レポート『はじめに』『見出し』はいらない?具体例は?

理系学生生活

レポートで『はじめに』はいるのかな…
『見出し』の書き方を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はレポートの『はじめに』『見出し』の書き方についてご紹介します。

レポートに『見出し』は必要?

結論から言いますと、レポートに『見出しは』必要です。

1,000文字以下の感想文であれば見出しは不要ですが、レポートとして提出するには『見出し』を書きましょう。

おすすめの書き方は以下のとおりです。

  • Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ:章
  • 1.2.3:節
  • (1)(2)または〔1〕〔2〕:項

『見出し』を書くとレイアウトが良くなり、レポートとしての完成度も上がります。

スマホでレポート作成から印刷まで?iPhoneやアンドロイドは?
スマホでレポート作成できるのかな...iPhoneでのレポート印刷方法を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はスマホでのレポート作成から印刷までの情報をご紹介します。スマホでレポート作成から印刷までできる?結論か

レポート『はじめに』の書き方

第1章として作成する『はじめに』の役割は、背景説明と第2章以降のつなぎです。

『はじめに』を『緒言』『序論』と表すこともありますが内容は同じです。

『はじめに』の構成内容と書き方

『はじめに』は以下の2つに分けて書いてください。

  • 背景
  • 目的

背景を作成するには文献調査を行い、分野への理解度を深めるのが大切です。

また、レポートの提出条件に文字数がある場合には、『はじめに』で文字数を稼ぐこともできます。

以下の記事で紹介しているような統計データを使うと簡単に文字数稼ぎができます。

卒論の緒言例文:序論、はじめにの書き方と具体例、文字数は?
...

まとめ

今回はレポートの『はじめに』『見出し』についてをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

理系学生生活
理系days