理系就活

CROの就職難易度は?製薬会社の臨床開発職との違いとは?

メーカーとCROの違いを知りたい…
臨床開発職で働くにはどうしたらいいの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は臨床開発職としてメーカーとCROで働くときの違いをご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

臨床開発職とは:メーカー or CRO?

社会貢献度の高い製薬業界の中でも臨床開発は主となる職種です。

治験を繰り返し行い、医薬品に対する有効性や安全性といった情報を収集します。

臨床開発職として働くフィールドはメーカーとCROの2種類があります。

それぞれの詳細をご紹介していきます。

メーカーの臨床開発職とは

メーカーとは製薬会社のことです。

医薬品を研究・開発し、生産・販売することによって利益を出すビジネスになります。

具体的な企業はこちらです。

  • 武田薬品
  • アステラス製薬
  • ファイザー
  • ノバルティスファーマ

後程ご紹介するCROとの最大の違いは、メーカーでは研究から製造・販売までを一貫して行えることです。

https://shukatsu2017.com/seiyakuoote

メーカー臨床開発職の仕事の流れ

臨床試験の大まかな流れをご説明します。

  • 開発の意思決定
  • チームの招集
  • 開発戦略の立案
  • プロトコルの立案
  • 臨床試験スタート
  • データ収集
  • 試験結果の分析
  • レポート作成
  • 承認

臨床試験はプロジェクト単位で進められ、開発チームの中の専門家が各担当業務を引き受けます。

CROの臨床開発職

CROは医薬品開発業務受託機関と呼ばれます。

製薬メーカーが行う治験業務を受託・代行する業態でサービス業に該当します。

CROの具体的な企業はこちらのとおりです。

  • シミック
  • EPS
  • エムスリー
  • リニカル
  • IQVIA
  • パレクセル
  • コヴァンス

CROの開発職の仕事の流れ

CROの臨床開発職は、製薬メーカーが行う臨床開発業務のサポートがメイン業務になります。

モニタリングやデータマネジメントなどを行います。

以前は製薬メーカーが作成した計画書どおりの単純作業のみを行っていました。

ですが、最近はCRO業界の規模も拡大しており、臨床試験の提案や販売戦略についてのサポートも行うようになっています。

製薬メーカーは医薬品を作る製造業、CROはメーカーの業務を受託したり、コンサルを行うサービス業という点で大きな違いがあります。

https://shukatsu2017.com/crojob

メーカーとCROの臨床開発職の違い

ここからはメーカーとCROで臨床開発職として働くときの違いを3つご紹介します。

  • 年収
  • 就職難易度
  • キャリアプラン

年収

年収については製薬メーカーの方が待遇が良いです。

メーカーは利益に直結する販売部門を持っているため、従業員への還元額も多いといえます。

住宅補助や社宅といった福利厚生もメーカー開発職の方が優れています。

>> CRO(内資・外資)の就活時期とは?スケジュールや難易度をご紹介!

就職難易度

メーカー開発職の就職難易度は相当高いです。

というのも、各メーカーでは研究費削減のために採用人数を大幅に絞っているからです。

企業規模で比較すると大企業メーカーの方が知名度も高く、採用難易度も高くなります。

メーカーとCROを比較するとこんな感じではないでしょうか。

大手メーカー > 中堅メーカー >>> CRO

キャリアプラン

メーカーの臨床開発職として新卒採用されると基本は開発部門に配属されます。

数年間の経験を積んだ後は、開発部門内で異動することが一般的です。

他にも、マネジメント分野やマーケティング職に異動する可能性もあります。

一方、CROの臨床開発職で採用されるときは、臨床開発モニター(CRA)に配属されることがほとんどです。

キャリアとしてはCRAを数年経験した後は、サブリーダーを経てリーダーになるのが一般的です。

また、オペレーション部門でのキャリアが主となるため、経験できる職種の幅ではメーカーの臨床開発職には劣ります。

一方、自社製品にはとらわれずに複数の製薬企業の臨床試験に関われることはメリットといえます。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はメーカーとCROの臨床開発職の違いをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days