SPIテストセンター(非言語)での高得点指標・目安基準の判断方法!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

学生はテストセンターの点数を知ることができません。一方、人気企業ではテストセンターの点数で足切りされてしまうのも事実です。

高得点かどうかわからずに、テストセンターの受け直しをするべきかで悩むことも多いのではないでしょうか。

今回はテストセンターを受けるだけで分かる「高得点の指標」をご紹介します。

スポンサーリンク

非言語テストでの高得点指標や目安は?

非言語テストで高得点を取れたかどうかを判断するポイントは4つあります。

表の読み取り問題(4タブ)

非言語試験では必ず表の読み取り問題が出題されます。出題は非言語試験の中盤頃のパターンが多いです。

テストセンター受験時には、表の読み取り問題の第1問に書かれている右下のタブ数を確認してください。

1つの読み取り問題に4タブ形式での出題があれば、ここまでの正解率は8割以上といえます。

推論:チェックボックス問題

テストセンター非言語試験で一番難しいのが推論問題です。問題文章と選択肢の整合性を一つずつ検証するため、時間がかかってしまいます。

推論問題の多くは、4~5個の選択肢の中から解答を選びます。しかし、選択肢が与えられない形式の問題も出題されることを知っていますか。

いわゆる、チェックボックスタイプの解答が求められるタイプです。選択肢の中から2つ以上の回答を過不足なく選ぶ必要があるため、難問といえます。

1つでも解答が間違っていたら、不正解になってしまうのが難しいポイントです。

推論問題でこのチェックボックスタイプが出題されたら、8割以上の正解率を期待してよいと思います。

推論:問題数の数

非言語試験の高得点指標として推論問題の出題数も参考にできます。テストセンター受験後に推論問題が全体の何割程度出題されたか、思い出してみてください。

推論問題が全体の5割くらい出題されていれば、受験者平均と同じくらいの正解率です。

非言語試験の7割以上が推論問題であれば、正解率80%超は確実です。かなりの上位層といえます。

残り問題数の目安:時計の針9時~10時

「非言語を受けていて全然終わらないんだけど…」と不安になる方もいると思いますが、全然心配しなくて大丈夫です。

なぜなら、正解率が高い学生には難易度の高い問題が出題されるからです。

テストセンターでは一人ずつ違う問題が出題されることは知っていると思います。

簡単に説明すると問題の出題パターンはこんなかんじです。

  • 正解すると次の問題の難易度アップ
  • 不正解だと次の問題の難易度ダウン

正解し続けると次の問題はどんどん難しくなります。一方、制限時間は35分で全員同じです。なので、非言語の成績と制限時間内に問題が解き終わることは一致しません。

高得点の目安として、最終問題解答後の時計の針が9時~10時を判断基準にするといいと思います。

テストセンター対策と同時にするべきこと

本記事では就活のテストセンターにおける高得点指標をご紹介しました。テストセンター対策は完璧だとしても、就活で内定をとれるのか…不安になりますよね。

就活ではテストセンター対策以外にもやるべきことがたくさんあります。

  • ES対策
  • 面接練習
  • 企業研究

少しでも効率的に就活を進めるためには、便利な就活ツールを利用するのがおすすめです。

Webテスト解答集の利用

就活用のWeb解答集があるって知っていますか。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

就活用Webテスト解答集のダウンロード(2019年2月更新)|就活研究所|note
※当noteは3月1日より値上げ予定ですので、ご希望の方はお早めの購入がおすすめです。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法です...

過去の選考情報からテストセンター採用企業を探す

テストセンター攻略のためには、踏み台企業の選考を通して練習するのが有効です。

一部の企業は既にご紹介しましたが、テストセンターの採用企業をもっと効率的に探す方法があります。

それは過去の選考情報を閲覧すること。

就活ツール『Unistye』では無料会員登録するだけで、企業別の選考情報を見ることができます。

検索機能も整っているので志望企業の選考情報を調べることも可能です。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない…という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

Lineで就活@digmee(ディグミー)

選考に1社ずつエントリーするのが大変…
参加したいイベントが満席だったけどどうしよう…

就活中にこんな悩みで不安になる方も多いのではないでしょうか。

無料就活ツールdigmee(ディグミー)を使えば就活に関する悩みを一気に解決できますよ。

おすすめポイントはこちらになります。

  • LINEで就活イベントの空席状況を確認
  • 複数社の選考を一気に受けられる選考会に参加
  • 人事との模擬面接・GDの練習会

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ES作成に時間が取られてしまう…という方に必見の就活ツールです。

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • ESの提出方法は手書き or Web入力
  • 過去5年分のESではどんな設問があったのか

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1,000社以上のESや選考情報が見放題です。

就活では頻出質問に対するESの解答を事前に準備しておくと、面接対策や企業研究などに時間をかけることができます。

就活ノートを利用して1,000社分のESを閲覧すれば、頻出質問に対するESのテンプレート作成は簡単に終わらせることができますよ。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「キミスカ」を知っていますか?

普通の就活はでは自分から企業を選ばなければなりませんが、『キミスカ』はスカウト特化型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録することで、各企業の人事部が就活生の情報をシェアしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」実施の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • Webテストの適性検査対策が無料で行える

私の就活時代にもこんな便利なサービスがあれば…と思ったりもします。就活生が見落としがちな『適性検査対策』が無料で行えるのも嬉しいですね。

キミスカの利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

まとめ

今回はテストセンター非言語での高得点指標をご紹介しました。いかがだったでしょうか。

自己採点が難しいテストセンターでは今回紹介した指標を参考にして、使い回すの判断をしてみてください。

https://shukatsu2017.com/test-center-gengo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days