Webテスト

WEBテスティング:分数や小数の入力方法とは?非言語対策に!

Webテスティングで分数はどう入力するの…
約分は必要なのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWEBテスティング分数入力の答え方をご説明します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

WEBテスティングの非言語

入力形式がほとんど

WEBテスティングの非言語では、答えの数値を入力する形式の問題がほとんどです。

選択肢から回答を選ぶパターンもありますが、『推論』『図表の読み取り』などの一部だけで残りは入力形式の問題になります。

https://shukatsu2017.com/testingsihyo

入力問題の回答ポイント

入力問題の回答には慣れが必要なので、対策ポイントを3つご紹介します。

分数は約分が必須

分数を計算する問題では、答えは約分してから入力しなければいけません。

たとえば、

回答欄に▢/▢の枠があれば、答えが分数になることが読み取れます。

1/3が答えのときには、ひとつめの▢に1、ふたつめの▢に3を入力します。

約分せずに2/6のままで回答を入力すると、不正解になるので注意してください。

適当な勘では回答不可

入力問題では選択肢から回答することができません。

ぴったりの数字を入力しなければいけないので、正確な計算を行う必要があります。

WEBテスティングは電卓使用可能なので使い方に慣れておくのも大切です。

https://shukatsu2017.com/calculator

半角入力の設定

数字入力では半角入力の設定にするのがおすすめです。

一度全角で入力したあとに変換するのも可能ですが、一手間余計にかかってしまいます。

数字と英語は半角入力が必須なので覚えておきましょう。

SPI・Webテストは半角・全角どちらで数字を入力するべきか?
Webテストの入力は全角・半角どちらかな...全角入力したけど大丈夫かな...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はWebテストの入力方法に関して全角・半角のどちらを使うべきかを説明します。SPIやWEBテスト入

Webテスティング専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでWebテスティングに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWEBテスティングの非言語対策をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days