理系就活で大学院の成績(GPA)は必要なの?
スポンサーリンク

理系就活で大学院の成績(GPA)は必要なの?

就活 成績 重要 評価 gpa

「就活で大学や大学院の成績は提出する必要あるの?」「面接やESの選考の判断基準になるの?」今回は、就活における成績評価の方法を紹介します!

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

就活で成績(GPA)は重要か?

理系就活では「大学や大学院での成績」が重要視されることがあります。特に、最先端の内容を学ぶ研究職では求める素質の1つともいえます。

一方、研究職以外ではそれほど成績は重要視されていません。

自分一人で取り組むテスト勉強や座学とは違い、部活や研究で培ったチームワーク力リーダシップ力がアピールするべきポイントです。

成績証明書

大学や大学院の講義の成績が一覧表にまとまったものが、成績証明書です。

提出の有無

ほぼすべての企業の選考では、成績証明書の提出が求められます。

大学院生の就活では学部時代の証明書を要求されることもあるので、事前に用意しておきましょう!

提出時期

成績証明書はES提出時や1次面接受験時に提出します。

3月下旬-4月上旬は大学の新年度に伴う手続きのため、証明書の発行ができないこともあるので注意して下さい。

成績証明書は事前に数部発行しておき、いつでも提出できるようにしておきましょう。

成績証明書が就活に与える影響

では、就活において大学や大学院の成績はどのような影響を与えるのでしょうか。

ES選考

大学の講義内容が仕事に直結する企業や職種では、ES選考の判断基準になります。

書類選考ともいえるESを通過するためには、良い成績を獲得することは重要です。

大学や専攻ごとに、受講する講義内容が違うため成績の評価基準も異なります。定量的な評価が難しいため、大幅な加点対象とはなりにくそうです。

面接選考

ES通過後の面接試験では人物評価が重視されます。すでに面接に参加している時点で、大学での成績は問題ないと判断されています。

面接では成績表を見ながら、成績の良い・悪いを議論することはありません。以下の3つの質問に対する回答を考えておけば、十分と言えます。

  • 講義を選択した理由
  • 印象に残った講義は何か
  • いまならどの講義を受けるか

大学での講義を通した「考え方・判断の基準」が評価されます。

まとめ

今回は理系就活における大学での講義の重要性を紹介しました。就活が始まる時点では、成績を変えることは難しいので、「講義の選び方・判断基準」について考えてみてください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る