実験レポートの図は手書き?パソコン・シャーペンはあり?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活

手書きレポートは大変なの…
パソコンは使ってもいいのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は実験レポートについて手書きとパソコンの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

実験レポートは手書きorパソコン?

結論から言いますと、実験レポートの提出形式は指定されていなければどちらでもOKです。

このため、自分がやりやすい方法で作成してください。

課題やテーマによっては『手書きの方がやりやすい』『パソコンの方が早い』等の特徴があるので、先輩や友人からの情報を頼るのも大切です。

ここからは、手書きとパソコンのメリットをそれぞれご紹介します。

理系大学の実験レポートがつらい…終わらないとやばいの?
実験レポートがつらいんだけど...終わらなくてどうしよう...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は実験レポートが終わらなくてやばいという人向けの情報をご紹介します。理系大学の実験レポートは大変なの?結論から言いますと、理系大

手書きレポートのメリット

数式やグラフ、図を多用するときは手書き入力がおすすめです。

パソコン入力がやりづらい作業では、体裁を整えるために時間がかかってしまいます。

また、実験中にレポート記入をしながら進める場合には、パソコンでの清書が2度手間になるので大変かもしれません。

実験レポートの考察がわからない…成功失敗は?
学生実験のレポートはどう書くのかな...成功や失敗の考察の書き方を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は学生実験のレポートで考察の書き方をご紹介していきます。実験レポートでは考察が一番大切結論から言いますと、学生

パソコンレポートのメリット

文字入力が多い場合はパソコンでのレポート作成がおすすめです。

提出が10枚以上になりそうであればパソコンを使うようにしましょう。

手書きレポートとパソコン入力の両方はOK?

パソコン入力のレポートに一部手書きの箇所があっても大丈夫です。

グラフや図、数式などがパソコンで入力しづらければ、その箇所だけを手書きで入力してください。

適切な位置に書くことが大切なので、パソコン入力の際にはスペースを空けておきましょう。

手書きレポートの注意点

最後に手書きレポートの注意点をご説明します。

  • 余白は取れているか
  • ページ数は記載しているか
  • 誤字脱字はないか
  • 作成に時間がかかる
  • コピーを取る

余白は取れているか

手書きレポートでは余白を十分取ることが大切です。

何も考えずに書き進めてしまうとレイアウトが悪く、見づらいレポートになります。

上下左右にそれぞれ20mm程度の余白を意識して作成しましょう。

ページ数は記載しているか

レポートにはページ数の記入を忘れないようにしてください。

ページ番号が書いていないと見づらいレポートになってしまいます。

誤字脱字はないか

手書きで作成するので誤字脱字はセルフチェックが必要です。

パソコンであればWordやExcelのオートチェック機能が使えますが、手書きの場合は自分で確認するしかありません。

誤字脱字があるとレポート評価は大きく下がってしまうので、丁寧に書きましょう。

作成に時間がかかる

パソコンと比べると手書きレポート作成には時間がかかります。

図の作成など、手書きならでの作業もありますが、基本的にはパソコン入力のスピードには勝てません。

手書きの場合は、レポート提出のタイミングに遅れ無いように注意してください。

コピーを取る

レポート提出するときはコピーorスキャンしておきましょう。

というのも、手書きレポートは提出用紙が原本になるので提出後は手元に残らなくなるからです。

見返そうと思ったときに用紙が無かった…とならないように注意してください。

まとめ

今回はレポートを書くときに手書きとパソコン作成の違いをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。

2023卒、2024卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2023卒・2024卒】(2022年8月更新)|WEBテストマスター|note
※当noteは8/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法です...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

OfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!という人にもぴったりです。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をチェックしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

理系向けイベントやセミナーへ参加

限られた時間で効率良く就活したい...そんな理系大学生や院生もいるのではないでしょうか。

理系特化の就活サービス『アカリク』に会員登録すると、企業の現場技術者やエンジニア、研究者と話せる内定直結の選考イベントに参加できます。

しかも、専任コンサルタントがつくので、企業研究や自己分析などの対策にもぴったりです。

研究に忙しい理系学生だからこそ簡単に内定を獲得できる就活サービスがおすすめです。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活
理系days