理系就活の推薦応募(学校推薦)と自由応募のメリット・デメリットとは?
スポンサーリンク

理系就活の推薦応募(学校推薦)と自由応募のメリット・デメリットとは?

学校推薦 推薦応募 自由応募 理系 メリット

理系学生の多くは学校推薦を使って就活します。しかし、最近の就活では推薦応募でも落ちる場合があります。また、リクルーター制度やジョブマッチング制度など、推薦応募のシステムが複雑化し、仕組みが非常にわかりづらいです。

一方、採用は自由応募のみという企業も増加傾向にありますが、自由応募で就活を進める理系学生は少なく、情報が不足しているはずです。

本記事では、理系就活の学校推薦と自由応募のメリット、デメリットを理解した上で、筆者のおすすめ就活パターンを紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

理系就活の推薦応募とは?

冒頭でも述べたように、近年の就活では推薦応募でも普通に落ちます。推薦応募だから安心ということは全くないので注意してください。

推薦応募の仕組みについては、大学や専攻ごとに独自システムを持っているため、全ての学生が同じ条件で就活をするわけではありません。ですが、一般的には以下のフローになっていることが多いです。

  • 企業が大学に推薦応募の求人を出す
  • 大学が推薦応募に値する学生を選抜する
  • 大学発行の推薦状を持って、企業の選考を受ける
  • 企業が学生の面接・テスト結果を判断して、内々定を出す

次に、推薦応募のメリット・デメリットについて説明します。学生側・企業側のそれぞれについてまとめています。

推薦応募のメリット(学生側)

推薦応募の最大のメリットは、選考フローが短くなり、就活が短期化することです。専攻や企業にもよりますが、面接回数が1回だけで、内々定が出る企業もたくさんあります。

推薦応募を使うことで、就活の難易度が大幅に下がります。同じ企業の就活難易度を、理系職(推薦応募)と事務職(一般的な応募)で比較した場合、理系職の方が圧倒的に受かりやすいです。

推薦応募のデメリット

推薦応募のデメリットは、内々定が出た場合には必ずその企業に就職しなければいけないことです。推薦応募の企業が第二志望以下の場合、妥協して推薦応募の企業に就職するか、そもそも推薦を取得しないかの2つの道を選ぶ必要があります。

学生側は内々定を辞退することができない一方で、推薦応募は必ず受かる選考ではありません。わたしが就活をした経験では、企業側のメリットの方が大きいのではないかと感じました。

推薦応募のメリット(企業側)

企業側のメリットは、学生側のデメリットとほぼ同じです。推薦応募で内々定をした学生は絶対に辞退できないので、一定の採用人数を確保することができます。新卒採用が100人以上の大企業では、数%の学生が内々定を辞退しただけでも、採用人数が大きく変わってしまいます。

大学ごとに採用人数を決定できることも、企業側の推薦応募メリットです。○○大学は3人で、××大学は5人で、というように大学名で採用できるため、企業内の派閥を維持しやすいはずです。

理系就活の自由応募とは?

理系学生は推薦応募を使わずに、自由応募で就活することもできます。この場合は、文系学生と同じように、ESやテスト、面接複数回の選考を突破することで、内々定を獲得できます。

就活の時期は「推薦応募⇒自由応募」であるため、就活の長期化を覚悟する必要があります。

自由応募のメリット

最大のメリットは、自分の好きなように就活できることです。複数企業から内々定を得ることや、内々定の辞退も可能です。

自由応募のデメリット

選考フローが長くなり、就活が長期化することがデメリットです。周りの学生が推薦応募を使って就活を終わらせた後も、自由応募での就活は続けなければなりません。

推薦応募の求人がある企業に自由応募で受けることは可能ですが、内々定はほぼ獲得できません。これは、推薦応募の人数を把握した後の人数調整の手段として、自由応募の選考を行うためです。ほとんどの企業では追加調節の必要がないため、自由応募での選考はほぼ受かりません。

筆者のおすすめ就活パターン

理系学生の推薦応募と自由応募のメリット・デメリットを理解した上で、筆者のおすすめ就活パターンを紹介します。今回は第一志望が「推薦応募の企業」か「自由応募の企業」かで分けました。

第一志望が推薦応募の企業

推薦応募と自由応募を組み合わせて、就活することをおすすめします。特に、第二志望以下の企業の選考に注意してください。推薦応募でも落ちる可能性がある以上、滑り止めの企業も受ける必要があります。

基本的に、推薦応募は一社しか出すことができないため、滑り止め企業の選考は自由応募で進める必要があります。しかし、推薦応募の有無は業界ごとに決まっているので、自由応募で受けるためには、志望業界とは異なる企業を受けなければいけません。

第二志望の企業を推薦応募で進めることも可能です。この場合、第一志望の選考終了後に、第二志望の選考が始まるため、「就活の長期化」「推薦枠が残っていない」という問題もあります。

第一志望が自由応募の企業

全ての選考を自由応募で進めることをおすすめします。推薦応募で内々定が出た場合、その企業に就職しなければいけないので、要注意です。

自由応募しか受け付けていない企業は、業界ごとに決まっているので、同じ業界内の複数企業を受けることができます。

まとめ

  • 推薦応募は企業側のメリットの方が大きい
  • 第一志望が推薦応募の場合、推薦応募と自由応募を組み合わせる
  • 第一志望が自由応募の場合、自由応募で就活する
スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る