修論・卒論の書き方は「目次・章立て」を意識するべき!
スポンサーリンク

修論・卒論の書き方は「目次・章立て」を意識するべき!

修論 卒論 目次 章立て 書き方

そろそろ修論を書き始める時期だけど、何から手を付けたらいいのかな。
ラクに卒論を終わらせるにはどうしたらいいのかな。

こういったことで悩んでいる学生は多いのでないでしょうか。

卒論・修論を効率良く・楽に書く方法を知っていますか?今回は、修論・卒論の効率的な書き方として「目次・章立て」を大切にする方法を紹介します。

学生に皆さんはMendeleyという無料文献管理ソフトを知っていますか。私の経験上、Menedeleyのおかげで修論執筆はかなりラクになりました。

最強文献管理ツール『Meneley』の使い方を参考にして使ってみてください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

修論作成の流れ

大学・専攻によって違うこともありますが、一般的な修論作成の流れはこんな感じ

  • 論文概要(11月~12月)
  • 論文要旨(12月~1月)
  • 修士論文(1月~2月)

論文概要は500文字程度で修士論文の内容をまとめたものです。

論文要旨は論文概要よりもさらに詳しく、日本語1000文字程度で修論を要約した文章です。

修士論文の最初のページに張り付けてあるものが論文要旨といえば、伝わるのではないでしょうか。そして最後に提出するのが修士論文です。

今回紹介する「目次・章立て」は「論文要旨」作成後に取り組むべき作業です!

なんで「目次・章立て」が重要なのか?

次に、修論の書き方として「目次・章立て」を意識するべき理由を3つ紹介します。

修論の大幅修正を避けるため

はじめに考えてほしいことがあります。1月中旬頃に修論を書き上げて、指導教員に見せに行ったときのことを想像してください。

その場で「君の修論は全然構成がダメ。書き直し!」と言われたらどうですか?がっかりしますよね。

とはいいても、修論の大幅修正を防ぐための方法があります。

それは「目次・章立て」を作成したら、指導教員に見せに行くこと

12月中に「目次・章立て」を完成させ、修論の構成を考えた段階で、指導教員の許可をもらえれば軌道修正は防げるはずです。

作成の進捗管理がしやすい

2つ目のメリットは、修論作成の進捗管理がはかどることです。

「今日は〇○章の××を書く」といった目標立てが容易にできます。

執筆中は「目次・章立ての内容に沿って書き上げるだけ」となるので、精神的にも非常に楽になるはず。

また、修士の学生は論文作成だけではなく、修論発表も行います。

「目次・章立て」がしっかりしていれば、修論発表のスライド作成もあっという間に終わります。

基本的な流れは、「目次・章立て」に沿えばよいはずです。

審査員からの評価が得やすい

修論合格のためには、指導教員だけでなく、他研究室の教授(=審査員)からも許可を得る必要があります。

異分野の審査員が修士論文を読む時には、「目次・章立て」を中心に読みます。「目次・章立て」の構成がしっかりしていれば、審査員からの高評価につながります。

学生にとってAmazon studentの特典がすごすぎる話。

大学生、大学院生のみなさん、Amazon studentというサービスを知っていますか。

Amazon studentは、世界中で会員数が激増しているAmazon primeとほぼ同じサービスを学生価格で受けることができます。

  • Amazon prime:年会費3900円(税込)
  • Amazon student:年会費1900円(税込)

Prime会員と比較するとStudent会員の年会費は約半額です。毎月に換算すると出費はたったの158円だけです。

Amazon studentの会員特典とは?

会員特典は「Amazon musicで音楽を聞けること」「Kindleを特別価格で買えること」など、いろいろあります。

特に学生さんにおすすめのサービスは以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便とお届け日時指定便が使い放題

大学で必要な参考書を買うたびに購入価格の10%がポイント還元されます。

講義が本格的に始まる前に登録しておくことがおすすめです。

会員期間は?

Amazon studentは在学中に一度入会すると、卒業後も4年間は学生会員価格(年1900円)を適用できます。

修士1年で会員登録をした場合、社会人2年目-3年目まで学生会員が継続されます。

無料体験実施中!

「実際にどんな制度なのかを体験してもらう」ために、Amazon studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでAmazon studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。もちろん、無料体験後に退会してもお金はかかりませんよ。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないです。学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

まとめ

修論・卒論を書くときには「目次・章立て」を意識してみてください。きっと効率良く書けるはずです。

参考 卒論/修論の謝辞の書き方とは?すぐに使える例文・テンプレを紹介!

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る