Webテスト

WEB-CABの合格ラインや平均点、正答率は?暗号対策は難しい?

Web-CABの暗号って難しそう…
cabテストの平均点はどれくらい…
Web-CABの制限時間を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWeb-CABの対策方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

WEB-CABとは?

日本SHL社が制作する採用テストがCAB(キャブ)です。

ペーパーテストの『CAB』と自宅受験型Webテストの『Web-CAB』があります。

最近の就活ではWeb-CABを実施する企業が増えています。

とくに、SEやプログラマー等のコンピューター職での採用に多く使われています。

IT適性検査で落ちる確率:エンジニアやプログラマーの落ちる割合は?
Web適性検査で通過する割合はどれくらい...SEの適性検査はボロボロだったのに受かった...プログラマーやエンジニアは適性検査で落ちるの...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はSEやIT職の適性検査に関する情報をご紹介し

WEB-CABの試験科目と制限時間

Web-CABの試験科目と制限時間は以下のとおりです。

科目名 テスト時間 問題数
四則逆算テスト 9分 50問
法則性テスト 12分 30問
命令表テスト 15分 36問
暗号テスト 16分 30問
パーソナリティ 20分 68問

SPIとは出題形式も異なり、数学のセンスを見るような論理的思考力に関する設問が多いです。

Web-CABの特徴

Web-CABを受験する時に知っておきたい大切な情報を3つご紹介します。

  • 能力テスト4分野を一気に解く必要はない
  • 未回答では次に進めないし、戻るのも不可
  • 制限時間が厳しい

他の試験と違うことは、能力テスト4分野を一気に解く必要が無いことです。

受験期間中であれば一時中断や再開はいつでも可能です。

スキマ時間で受けるのも良し、集中力が切れないようにコツコツ進めることもできます。

ただし、1つの分野の回答途中で止めることはできないので注意してください。

また、全分野共通で制限時間内に全問回答するには時間が足りないです。

正解できそうな問題には時間を使い、難しそうであればスキップするような作戦を考えておきましょう。

WEBテスト|玉手箱やWEBテスティングでわからない問題は飛ばす?
Webテストって飛ばしてもいいのかな...分からない問題が出たらどうしよう...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は玉手箱やWEBテスティングで分からない問題が出たときの対策方法をご紹介します。Webテストの出題形式まずは就

WEB-CABの見分け方

科目名と動作テスト

Webテスト対策を効率的に進めるには、事前にどの種類が出題されるかを知ることが大切です。

WEB-CABの見分け方としては、受験画面での科目名と動作テスト表示がポイントになります。

  • 四則逆算テスト
  • 法則性テスト
  • 命令表テスト
  • 暗号テスト

これらが表示されていれば、Web-CABが出題される可能性が高いです。

また、『動作テスト』が本試験前に行われるのもWeb-CABの特徴になるので覚えておきましょう。

>> Webテストの種類:ログイン画面や受験案内、URLで見分ける方法

Web-CABの対策とコツ

正直、Web-CABを初見で解くのは相当難しいです。

出題傾向が特殊な問題が多いので、こちらの科目は別記事で対策方法をまとめました。

  • 四則逆算テスト
  • 法則性テスト
  • 命令表テスト

>> WEB-CAB:四則逆算・法則性・命令表の対策:形式やコツとは?

暗号テストの対策とコツ

ここからは、Web-CAB『暗号テスト』の対策方法をご説明します。

まず、暗号テストとは図形の変化から暗号を解読する問題形式です。

各暗号に対して3つの設問が出題されます。

1問あたりの制限時間が短く、初見では設問を理解するのも大変なことから、Web-CAB最難関の分野ともいえます。

事前に知っておくべき対策方法を4つご紹介します。

『共通の変化』と『共通の暗号』を解読

まずは複数の図形に『共通の変化』と『共通の暗号』を見つけて下さい。

『共通の暗号』が判明すれば、通過している残りの変化が『単独の暗号』と絞ることができます。

暗号が少ない図形から検討

通過している暗号が少ない図形から検討するのも大切です。

変化の数が少なく、解読しやすい箇所から確定させるのが暗号テストのコツになります。

図形の途中経過を書き込む

図形が変化する途中経過を書き込む方法も役に立ちます。

3つの暗号を通過している場合、1つ目の暗号を通過した時点での図形の変化、2つ目の暗号を通過した時点での図形の変化をそれぞれメモしておきましょう。

たとえば、『白い普通サイズの丸』が2つの暗号を経たあとに、『黒い普通サイズの四角』に変わっていたら、『黒くする』『四角にする』を予想できます。

その後は他の図形にも共通する暗号を探して『黒くする』『四角にする』を確定させてください。

メモ欄を有効活用

Web-CABでは画面上にメモ欄が準備されています。

暗号の変化が判明したら書き込みするのも有効な手段です。

解読に時間がかかるような問題では、メモ欄を上手く使うと解きやすくなるはずです。

パーソナリティテスト(性格)の対策とコツ

Web-CABの性格テストはSHL社共通のOPQが実施されます。

詳細はこちらの記事でまとめています。

WebOPQの適性検査対策:テスト問題や例題とは?
SHL社製の性格テストでは何が出題されるの...OPQ性格診断の対策方法を知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はSHL社製の性格テストについて試験概要・対策方法をご紹介します。玉手箱・CAB・GAB

CAB専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでCABに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWeb-CABの暗号テストのコツをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days