インターンのWebテストは落ちる?対策時期、種類、ボーダーを解説!
スポンサーリンク

インターンのWebテストは落ちる?対策時期、種類、ボーダーを解説!

インターン ウェブテスト

インターン選考でもウェブテストってあるのかな
ウェブテストの練習や対策はしたほうがいいかな
webテストの通過率はどのくらいなのかな

インターン選考のウェブテストについて、こんな疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。Webテスト解答集(エクセル)の使い方の前に!本当に正しい答えですか?でも紹介しているように、webテストは事前対策がとても大切になります。

インターン選考に落ちてしまった後に「もっと勉強しておけばよかった。」と、後悔しないためにもしっかりと対策しておきましょう。

今回はインターンwebテスト選考に関して、

  • 種類
  • 通過率
  • ボーダー
  • 具体的な対策方法

を紹介ご説明します。

参考 インターンのWebテスト:ES提出無しで練習ができる踏み台企業とは?

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

インターン参加までの流れ

就活の前哨戦と言われるインターンシップ。参加するまでの流れはこんな感じです。

  • ESや履歴書の提出
  • Webテスト
  • 面接

就活本番と同じように、ES提出や面接、webテストといった選考ステップがあります。

Webテストの種類

就活のwebテストには複数の種類があるって知っていますか。事前にどのタイプのwebテストが出題されるか知っているだけで、対策がグッと簡単になります。

webテストには複数種類があると説明しましたが、大きく分けると5種類あります。

  • SPI
  • 玉手箱
  • TG-Web
  • CAB
  • GAB

実は、この中からどのタイプが出題されるかを知る方法があります。というのも、企業は毎年同じ種類のテストを使いまわしているので「過去のインターンの選考情報」を見ることができれば、今年のwebテスト種類を知ることができます。

過去の選考情報をUnistyleタダで手に入れる話。

就活生のみなさん、人気企業の過去の選考情報が無料でダウンロードできることを知っていますか?

私も就活時代に実際に利用したサービスで超おすすめです。必要項目は名前、メールアドレス、電話番号、大学名、卒業年だけなので、スマホからでもすぐにダウンロードできますよ。

本選考のウェブテストとの違い

では就活本番とインターンとで、Webテストにはどのような違いあるのでしょうか。

テストの難易度とボーダーライン

いきなり結論を申しますと、難易度は同じです。というのも、就活本番とインターンではテスト問題が同じことがあるからです。

何度も同じ種類のWebテストを受けると、「どこかで見たことある」っていう問題が出てくるはずですよ。

ボーダーラインについても同様に、本選考とインターンでは同程度です。ただ、テストセンターの練習台企業/踏み台企業は?ボーダーも解説!で紹介しているように、企業ごと設定しているボーダーは違いますよ。

対策時間

インターン参加の時期は「アルバイト」「研究」「サークル」があるため、就活に全力を注げないかもしれません。

なので、インターンのWebテスト対策に時間を使っている人は少ないはずです。

逆に、少しでも勉強すれば他の就活生と差をつけられますよ!

インターンのWebテストって落ちるの?

対策が不十分な就活生が多い「インターンのWebテスト」。ただ、基準点を越えなければ不合格になってしまいます。

つまり、時間をかけずに効率の良い対策方法が求められますね。

Webテスト対策方法

インターンのWebテスト選考を通過するための方法を3つ紹介します。

1.Webテストに関する就活本の利用

「SPI」「玉手箱」「TG-Web」「CAB」「GAB」、専用の対策本を利用します。

詳しい使い方、参考書一覧はこちらの記事で紹介しています。

参考 Webテスト・SPI・テストセンター 対策本【おすすめ10冊】2019卒必見!

2.大学生のための就活クチコミサイトを利用

「ギガ就活」を知っていますか。

無料登録をするだけで、Webテスト・SPI対策のクチコミを見られます!

「対策本を買うのがもったいない」「苦手分野だけ対策したい」「絶対にテスト選考を突破したい」という方にはピッタリな方法ですね。

他大学生が記入したクチコミばかりなので、知らないと損をしてしまう情報がたくさん載っています。

ほかの就活生と差をつけるためにも、おすすめの就活サービスです。

3.超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダでみるには?

学生が優良企業から内定をもらうには事前準備が大切です。

とくに、「志望企業の選考情報」は知っているかどうかで差がつくポイント。

  • インターン枠の有無
  • Webテストの種類
  • 面接の回数
  • 内定者の回答例

企業別の選考情報をラクに入手する方法があるって知っていますか。

「就活ノート」に登録すると、超人気企業 約1,000社のES・選考体験談をタダで閲覧できます!

登録はもちろん無料。月間60万人が利用する就活サービスなので、使わない学生は情報量で負けてしまいますよ!

まとめ

今回は、インターンシップ選考のWebテストに関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。夏だけでなく、秋、冬など、最近はインターンの実施回数も増えつつあります。

インターンシップの選考を受ける時には、参考にしてみてください。

参考 Webテスト代行ってばれるの?業者による就活サービスの評判とは?

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る