理系就活

CRO(CRA・DM・PV)の仕事内容の違いは?キャリアプラン・やりがいをご紹介!

CROにはどんな職種があるのかな…
CROのキャリアプランを知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はCROの職種や仕事内容をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

CRO(開発業務受託機関)とは

CROとはContract Research Organizationの略で開発業務受託機関とよばれます。

製薬会社から医薬品開発における臨床試験や販売調査の業務を受託している企業のことです。

社会貢献度の高い医薬品業界に携われるということもあり、就活生からの人気も高いです。

CROの職種一覧:CRA/DM/PV

CRO業界には職種が複数あるのでご紹介していきます。

臨床開発モニタリング

臨床開発モニタリングはCRAと呼ばれます。

大手CROの採用枠ではCRAが大半を占めています。

医者や治験者との情報交換を通じて、臨床開発が法律に沿って計画通りに進んでいるかを確認するのが業務です。

また、被験者の安全や人権が法的に保護されているかのチェックも行います。

社内外の人とコミュニケーションをとる機会が多いため、人と接することが好きな人にはピッタリな職種です。

スケジュール管理力・医薬品に関する全般知識も必要になります。

データマネジメント

データマネジメント職はDMとよばれます。

臨床試験により収集されたデータの入力・分析を行い、データベース化するのが業務になります。

他にも、情報工学の知識を活かしてデータ入力やデータ管理のシステム開発・運用を行います。

情報工学や電気電子工学出身の学生が多いです。

ファーマコヴィジランス

ファーマコヴィジランスはPVとよばれます。

副作用等の安全性に関する情報を薬事法に基づいて収集し、医薬品の安全性向上に貢献するのが仕事です。

新薬の臨床試験だけでなく、販売後においても法律を随時チェックし支障ないかの検証を行います。

CROでのキャリアプラン

ここからはCRO業界でのキャリアプランをご説明します。

新卒採用はCRAが大半

CROでの採用枠は臨床開発モニタリング(CRA)がほとんどです。

このためキャリアの最初はCRAからスタートします。

その後、5年かけてサブリーダーに昇格し、さらに5年かけてリーダーに昇進することが多いです。

CROでのキャリアチェンジ

会社内での異動により、CRA⇒PV、CRA⇒DMのように職種が変更する可能性もあります。

もちろん、PV⇒CRA、DM⇒CRAの逆パターンもあります。

新卒ではCRO業界に入ってキャリアを積んでいくうちに、製薬メーカーに転職するのも可能です。

新卒採用での製薬メーカーは激戦なので、まずはCROでキャリアをスタートさせるという人もいます。

>> 臨床開発職(メーカー・CRO)の違いを解説!年収や難易度とは?

CROのやりがい

医薬品業界という社会貢献度の高い業務に携われるのが魅力のひとつです。

製薬メーカーでは自社で開発する医薬品しか携われませんが、CROでは企業の縛りはなく様々な製品を扱うことができます。

最近ではCROの規模も拡大しつつあり、製薬メーカーの受託業務だけでなく、新薬開発の提案や販売戦略のコンサル業務も行っています。

このように、医薬品開発の上流から下流まで幅広く携われるのもCROで働くやりがいといえます。

CROに向いている専攻

CROでは医薬品を扱うので医学・薬学・生物学の出身者が多いです。

ですが、情報工学などの工学部出身の学生も活躍できる業界です。

というのも、CRAでは人とのコミュニケーション力が大切になりますし、DMでは情報分析力が求められます。

さらに、文献を読む力や語学力も必要になります。

これらの能力は理系全般の学生に当てはまるので、出身専攻に関係なく活躍のチャンスはあります。

生命科学は就職難?生物系は就職厳しいの?工学部バイオ系は?
生物系学科を卒業したらどんな就職先があるのかな...バイオ系学科は就職に強いのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は生物・バイオ工学系の就職事情をご紹介します。生物・バイオ工学科とはバイオテクノロジーや遺伝子工学って

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はCROの仕事内容のご紹介をしました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days