Webテスト

SPI・Webテストは半角・全角どちらで数字を入力するべきか?

Webテストの入力は全角・半角どちらかな…
全角入力したけど大丈夫かな…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWebテストの入力方法に関して全角・半角のどちらを使うべきかを説明します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

SPIやWEBテスト入力は全角、半角?

ID・パスワードは半角入力必須

結論から申し上げますと、SPIやWEBテストのIDやログインパスワードでは半角入力必須です。

全角入力により何回もログインをまちがうと、不正アクセスが疑われるので注意してください。

https://shukatsu2017.com/arorua-webtesting

能力テストは半角入力推奨

能力テストでも半角入力がおすすめです。

言語、非言語、英語テストでは記述式の問題が出題されます。

英語テストはアルファベット入力なので半角でなければ回答できません。

また、言語と非言語テストでは、全角・半角のどちらでも入力可能ですが半角入力がおすすめです。

半角入力であれば文字変換する必要もないため、入力時のキー操作が一つ不要になります。

Webテストは制限時間内での回答が必要であるため、無駄な作業は省くようにしましょう。

全角入力では不正解になることも

Webテストの種類によっては、数字入力を全角で回答すると不正解になる場合があります。

そうならないためにも、受験前の注意事項には必ず目を通すようにしてください。

もし試験途中で全角入力に気がついたとしても、回答修正はできないので、半角入力で統一するのがおすすめです。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWebテストについて半角・全角のどちらを利用するべきかをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days