Webテスト

Webテスト/玉手箱の使い回し企業:インターン・本選考の違い

玉手箱は使い回しできるのかな…
インターンのWebテストは本選考で使い回されるの…
pwcやkddi、ユニチャームのWEBテストは使い回しなの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWebテストの使い回しに関する情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

玉手箱やWEBテスティングは使い回し不可

  • 玉手箱
  • TG-WEB
  • WEBテスティング
  • GAB
  • CAB

上記は自宅受験型のWebテストになります。

試験の特徴としては企業毎の受験が必要があり、過去の試験結果を使い回すことはできません。

踏み台企業での練習受験が大切

自宅受験型のWebテスト対策では、踏み台企業で練習受験するのがおすすめです。

試験結果を使い回すことは不可ですが、同じ種類のテストでは問題が使い回されています。

たとえば玉手箱を複数回受験すると、この問題は前にも見たことがあるな…という経験をするはずです。

過去の就活情報から出題されるWebテストの種類を把握して、練習受験を積み重ねるのが大切になります。

Webテスト:玉手箱・WEBテスティングの練習・踏み台企業は?
...

テストセンターのみ使い回しができる

テストセンターでは試験結果を使い回すことができます。

2回目以降の受験の際には、前回結果の送信または新規で受験のパターンから選択可能です。

過去の受験結果を使い回せば、テスト対策の時間が無くなるので就活が効率的に進められます。

使い回しのポイント

ここからはテストセンターを使い回すポイントを2つご紹介します。

自己ベストが取れているか

前回結果の送信が楽だからといって、悪い点数の結果を使い回しても企業の選考には通過できません。

重要なのは自己ベストの結果を取得できているかです。

テストセンターでは得点の開示を行うことができず、以下の項目での判断が必要になります。

  • 高得点目安の問題が出題
  • ボーダーラインが高い企業の選考に通過

詳細はこちらの記事でまとめています。

テストセンター長文なしで高得点?SPI言語の高得点指標や基準は?
テストセンターを使い回すかどうか悩む...テストセンターの長文なしで高得点はあるの..SPIテストセンターの出来具合や出来栄えを知りたい...こんな悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。今回はSPIテストセンターの言語について、高得点指標

有効期限内かどうか

テストセンターには4種類の科目があります。

  • 能力検査
  • 性格検査
  • 英語
  • 構造把握

各検査の有効期限は最後に受検してから1年間と決められています。

使い回しを検討するときには、有効期限内かどうかも忘れずに確認してください。

就活のタイミングでは夏インターンでの受験結果であれば、本選考の受験時には利用することができます。

SPIテストセンターIDの有効期限:期限切れで使い回せない…
SPIテストセンターって使い回しできるのかな...前回結果送信の有効期限を知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は就活生向けにテストセンターの有効期限をご紹介します。SPIテストセンターの有効期限は?

インターンの結果は本選考に使い回されるの?

基本的にインターンと本選考ではWebテストは受け直しがでます。

しかし、以下の企業ではインターンのWebテスト結果が次回以降のインターンや本選考に使い回されるので注意してください。

テストセンター以外の玉手箱やTG-WEBも対象になります。

  • PWC
  • 三菱UFJ銀行
  • 関西電力
  • アサヒビール
  • 三井住友カード
  • 博報堂
  • KDDI
  • NTT東日本
  • 三菱地所
  • アビームコンサルティング
  • 野村アセットマネジメント
  • 野村證券
  • 野村総合研究所(NRI)
  • IBM
  • NTTデータ
  • ユニチャーム
  • デロイトトーマツ
  • 伊藤忠エネクス
  • SMBC
  • アクセンチュア
  • 明治安田生命
  • 三菱モルスタ
  • 横浜銀行
  • オリックス

玉手箱専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしで玉手箱に類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWebテストの使い回しに関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days