Webテスト

就活マイページのログイン回数:Webテストのアクセス数は影響?

企業マイページのログイン回数って大事なの…
Webテストのログイン数も影響するのかな…
マイページにいつログインしたかはバレるの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はマイページやWebテストのログイン回数の情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

企業マイページのログイン回数は見られている?

結論から言いますと、マイページへのログイン回数は企業に見られています。

というのも、企業によっては学生の志望度を判断する材料としてログイン回数を使っているからです。

興味のある会社であればマイページに何度もログインし、企業情報を調べるし、また選考結果が気になって、何度もログインするはずです。

無駄にアクセスする必要はありませんが、2日に1回程度を目安にログイン回数を稼いでください。

マイページへのアクセス数が大切な理由

マイページへのアクセス数が重要な理由を2つご説明します。

  • アクセス数は志望度に関係する
  • 積極的に情報を集める姿勢がある

アクセス数は志望度に関係するから

既にご説明したように、志望度の指標としてマイページへのアクセス数を見る企業もあります。

基本的には志望度とアクセス数は比例関係といわれています。

いくら面接で熱意がある話をしても、ログイン回数が一桁では説得力に欠けるので注意してください。

積極的に情報を集める姿勢があるから

企業のマイページには、

  • 業務内容の説明
  • 社員インタビュー
  • 説明会や面接日程

などの情報が載っています。

誰でも閲覧できる採用ページとは異なり、マイページには公開範囲を限定した貴重な情報も多数載っています。

このため、ログイン回数が多いことは、自ら積極的に情報を集める姿勢があることをの指標としても使われます。

ログイン日時は関係ある?

基本的にはアクセスしたログイン日時は関係ありません。

多くの企業ではログインした日時は見られないので、空いた時間に何度もログインして回数を増やせばOKです。

ログイン回数を稼ぐためには?

マイページへのログイン回数は多い方が好ましいですが、正直面倒な作業です。

そのようなときは、Googleのパスワード保存機能を使いましょう。

IDとパスワードを保存することで、ワンクリックでログイン可能になります。

就活のマイページや企業管理シートはエクセル?スプレッドシート?
就活のマイページの管理方法を知りたい...Excelとスプレッドシートはどちらがいいの...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はマイページやエントリー予定の企業を簡単に管理できる方法をご紹介します。Excelやスプレッドシー

WEBテストのログイン回数は影響するの?

実はWebテストの選考結果にもログイン回数は影響します。

というのも、正常にWebテストを受験できればログインは1回で終わるからです。

しかし、途中でフリーズしたり、パソコンが落ちてしまい、再受験するとログイン回数は複数カウントされます。

Webテストのログイン回数は、就活生のテスト受験状況を確認するために使用されています。

Webテストがフリーズで中断:途中で切れたらバレる?
SPIWebテストが途中で中断したけど受け直しできる...PCフリーズしたけど途中から再開できるのかな...SPIの無効な操作で接続切れた...玉手箱を途中でやめるのは大丈夫...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はマイページへのログイン回数の情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days