テストセンターが早く終わって不安…回答時間と結果の関係を考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

テストセンターで時間以内に終わってしまった…
思ったよりも簡単な問題が出題された…

就活のテストセンターを受けてみてこんなことを感じたら要注意です。

テストセンターは受験者ごとに違う問題が出題され、偏差値で評価されるといわれています。

とはいっても、問題の難易度や回答時間の目安を知らない就活生も多いのではないでしょうか。

今回はテストセンターの回答時間と結果の関連性をご紹介します。

スポンサーリンク

テストセンターの評価システムとは?

就活のテストセンターではどのような形式で評価されるかご存知でしょうか。

受験者ごとに違う問題が出題され、偏差値によって判断されます。

たとえば、難易度の低い問題に数多く正解しても、他の就活生と比較した時の偏差値が低いこともあります。

逆に、難問ばかり出題されていれば正解数は少なくても、偏差値は高い可能性もあります。

偏差値による相対評価で判断されると覚えておけば間違いありません。

テストセンターの回答時間と進捗度について

テストセンターを受験しているときにこんなグラフはみたことありませんか。

パソコンの画面右上に表示され、受験者の回答時間と進捗度合を表します。

  • 青:経過した時間
  • 黄色:回答済の問題

今回のグラフでは青>黄色となっているので、進み具合遅れ気味ということです。

テストセンターが早く終わってしまうとは?

テストセンターが時間内に解き終わってしまう…こんな経験もあるのではないでしょうか。

既にご説明したようにテストセンターは偏差値による評価システムです。

ということは、正解すると次の問題が難しく、不正解だと次の問題が簡単になるという出題パターンが考えられます。

テストセンターがあまりにも早く終わってしまうという受験生は、もしかしたら正答率が低く難易度の低い問題が出題されているのかもしれません。

  • 時間を気にせずに正解数を意識する
  • webテスト専用の対策ツールで学習する

このような対策方法がテストセンターではおすすめです。

就活サイト『キャリアパーク』が作成するSPIパーフェクト問題集は、あるようで無かったPDF形式のWebテスト対策ツールです。

こちらを使うメリットはこんな感じです。

  • PDF版なので持ち運びに便利
  • 電車やカフェでの勉強にもぴったり
  • 無料でダウンロードできる

SPIパーフェクト問題集は『キャリアパーク』に登録すると無料でもらえます。

必要項目は氏名や大学名だけなので、登録はスマホからでも簡単にできますよ。

テストセンターが時間内に終わらない

テストセンターが時間内に終わらない…という方には2パターン考えられます。

  • 回答スピード遅い
  • 難易度の高い問題が出題されている

回答スピードに自信が無い方は、テストセンター対策ツールを利用するのがおすすめです。

また、テストセンターは正解し続けると、問題の難易度もどんどん上がっていきます。

難問が出題されれば回答スピードも遅くなりますよね。

とはいっても、偏差値で判断されるので時間内に終わらなくても全く心配はありません。

テストセンターの回答時間と問題難易度の対策

ここからはテストセンターを受験するときのおすすめの解き方をご紹介します。

難問が出題されても飛ばさない

テストセンターで難問をみると回答を飛ばしたくなるかもしれません。

そこはグッとこらえて、まずは解けるかどうかの検討してください。

簡単な問題ばかりを解いていてもテストセンターで高得点はとれません。

難しい問題を正解することで偏差値があがっていきます。

では、難易度の高い問題とはどのようなパターンがあるのでしょうか。

難易度の高い問題は高得点指標の目安

テストセンター(言語)での高得点指標テストセンター(非言語)での高得点指標で紹介していますが、テストセンターでの高得点指標の目安には出題パターンがあります。

どれも難易度の高い問題ばかりですが…

出題パターンを言語と非言語別にご紹介します。

言語テストの場合、

  • 内容一致問題の選択肢:チェックボックス
  • 空欄補充問題:語句抜き出し
  • 長文問題:複数出題

非言語テストの場合、

  • 表の読み取り問題(4タブ)
  • 推論:チェックボックス問題
  • 推論:問題数の数

これらの難問が出題されたらすぐに飛ばさずに、まずは回答できるかの検討をしてください。

絶対に回答できない問題は飛ばしてもよい

難問が出題されても飛ばさないように。とご説明しましたが、絶対に回答できない問題についてはスキップしても問題ありません。

重要なポイントは時間をかければ解ける問題を正解することです。

逆に、時間をかけても絶対に分からない問題は飛ばしてください。

たくさん時間を使ったのに正解できなかった…というのが一番もったいないですから。

残り回答時間と結果の目安

時計の針9時~10時がベスト

テストセンターを受験しても回答時間が足らない…

と不安になる方もいるのではないでしょうか。

そんな就活生に朗報です。テストセンターの回答時間が足らなくても全く心配はいりません。

なぜなら、正解率が高いと難易度の高い問題が出題されるからです。

テストセンターでは問題の正解・不正解に応じて出題パターンが変わります。

  • 正解すると次の問題の難易度アップ
  • 不正解だと次の問題の難易度ダウン

正解し続けると問題の難易度はどんどんあがります。

一方、テストの回答時間は35分で全員共通です。

なので『テストセンターで高得点を取ること』と『時間内に回答を終えること』は一致しません。

高得点指標の目安としては、問題回答後の時計の針が9時~10時を基準にするといいと思います。

まとめ

今回はテストセンターの回答時間と結果の関係性を考察してみました。

いかがだったでしょうか。

  • 難しい問題でもすぐに飛ばさない
  • 高得点取得と時間内回答は一致しない
  • 回答後の時計の針9時~10時がベスト

これらのポイントをテストセンター対策に活かしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days