理系学生が東京/都会で就職するメリット・デメリット:勤務地選択の方法とは?
スポンサーリンク

理系学生が東京/都会で就職するメリット・デメリット:勤務地選択の方法とは?

理系 都会勤務 地方勤務

多くの理系の研究職や技術職は就職後、工場がある地方や田舎に配属されます。今回は「勤務地」を優先する就活生必見です!理系学生が東京や大阪等の都会で働くメリット・実現方法を紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

就活時点で勤務地の重要性を知るべき

ESや面接で必ず聞かれる「志望動機」。皆さんはどのように回答していますか。

  • 仕事内容に興味がある
  • 社員の人柄に惹かれている

これに限らず答えはいろいろあるはずです。

  • 給料が高い
  • 休みが多い
  • 勤務地が都会

こういった回答もありますが、就活生は本音と建前は理解しなければいけません。ESや面接を通過するには最初に記載したような「業務・会社に関係する」回答がベストです。

ただ、2つめに記載した「労働環境」で会社を選ぶことも重要です。今回はその中でも、勤務地=働く場所の重要性を説明します。

理系就活は地方・田舎勤務が多い

メーカーの研究職や技術職の配属は、工場や研究所がある地方がほとんどです。昔は「若手は地方勤務→年次が上がると本社に戻る」ルートもあったみたいですが、最近は田舎で定年を迎える人も多いです。

特に、人気企業の総合職技術系では「工場勤務→工場勤務」が出世ルートです。工場や研究所はモノづくりの生産拠点であるため、しょうがないことですが…。

ただ、必ずしも都会勤務がよいともいえません。

※もちろん、地方や田舎勤務希望の就活生もいます。一意見として捉えてもらえれば幸いです。

都会で就職するメリット

1.娯楽が多い

やはり都会は遊ぶところが多いです。生活すべてを仕事に捧げてはいないので、オフの時間の過ごし方を一度考えてみてはどうですか。

会社命令とはいえ、何の縁もない地域で生活するのは辛いですよ。学生時代の友人もいない、家族に会いに行くのも遠い、などが地方配属のデメリットです。

都会で就職するデメリット

1.生活費が高い

家賃を筆頭に、生活費がすべて高いです。配慮のある会社では、手当が出ることもありますが、十分とは言えません。

家賃補助や住宅補助が出ない企業にもかかわらず、都会で一人暮らしをするのは正直大変です。企業選びのポイントとして、福利厚生は重要です。

2.労働時間が長くなりがち

交通の便が発達しているせいで、深夜残業・早朝出勤を課せられることがあります。

また、本社業務は工場での生産業務と比較して、長時間労働が多いです。工場ではシフト勤務で働く社員がいることからも、労働時間に関してはシビアです。

メリット・デメリットを踏まえたうえで、理系学生が東京や大阪などの都会で就職する方法を紹介します。

理系学生が東京で就職する方法

1.ジョブマッチングによる職種別採用を利用

総合職技術系で採用されると、入社後に配属先・仕事内容が決まります。一方、ジョブマッチングによる職種別採用では、採用時点で配属先・勤務地・仕事内容が決まります。

特に、大企業で部門ごとの採用・育成を行う場合、良くも悪くも縦割りです。入社後の勤務地が確定した条件で、就職できるのは大きなメリットと言えます。

2.勤務地が都会だけの企業を選択

2つ目は、都会に事業所・研究所・工場を持つ企業に就職することです。これらの情報は、会社のホーム―ページに掲載されています。

下のような企業・業界に就職できれば、都会で働くことができます。

  • IT
  • コンサル
  • 総合商社
  • 外資系企業
  • トヨタの関係会社(愛知)
  • ベンチャー企業

ただ、関連会社への出向、他企業との合併・買収の可能性も考えると、ずっと都会勤務になるなる可能性は低いかもしれません。

また、就職四季報に載っている勤務地は、新人の配属場所なので注意してください。最初の1ヶ月だけ都会勤務で、本配属は地方となることもあります。

まとめ

今回は、理系学生が就活前に考えておくべき「勤務地」を紹介しました。仕事内容・給料以外にも会社を選ぶポイントはあるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る