

まずはGoogleのホームを開きます。

1

次に引用するためにホームページをPDFで保存します。PDFの作成手順は始めに印刷画面を開いてください。

2

送信先の項目の「変更」をクリックして、「PDFに保存」を選びます。

「PDFに保存」以外はネットワーク内にあるプリンターが候補として選べます。

「保存」ボタンのクリックでPDF作成は完了です。保存先は好きなフォルダを選びましょう。

3

Mendeleyの設定

GoogleのホームをPDFで保存して、Mendeleyに放り込むと下の画像のようになっているはずです。

まずは、基本情報の変更です。赤枠内にURLを記入します。

4

下の画像のようにGoogleのURLを記入します。それ以外の「著者」「年」「雑誌名」などは全て空欄にします。

5

Wordで参考文献を引用

最後にWordを立ち上げて、参考文献の引用をします。引用方法や引用形式についてはMendeleyの超簡単な使い方。卒論・修論の参考文献管理に最適!を見てください。

下の画像のように赤枠内をきちんと設定できれば、Word本文のようにGoogleホームのURLが引用できるはずです。

6

本の引用方法

卒論・修論の参考文献には本を引用することもあるはずです。

基本的な流れはURLの時と同じで、PDF作成→Mendeley編集→Wordの設定です。

本を引用するときには、PDFファイルがないので適当なサイトを使ってPDFを作ってください。

下の画像のように赤枠内をきちんと記入すればどんなPDFでも可能。

本の場合はタイトルだけでなく、著者、出版社、出版年も記入します。

7

最後に、Wordファイルに参考文献リストを作成してみます。下の画像の赤枠のようにきちんと作成できているはずです。

8

学生向けのPrime studentの特典がすごすぎる話。

大学生、大学院生のみなさん、Prime studentというサービスを知っていますか。

Prime studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeと同じ特典を学生価格で受けられるサービスです。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

Prime studentの会員特典とは?

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に学生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

Prime studentに入会すると、本やマンガを買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

私が学生の頃、参考書を急に購入したいことが何度もありました。

その都度、お急ぎ便(360円)を使っていたら結構な金額になっていたはずですが、Prime studentのおかげで助かりました。

会員期間は?

Prime studentは在学中に入会すると、卒業後も4年間は学生価格(年2,480円)が適用されます。

学部4年生で会員登録をすると、社会人2年目まで学生会員価格を続けることができます。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

まとめ

今回は卒論・修論作成に役立つ「ネットやサイト」「本」の引用方法と参考文献リストの作成方法を紹介しました。

いかがだったでしょうか。Mendeleyを上手に使うことで論文作成の労力もかなり減ると思います。

参考文献にネットを引用してもいいのかな…と不安に思う方もいるのではないでしょうか。ネット文章を引用するポイントをまとめました。

参考文献でネット・Webを引用する書き方は?卒論・修論作成の前に。
ネット文章を引用したいんだけど...卒論や修論にネット文章を載せてもいいのかな。学生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。インターネット情報がこれだけ多量にあれば、ネットから引用する機会もきっと多くなります。今回は論文やレポ

卒論や修論作成で『緒言』『はじめに』の書き方でお困りではないですか。

卒論・修論の「はじめに」「緒言」「序論」の書き方と具体例:文字数とは?
...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
修論
理系days