【大学編入】経済数学対策のおすすめ参考書・問題集を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高専

編入試験の経済数学ってどう勉強すればいいのかな…
おすすめ参考書を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は編入試験の経済数学対策としておすすめの参考書・問題集をご紹介します。

スポンサーリンク

編入試験の経済数学とは

経済学部、経営学部での編入試験では、専門科目・英語の他に数学が必要な大学があります。

従来は数学は選択科目でしたが、最近は数学を必須科目とする大学が増えています。

特に、東北大学・神戸大学の編入試験では毎年難易度の高い数学が出題されるため、十分な対策が必要になります。

編入試験の経済数学の出題分野をご説明します。

  • 高校数学
  • 微分
  • 積分
  • 線形代数

高得点を獲得するには、高校数学から出題される簡単な問題を確実に正解すること大切です。

編入試験(マクロ経済・ミクロ経済)対策のおすすめ参考書・問題集を紹介!
経済学部に編入したいんだけど何を勉強すればいいのかな...おすすめの参考書を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は経済学部への編入試験で必要なおすすめの参考書と問題集をご紹介します。大学編入試験の経済学とは経済学

経済数学のおすすめ参考書

ここからは経済数学対策のおすすめ参考書と問題集をご紹介します。

高校数学の総復習

編入数学では大学低学年の履修範囲からも出題されます。

とはいっても、いきなり大学数学を勉強しても理解が追い付かず効率が悪いです。

編入受験生の中には高校時代に数学が苦手だった人もいるはずです。まずは以下2冊の本で高校数学の復習から始めて下さい。

経済数学入門 初歩から一歩ずつ

数学の基本から学習するための入門書です。

2次関数等の基礎的な内容でも丁寧な解説があるため、数学が苦手な人にはピッタリの一冊です。

経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める

高校数学全範囲+αが一冊にまとまっている良書で、編入数学の参考書としては一番おすすめできます。

マクロ経済・ミクロ経済を勉強するときの数学的な基礎知識もカバーしています。

編入試験対策として、全科目の中で最初に取り組んで欲しいです。

編入試験の勉強はいつから?対策時間・スケジュール・試験日程をご紹介!
高専からの編入試験のスケジュールを知りたい...試験日程はいつなのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は大学編入試験に合格するためにはいつから勉強すればよいかをご紹介します。大学編入試験の日程と期間まずは高専からの編

大学数学のおすすめ参考書

マセマシリーズ:微分・積分・線形代数

大学数学を勉強するときにはマセマキャンパスシリーズがおすすめです。

おすすめポイントはこちらです。

  • 1冊2,000円程度
  • レイアウトが見やすい
  • 出版時期が新しい

大学の参考書の中には出版年が古くレイアウトが見づらいものが多数あります。

一方、マセマキャンパスシリーズは随時改訂版が出ているので最近のトレンドも網羅しています。

しかも、1冊2,000円程度なのでコストパフォーマンスにも優れています。

マセマキャンパスシリーズでは『微分』『積分』『線形代数』の単元毎に参考書が出ているので、全種類購入して一気に対策するのがおすすめです。

大学数学のおすすめ問題集

マセマ演習シリーズ:微分・積分・線形代数

既に紹介した「マセマシリーズ」の問題集です。

編入数学対策は「マセマシリーズ」で統一して勉強すると、同じ解き方でたくさんの問題数をこなせます。

編入数学徹底研究

編入試験の数学参考書としては一番おすすめです。

地方国立大学から旧帝大まで難易度を問わずに、全受験生向けの参考書といえます。

工学部や理学部の編入数学にも使える問題集なので、本書をマスターできれば数学の完成度は相当高くなります。

高専から大学編入の倍率・難易度、勉強時間は?ランキング・滑り止めをご紹介
高専から大学編入って難しいのかな...いつから勉強始めればいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は大学編入試験に関する情報をご紹介します。大学編入試験って難しいの?大学編入試験の難易度は目指す大学によって異なりま

まとめ

今回は編入試験の経済数学対策としておすすめの参考書と問題集をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

編入試験対策で使い倒したいサービス!

情報収集や問題演習など、編入試験の準備って想像以上に忙しいです。

試験直前でも全然勉強が終わっていない...という状態では正直、合格は難しいです。

そうならないためにも、編入試験対策に役立つおすすめのサービスをまとめました。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に受験生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

編入試験合格のためにはTOEICで他の受験生と差を付けるのが大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
高専
理系days