就活情報

就活のマイページや企業管理シートはエクセル?スプレッドシート?

就活のマイページの管理方法を知りたい…
Excelとスプレッドシートはどちらがいいの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はマイページやエントリー予定の企業を簡単に管理できる方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

Excelやスプレッドシートで管理するメリット

企業のエントリー数が増えると管理するのが大変になります。

企業毎に、

  • マイページURL
  • ログインID
  • パスワード
  • 説明会日程
  • Webテスト日程
  • 面接日程

など、複数項目のスケジュール管理が必要になるからです。

就活リストとして手帳で管理するのも良いですが、おすすめはExcelやスプレッドシートを使う方法です。

メリットは2つあります。

  • スマホでいつでも確認できる
  • オンライン保存なので紛失しない

外出先でもスケジュール管理できるのは必須ですし、紛失リスクが無いのも重要になります。

ここからは実際の使い方をご説明します。

Excelの使い方

①Excelを起動

②空白のブックを選択

③『企業名』をA1に記入

④エントリー予定の企業をA2に記入

⑤マイページのログインURLをコピー

今回は参考としてGoogleのアドレスを入力してみます。

⑥A2セルを選択して右クリック。「リンク」をクリック

⑦「アドレス」の欄にコピーしたURLを入力

⑧A2の具体的な企業名がハイパーリンク形式になるのでクリック

⑨その企業のマイページのログイン画面に移動できていればOK

⑩他の企業についても、④-⑨の手順でExcelに記入

⑪B行やC行には企業IDやログインパスワードを入力してカスタマイズ

PCで作成したExcelをスマホで閲覧するには?

PCで作成したExcelファイルをスマホで見るには、オンラインストレージに保存してください。

おすすめのサービスとしては、

  • One Drive
  • Google Drive
  • Dropbox

などが無料で使えるので便利です。

保存先をオンラインストレージにすることで、端末に関係なくファイルの閲覧が可能になります。

スプレッドシートの使い方

GoogleのスプレッドシードはExcelのWeb版のようなイメージです。

わざわざオンラインストレージに保存しなくても、PCで作成したデータをスマホから閲覧できるので便利です。

早速、スプレッドの使い方をご説明します。

Google Sheets: オンライン スプレッドシート エディタ | Google Workspace
Google Sheets を使用して、オンライン スプレッドシートを作成、編集しましょう。どのデバイスからでもリアルタイムで安全に共有してインサイトを確認できます。

①Google スプレッドシートのホーム画面に移動

②「空白」をクリックして新しいスプレッドシートを用意

③『企業名』をA1に記入

 

④エントリー予定の企業をA2に記入

⑤マイページのログインURLをコピー

⑥A2セルを選択した状態で、「挿入」タブをクリックして「リンクを挿入」をクリック

⑦コピーしたURLを入力

⑧A2の具体的な企業名がハイパーリンク形式になるのでクリック

⑨その企業のマイページのログイン画面に移動できていればOK

⑩他の企業についても、④-⑨の手順でExcelに記入

⑪B行やC行には企業IDやログインパスワードを入力してカスタマイズ

PCで作成したスプレッドシートをスマホで閲覧するには?

スマホのアプリで『Google スプレッドシート』をインストールしてください。

Googleアカウントにログインすれば、スマホのアプリでもスプレッドシートを見ることができます。

ログインIDやパスワードは『パスワード保存機能』が便利

ここまでExcelやスプレッドシートでのマイページ管理方法をご説明しました。

しかし、就活中は何度もログインするのでIDやパスワードを都度入力するのは大変です。

そんなときは、Googleの『パスワード保存機能』が便利です。

必要情報を保存するだけで、次回からは自動でIDとパスワードを入力してくれます。

便利な機能なので是非使ってみて下さい。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はマイページの管理方法としてExcelとスプレッドシートの使い方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days