理系学生生活

大学院生を中退したら内定は取り消し?内定先への連絡は必要なのか?

大学院を中退したら就活やり直しかな…
内定先への連絡はどうしよう…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は大学院を中退するときの内定の取り扱い方をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

大学院中退後の選択肢

大学院を中退する可能性があるときには、その後の進路も考える必要があります。

今回は3つの選択肢をご説明します。

内定先に学卒として就職

院卒として就活を行い内定先が決まっていれば、学卒として採用してもらうのが一番有力な選択肢です。

学生目線ではもう一度就活をしなくて済みます。

企業にとっても修士枠で内定を出した学生を学卒で採用できれば、人件費を落とすことができます。

修士卒の資格が無いと働けないという条件以外では、学卒として内定先に就職できる可能性は十分あります。

院卒と学卒の給料差についてはこちらにまとめています。

学部卒と大学院卒の生涯年収の違い:初任給や平均手取額を比較!
学部で就職しようと思ったけど、大学院行ったほうが生涯賃金増えるのかな。院卒と学卒の初任給ってどれくらい違うのかな。理系学生で就職を考えたときに、こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は、年収の観点からこんな視点で記事を書きました

既卒枠で学卒として再就活

2つ目は、大学院中退後に学卒として就活するパターンです。

既卒枠での就活は新卒就活と比較して採用条件が厳しくなる傾向があります。

  • 修士での就活が上手くいかなかった
  • 学卒に切り替えた内定がもらえなかった

こんな状態のときは、既卒枠で学卒として再度就活を行う必要があります。

研究室を変更することで大学院を中退しない

大学院を中退する前提で話を進めていましたが、可能であれば大学院は修了したほうが良いです。

  • 指導教員と上手くいかない
  • 研究室での人間関係が悪い

中退の原因が研究室にあるなら、研究室変更をすることで解決する可能性もあります。

詳細はこちらの記事でまとめていますので参考にしてください。

大学院の研究室変更はいつまで?間違えたらメールで移動?
大学院の研究室を変えたい...修士1年と修士2年のいつまでなら変えられるかな...研究室変更のデメリットはあるの...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は理系学生向けに大学院の研究室を変える方法をご紹介します。理系で研究室を

内定先への連絡は必要

修士卒として内定をもらっている企業があれば、中退の決断をする前に必ず連絡してください。

企業によっては院卒枠で内定を出したが、学卒として採用してくれるかもしれません。

複数回の面接を通過し、学生自身が高評価を受けていれば、採用条件の変更は認められることが多いです。

とはいっても、学卒として採用し直してくれる企業だけではないので、まずは採用担当に相談するのが大切です。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は大学院中退するときの内定の扱い方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days