理系学生が東京/都会で就職するメリット・デメリット:勤務地選択の方法とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系 都会勤務 地方勤務 理系就活

多くの理系の研究職や技術職は就職後、工場がある地方や田舎に配属されます。今回は「勤務地」を優先する就活生必見です!理系学生が東京や大阪等の都会で働くメリット・実現方法を紹介します。

スポンサーリンク

就活時点で勤務地の重要性を知るべき

ESや面接で必ず聞かれる「志望動機」。皆さんはどのように回答していますか。

  • 仕事内容に興味がある
  • 社員の人柄に惹かれている

これに限らず答えはいろいろあるはずです。

  • 給料が高い
  • 休みが多い
  • 勤務地が都会

こういった回答もありますが、就活生は本音と建前は理解しなければいけません。ESや面接を通過するには最初に記載したような「業務・会社に関係する」回答がベストです。

就活の面接前に「本音」or「嘘・話を盛ること・建前」は決めておくべき
...

ただ、2つめに記載した「労働環境」で会社を選ぶことも重要です。今回はその中でも、勤務地=働く場所の重要性を説明します。

理系就活は地方・田舎勤務が多い

メーカーの研究職や技術職の配属は、工場や研究所がある地方がほとんどです。昔は「若手は地方勤務→年次が上がると本社に戻る」ルートもあったみたいですが、最近は田舎で定年を迎える人も多いです。

特に、人気企業の総合職技術系では「工場勤務→工場勤務」が出世ルートです。工場や研究所はモノづくりの生産拠点であるため、しょうがないことですが…。

ただ、必ずしも都会勤務がよいともいえません。

※もちろん、地方や田舎勤務希望の就活生もいます。一意見として捉えてもらえれば幸いです。

都会で就職するメリット

1.娯楽が多い

やはり都会は遊ぶところが多いです。生活すべてを仕事に捧げてはいないので、オフの時間の過ごし方を一度考えてみてはどうですか。

会社命令とはいえ、何の縁もない地域で生活するのは辛いですよ。学生時代の友人もいない、家族に会いに行くのも遠い、などが地方配属のデメリットです。

都会で就職するデメリット

1.生活費が高い

家賃を筆頭に、生活費がすべて高いです。配慮のある会社では、手当が出ることもありますが、十分とは言えません。

家賃補助や住宅補助が出ない企業にもかかわらず、都会で一人暮らしをするのは正直大変です。企業選びのポイントとして、福利厚生は重要です。

就活で重視すべき福利厚生の見方は?有給休暇・家賃補助?厳選7選
...

2.労働時間が長くなりがち

交通の便が発達しているせいで、深夜残業・早朝出勤を課せられることがあります。

また、本社業務は工場での生産業務と比較して、長時間労働が多いです。工場ではシフト勤務で働く社員がいることからも、労働時間に関してはシビアです。

メリット・デメリットを踏まえたうえで、理系学生が東京や大阪などの都会で就職する方法を紹介します。

理系学生が東京で就職する方法

1.ジョブマッチングによる職種別採用を利用

総合職技術系で採用されると、入社後に配属先・仕事内容が決まります。一方、ジョブマッチングによる職種別採用では、採用時点で配属先・勤務地・仕事内容が決まります。

ジョブマッチング方式/制度とは?就活の推薦応募との違いを解説!
...

特に、大企業で部門ごとの採用・育成を行う場合、良くも悪くも縦割りです。入社後の勤務地が確定した条件で、就職できるのは大きなメリットと言えます。

2.勤務地が都会だけの企業を選択

2つ目は、都会に事業所・研究所・工場を持つ企業に就職することです。これらの情報は、会社のホーム―ページに掲載されています。

下のような企業・業界に就職できれば、都会で働くことができます。

  • IT
  • コンサル
  • 総合商社
  • 外資系企業
  • トヨタの関係会社(愛知)
  • ベンチャー企業

ただ、関連会社への出向、他企業との合併・買収の可能性も考えると、ずっと都会勤務になるなる可能性は低いかもしれません。

また、就職四季報に載っている勤務地は、新人の配属場所なので注意してください。最初の1ヶ月だけ都会勤務で、本配属は地方となることもあります。

まとめ

今回は、理系学生が就活前に考えておくべき「勤務地」を紹介しました。仕事内容・給料以外にも会社を選ぶポイントはあるので、参考にしてみてください。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

就活用Webテスト解答集のダウンロード(2019年3月更新)|就活研究所|note
※当noteは4月1日より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎください。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系就活
理系days