理系就活

理系就活の推薦応募(学校推薦)と自由応募のメリット・デメリットとは?

学校推薦 推薦応募 自由応募 理系 メリット

学校推薦ってなんだろう…
自由応募のメリットを知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は理系就活の学校推薦と自由応募のメリット、デメリットをご説明します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

理系就活の推薦応募とは?

最近の就活では推薦応募でも普通に落ちます。

推薦応募だから安心ということは全くないので注意してください。

推薦応募の仕組みについては、大学や専攻ごとに独自システムがあります。

このため、全ての学生が同じ条件ではありませんが、一般的な流れはこんな感じです。

  • 企業が大学に推薦応募の求人を出す
  • 大学が推薦応募に値する学生を選抜する
  • 大学発行の推薦状を持って、企業の選考を受ける
  • 企業が学生の選考を行い、内々定を出す

次に、推薦応募のメリット・デメリットについて説明します。

学生側・企業側のそれぞれについてまとめています。

就活での理系の強み:自己PRや研究のアピール方法は?
...

推薦応募のメリット(学生側)

推薦応募の最大のメリットは、選考フローが短くなり、就活が短期化することです。

専攻や企業にもよりますが、面接回数が1回だけで、内々定が出る企業もたくさんあります。

推薦応募を使うことで、就活の難易度を大幅に下げることができます。

同じ企業の就活難易度を、理系職(推薦応募)と事務職(自由応募)で比較した場合、理系職の方が圧倒的に受かりやすいです。

学校推薦の合格率一覧:受かりやすい企業、落ちる企業は?
学校推薦で受かりやすい企業を知りたい...シャープや三菱電機の学校推薦の合格率はどれくらい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は学校推薦で受かりやすい企業や合格率をご説明します。学校推薦の合格率はどれくらい?結論から言い

推薦応募のデメリット

推薦応募のデメリットは、内々定が出ると必ずその企業に就職しなければいけないことです。

推薦応募の企業が第二志望以下の場合、

  • 妥協して推薦応募の企業に就職するか
  • そもそも推薦を取得しないか

の2つのパターンを選ぶ必要があります。

就活の学校推薦(推薦応募)を辞退?引き伸ばし、断るタイミングは?
...

推薦応募のメリット(企業側)

企業側のメリットは、学生側のデメリットとほぼ同じです。

推薦応募で内々定をした学生は絶対に辞退できないので、一定の採用人数を確保することができます。

新卒採用が100人以上の大企業では、数%の学生が内々定を辞退すると、採用人数が大きく変わります。

大学毎に採用人数を決定できることも、企業側の推薦応募メリットです。

○○大学は3人で、××大学は5人で、というように大学名で採用できるため、採用計画を立てやすくなります。

理系就活の自由応募とは?

理系学生は推薦応募を使わずに、自由応募で就活することもできます。

この場合は、文系学生と同じように、ESやテスト、面接複数回の選考を突破すれば内々定を取れます。

自由応募のメリット

最大のメリットは、自分の好きなように就活できることです。

複数企業から内々定を得ることや、内々定の辞退も可能です。

理系院卒の文系就職はもったいない?後悔はある?
理系大学院の修士が文系就職するのはあり...後悔することってあるのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は理系の文系就職に関する情報をご紹介します。理系の文系・文転就職はもったいないの?結論から言いますと、理系の文系就

自由応募のデメリット

選考フローが長くなり、就活が長期化することがデメリットです。

周りの学生が推薦応募で就活が終わっても、自由応募での就活は続けなければなりません。

推薦応募の求人がある企業に自由応募で受けることは可能ですが、内々定の見込みは低いです。

というのも、推薦応募で人数確定した後の微調整として、自由応募の選考を行うからです。

ほとんどの企業では追加調節の必要がないため、自由応募での選考はほぼ受かりません。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は理系の推薦応募と自由応募の情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days