理系就活

ジョブマッチング面談の結果や通過率:落ちる?合格率、早期選考は?

ジョブマッチングの合格率、フローを知りたい…
呼ばれなかったときの難易度はどれくらい…
成立後に落ちたり、辞退はありえるの…
複数取ったり、自由応募と合わせられる…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はジョブマッチングの企業一覧と合格率をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

ジョブマッチングとは?

人数が多い日系大企業では、部署毎に採用を行うジョブマッチング方式が一般的です。

メリットとしては、各部署毎に採用計画を立てられるので必要な人材をピンポイントで採用できることです。

ジョブマッチングの企業一覧

ジョブマッチングを行う企業はこちらの通りです。

  • ソニー
  • 日立製作所
  • SIE
  • JFEスチール
  • JFEエンジニアリング
  • 東芝
  • 花王
  • NSSOL
  • ニコン
  • 東京電力
  • ENEOS
  • 東京エレクトロン(TEL)
  • DIC
  • JR東海
  • NEC
  • NTTデータ
  • NTTドコモ
  • AGC
  • キオクシア
  • オムロン
  • 京セラ
  • 大成建設
  • ミネベアミツミ
  • エプソン
  • キヤノン
  • NTTフィールドテクノ
  • パナソニック
  • 三菱重工
  • ファナック
  • 九州NSソリューションズ
  • ダイキン
  • ダイハツ
  • 安川電機
  • デンソー
  • トヨタ
  • 三菱自動車
  • 富士通
  • 富士通ゼネラル
  • 日鉄ソリューションズ
  • 日揮
  • 本田技研工業(ホンダ)
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • リコー
  • ブリヂストン
  • 富士フイルム
  • 日立プラントサービス
  • 村田製作所
  • セイコーエプソン
  • 東芝
  • 三菱電機

ジョブマッチングと推薦応募(学校推薦)の違い

ジョブマッチングと推薦の違いを2点ご説明します。

選考時期

ジョブマッチングは選考時期が早いことが特徴です。

推薦を発行するタイミングではジョブマッチング面談は終わっていることが多いです。

早い時期に採用の合否が決まるので、

  • 就活時期の短縮化
  • 不合格時のリカバリー

がやりやすいことがメリットです。

部署ごとの採用

推薦は会社毎に発行されるので、部署が多い日系大企業では、どこに配属されるかは未定のまま内定をもらうことが多いです。

一方、ジョブマッチングは『○○会社の××部署』で採用するかどうかを決めます。

入社後の配属先が決まった状態で内定をもらうことになります。

ジョブマッチング面談のコツと対策方法

ジョブマッチング方式による採用の流れはこんな感じです。

  • ESや履歴書の提出
  • ジョブマッチング面談
  • 大学推薦書の提出

ESや履歴書提出後に行われる、ジョブマッチング面談とは「技術面接」のことです。

技術者が面接を行うので、研究内容に関する質問が多くなります。

研究内容に関する対策はこちらにまとめてありますので、参考にしてみてください。

研究で工夫した点/苦労したことの例/オリジナリティ:技術面接の質問
...

ジョブマッチングは落ちる?通過率は?

結論から言いますと、ジョブマッチングの合格率や通過率は研究の相性に依るところが大きいです。

研究テーマが企業の事業内容に近いと合格率は上がります。

というのも、研究内容への深堀質問が多いので、研究テーマとの関係性が大きい企業ではアピールをしやすいからです。

ジョブマッチング面談が不成立で落ちる?内々定や辞退は?
...

就活生から見たジョブマッチング採用のメリット

就活生にとってもジョブマッチングのメリットを3つご紹介します。

採用時点で勤務地が決定

部署ごとに新卒採用を行うので、勤務地が確定した上で採用試験を受けられます。

大企業の総合職採用では、入社後に日本全国に飛ばされることもよくあるので、勤務地を重視する人には最高の条件になります。

入社後に都会勤務が良かった…と思っても正直遅いので注意してください。

理系が東京/都会で就職するメリット・デメリット:勤務地選択の方法とは?
...

選考時期が早い

既に紹介しましたが、就活生にとって選考時期が早いことは強力なメリットです。

ジョブマッチングの合否は6月前に決まるので、『受かればラッキー』『不合格でも立て直しやすい』といったメリットがあります。

同じ企業の複数部署を受けることができる

ジョブマッチングでは、同じ企業の中で複数の部署を受けられることがあります。

効率良く企業研究が進むので、就活生にとっては大きなメリットといえます。

ジョブマッチング面談に呼ばれない?結果はいつ来る?

マッチング面談の結果は、通過であれば1週間以内に来ることが多いです。

即日連絡がなくても焦らずに、1週間は待ってみましょう。

1週間経過しても連絡がなければ、不合格の可能性が高いです。

とはいっても、補欠候補の場合もあるので採用担当への問い合わせはおすすめしません。

Webテスト合否連絡の結果が遅い・こない?いつ来るの? 
SPIテストの結果はいつ来るのかな...適性検査の結果は何日後かな...テストセンターの合否を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はWebテストの合否連絡の受け方と通知が遅いときの対応策をご紹介します。Webテス

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は、理系就活のジョブマッチングをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days