就活情報

総合職:転勤したくない、転勤の少ない業界・企業・職種は?

総合職で転勤なしの職種はあるのかな…
転勤が少ない業界ってどこかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は転勤が少ない総合職の業界や職種をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

総合職でも転勤が少ない企業

総合職採用でも転勤が少ない業界の特徴はこちらです。

  • インフラ(電力、ガス、鉄道)
  • 地域に特化したサービスを提供する企業
  • ベンチャー企業
  • ジョブローテーションが少ない企業

転勤をしたくない場合は、そもそも転勤が少ない業界から企業を選ぶのが大切です。

https://shukatsu2017.com/zenkokten

インフラ(電力、ガス、鉄道、道路)

インフラ企業は全国にありますが、基本的には会社毎にエリアが決まっています。

都市部を中心にいくつかの都道府県を担当することが多いです。

担当エリアが決まっている企業が多いですが、最近は海外赴任や電力・ガスの自由化に伴い、勤務地の境目が無くなりつつあるので注意です。

ENEOS、東京ガス、大阪ガス、東京電力、関西電力の就職偏差値は?
電気やガス業界の就職難易度を知りたい...石油大手企業の就職ランキングはどうかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は電気やガス、石油エネルギーの業界情報をご説明します。エネルギー業界の流れとは?エネルギー業界には以下の

地域に特化したサービスを提供する企業

全国展開をせずに地域特化型のビジネスモデルを行う企業も転勤はありません。

代表としてはレジャー業界の以下2社です。

  • オリエンタルランド
  • 東京ドーム

ベンチャー企業

ベンチャー企業は規模が小さいため、顧客の数やエリアが都市部に集中します。

そのため転勤は少ない企業が多いです。

IT系企業はリモートワークを取り入れていることも多く、居住地に縛られない働き方ができます。

新卒カードは大企業 ・中小企業/ベンチャーに切る?メリットをご紹介!
新卒カードをベンチャーに使うのはありかな...やっぱり大企業に最初は行くべきかな...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は一度しかない新卒カードの使い道をご紹介します。新卒カードの魅力学生卒業後に一度だけ使える

ジョブローテーションが少ない企業

最後はジョブローテーションが少ない企業です。

ジョブローテーションが多いということは職種が頻繁に変わります。

ということは、顧客も変わりやすく勤務地変更の可能性も高いです。

転勤の少ない職種に就けてもジョブローテーションが多いと意味がないので注意です。

総合職でも転勤が少ない職種

総合職採用でも転勤が少ない職種の特徴はこちらです。

  • 法務
  • 経理
  • 知財
  • 人事
  • 企画
  • 研究開発

コーポレート部門や管理部門は転勤が少ないと言われています。

これらの部門は拠点を分けすぎると仕事がやりづらいので本社勤務のことが多いです。

特に、法務や経理は専門性が高く職種が変わることも少ないのでおすすめです。

また、研究開発も転勤が少ない職種のひとつです。

工場とは異なり、研究所は拠点が少ないので転勤はほとんどありません。

理系が東京/都会で就職するメリット・デメリット:勤務地選択の方法とは?
...

転勤の可能性を減らす方法

既に紹介した業界や職種以外にも、転勤を少なくする方法はあります。

  • エリア総合職を選ぶ
  • 逆求人サイトで転勤なしを選ぶ
  • 会社に入ってすぐに結婚する

エリア総合職を選ぶ

転勤の可能性をなくすためには、エリア総合職を選ぶのも方法のひとつです。

エリア総合職とは転勤のない総合職のことです。

営業所はエリアごとに拠点があることが多く、そこで総合職として仕事をすることになります。

一見すると良さそうな感じですが、一般職・総合職と比べて以下のデメリットもあります。

  • 金融業界のみ
  • 福利厚生が薄い
  • 出世しにくい
  • 給料が低い

エリア総合職は銀行、証券、保険会社などの金融業界のみでメーカーなどには基本ありません。

また、総合職よりは給料や手当が少なく、出世しにくい可能性もあります。

会社に入ってすぐに結婚する

企業によっては結婚すると転勤を考慮してくれる場合があります。

もちろん全ての会社ではありませんが、そのような傾向があるのも事実です。

どうしても転勤したくない…という方は早めに結婚するのも選択肢のひとつです。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は総合職で転勤が少ない業界や業種をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days