教授へのメールで怒られた…怖いしうざい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活

教授へのメールで怒られた…
教授怖いしうざいんだけど…

こんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は教授へのメールで怒られたときの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

メールマナーで教授に怒られるしうざい?

結論から言いますと、学生からのメールで怒るかどうかは教授によって異なります。

メールマナーが悪くてイラッとした場合でも、注意せずにそのまま対応する人もいます。

一方、失礼な文面に対してはしっかり怒る教授もいます。

教授メール:了解・確認しましたは返信しない?返信の返信に了解?
大学先生のメール返信に了解はいいのかな...承知しましたややわかりましたでも大丈夫...返信ありがとうございますはありかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は教授メールへの返信方法についてご紹介します。教授の返信メール

教授がメールで学生を怒る理由

教授が学生からのメールに対して怒る理由を2つあります。

  • 教育の一環であるため
  • 失礼な態度に腹を立てるから

教育の一環であるため

1つ目の理由は、メール文面の指導も教育の一環として考えているからです。

ビジネス上、メールは必須なツールです。

学生だからといってマナーが悪いと、どこかで本人は苦労してしまいます。

教授へのメールが無視…届いているか?質問も返ってこないの?
教授がメール見ないので大変...質問が届いているのか不安...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は教授へのメールが無視されて帰ってこないときの情報をご紹介します。教授へのメールが無視される?結論から言いますと、学生が教授にメ

失礼な態度に腹を立てるから

腹を立てた矛先として学生を怒ることもあります。

学生が失礼な態度をとっているのだから、叱られて当然というスタンスです。

研究室の教授と合わない…怖い教授で話せないときは?
教授との相性が悪くて不安...教授に嫌われているのかな...理系学生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は研究室生活でも大切な教授との上手な付き合い方をご紹介します。教授との相性が合わない理由せっかく研究室に所属しても

教授へのメールポイント

ここからは教授に怒られないような正しいメールマナーをご紹介します。

  • 内容がわかる件名にする
  • 学内のメールアドレスを使う
  • 冒頭で名乗る
  • 送信直前に読み直す

内容がわかる件名にする

メールタイトルは内容が分かる件名を選んでください。

忙しい教授だと毎日100件以上のメールが届きます。

件名だけで内容を判断できれば、相手も読みやすいメールになります。

学内のメールアドレスを使う

メールアドレスは大学指定のものを使いましょう。

というのも、フリーアドレスは自動でゴミ箱や迷惑メールに振り分けられる可能性があるからです。

自分では送ったと思っていても、相手が受信できなければメールの意味はありません。

就活|迷惑メールに入っていたお詫び、気付かなかったら謝罪電話?
企業からのメールが全然届かない...迷惑フォルダに入っていて気付かなかった...メール見落としはお詫びした方がいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は企業からのメールが迷惑メールやごみ箱に入ってしまうときの対応方

冒頭で名乗る

メールマナーとしては冒頭で名乗るのが大切です。

  • 名前
  • 学年
  • 所属

上記3つは必ず伝えてください。

どの学生かがわからないと、話が噛み合わず無駄なやりとりが増えてしまいます。

送信直前に読み直す

最後に、送信前には必ず文面のチェックをしてください。

必要情報が漏れていないか、誤字脱字がないかを第三者目線で見直しましょう。

この作業をやるだけでも、メールマナーは格段に上達します。

論文添削のお願いメールを教授や先生に?卒論やレポートの件名は?
教授への論文添削のお願いはどうやるの...『添削お願いします』の言い方はあり...ファイル添付はどうやればいいの...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は教授へ論文添削を依頼するときのメールの方法をご紹介します。教授への論文

まとめ

今回は教授のメールで怒られたときの情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

例えば、1番人気のサイトだけ登録する場合は『OfferBox』だけを利用。

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

OfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!という人にもぴったりです。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

就活アプリLognaviでWebテスト対策

 

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

近年利用者が増えているCUBICに類似した問題が出題されるので、本番を想定した事前対策にぴったりです。

詳細なレポートを読み込めば、自分を客観視するのにもきっと役立ちます。

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をチェックしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

理系向けイベントやセミナーへ参加

限られた時間で効率良く就活したい...そんな理系大学生や院生もいるのではないでしょうか。

理系特化の就活サービス『アカリク』に会員登録すると、企業の現場技術者やエンジニア、研究者と話せる内定直結の選考イベントに参加できます。

しかも、専任コンサルタントがつくので、企業研究や自己分析などの対策にもぴったりです。

研究に忙しい理系学生だからこそ簡単に内定を獲得できる就活サービスがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活
理系days