ジョブマッチングって成立後でも落ちるの?就活経験者が解説!
スポンサーリンク

ジョブマッチングって成立後でも落ちるの?就活経験者が解説!

理系就活生なら一度は聞いたことがある「ジョブマッチング」。

就活の選考にはジョブマッチングがあるけれど、具体的な内容って分かりづらいですよね。

とくに、「成立後に辞退可能かどうか」「複数社もらってもいいか」といった辺りは、大学側もはっきりと教えてくれないことも多く、すごく気になると思います。

「学校推薦は1社しかもらえないけど、ジョブマッチング成立は複数社もらってもいいらしい。。。」私も就活していた時には、ジョブマッチングをいまいち理解できませんでした。

今回はジョブマッチング制度について、就活生が気になる疑問を徹底検証していきます。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

ジョブマッチング制度の仕組み

経団連に所属する企業は「面接解禁日」を守らなければいけません。

とはいっても、面接解禁日の6月1日まで待っていたら、優秀な学生はバンバン内定を出して就活を終えているかもしれません。

そのため、「選考の面接ではないけれど、早い時期に採用活動を進める手段」がジョブマッチングといえます。

マッチングという響きだけを聞くと、就活生と企業の相性を見るのかなと思うかもしれませんが、普通の面接という理解で間違いありません。

なので、ジョブマッチング成立前に選考に落ちることも当然あります。

ジョブマッチングの流れ

よくある技術系採用のジョブマッチングの順番はこんな感じではないでしょうか。

  • ESや履歴書の提出
  • Webテスト
  • リクルーター面接
  • ジョブマッチング

最初のES・履歴書提出のポイントは「志望部署や部門をどこにするか」ですね。

ジョブマッチングは部署ごとに採用活動をするため、最初の選択が重要になります。

もちろん、会社説明会や他企業の選考を受けることで、自分の希望が変わったため志望部署を変更することは可能ですよ。

リクルーター面接では、大学OBの現社員とカフェなどで面談することが多いです。

リクルーターによっては、就活のアドバイスをくれる人もいますが、基本的には落とすタイプの面接と思っていたほうがいいです。

企業によってはリクルーター面接が無いこともあります。

ただ、ジョブマッチング形式の選考はメーカーでやることが多いので、採用人数が比較的大きいことも考えると、やはりリクルーター面接が多いと思います。

リクルーターが「上司に会うわせてもいいな」と判断してくれれば、ジョブマッチングを受けることができます。

ジョブマッチングはサイレントが多い

企業としては、オフィシャルな面接をしないための手段がジョブマッチングです。

なので、選考に落ちてしまった学生に「不通過メール」「お祈りメール」を送る必要はありません。

就活生もジョブマッチングはサイレントが多いことに注意してくださいね。

結果がなかなか出ずに焦ることもありますが、1週間を目途に連絡が無ければ気持ちを切り替えて他社の対策を進めましょう!

学校推薦との違い

就活生ならだれでも「ジョブマッチングと学校推薦の違い」って気になりますよね。

一言で表すと「辞退できるかどうか」です。

学校推薦では、企業・就活生の双方とも大学を通した採用活動を行うため、「辞退することは不可能」です。

一人の学生が辞退すると、所属大学に来年以降、求人が少なくなるという話も少なくないと思います。

ジョブマッチングでは、就活生個人が企業とコンタクトをとるため、「辞退することは可能」です。このため、複数企業からジョブマッチング成立をもらうことができるんですね。

ジョブマッチングから学校推薦への切り替えは注意

ただ、ジョブマッチング採用について注意してほしいことがあります。

企業からジョブマッチング成立後に「学校推薦に切り替えて欲しい」と言われたときです。

学校推薦に切り替えてしまうと、基本的に選考辞退は難しくなってしまいます。

就職するか迷っている企業の場合は、辞退できる選択肢を残すために学校推薦に変更しない方がいいと思います。

ジョブマッチング成立後でも落ちるってほんと?

結論から言うと、ジョブマッチング成立後でも選考に落ちることはあります。

実際に私の友人もジョブマッチング成立後に企業からお祈りメールをもらっていました。

では、なんで友人はジョブマッチング成立後に落ちてしまったのでしょうか。

友人が受けた企業では、ジョブマッチング成立後にも学生を拘束するようなイベントがあったそうですが、参加しなかったと言っていました。

  • 配属部署の擦り合わせ
  • ジョブマッチングが成立した学生同士の懇親会

採用面接解禁日の6月1日に懇親会があったそうですが、他社企業の面接が入っていたので断わざるを得なかったようです。

各種イベントへの不参加から志望度の低さが企業に伝わってしまい、一度はジョブマッチングが成立していましたが、しっかりと最終面接では落とされてしまったようです。

ジョブマッチング成立後といえども、企業と十分にコンタクトを取らないと選考に落ちてしますので注意してください。

まとめ

今回は理系就活で多いジョブマッチングについてご紹介しました。マッチング成立後でも落ちてしまう可能性は十分あるので、志望度が高いことをしっかりと企業に伝えて、納得のいく就活をしてくださいね。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る