理系大学院生・大学生の冬休み期間はいつから、いつまで?過ごし方のおすすめは?
スポンサーリンク

理系大学院生・大学生の冬休み期間はいつから、いつまで?過ごし方のおすすめは?

大学生 理系 院生 冬休み

今回は理系の学部3年、4年、修士1年、修士2年の冬休みの期間を紹介します。

研究だけでなく、アルバイトや帰省、テスト勉強、旅行など、おすすめな過ごし方を解説します。

暇な冬休みにしてははもったいないですよ!

スポンサーリンク

全学年共通の冬休み

冬休みを迎える前に絶対に把握してほしいのが、毎年必ず休みになる日程です。

学部3年~修士2年の学生にとって、共通の休み期間は「年末年始」と「センター試験休み」です。

この2つは必ずとれる休みなので、事前に予定を入れておいても大丈夫。

年末年始

研究室に所属しているかどうかにかかわらず、年末年始は大学が休みになります。

12月30日~1月3日くらいまで。この時期の休みは、ほとんどの学生が帰省に使っているはずです。

センター試験休み

忘れてはならないのが「センター試験休み」です。

「センター試験実施の前日」と「センター試験実施日」は、試験会場となっている大学では完全に入講禁止です。

ほとんどの大学は試験会場になってるので、この休みは有効活用したいですね。

※センター試験の日程は「1月13日以降の最初の土日」です。このため、センター試験前日は必ず金曜日となり、平日休みが手に入ります。

それでは、次に各学年ごとの冬休み期間と、おすすめの過ごし方を紹介します。

学部3年の冬休み:12月25日~1月6日

学部3年の冬休み期間は、大学の授業が休みの期間を参考にしています。

もちろん講義の日程によって多少変化はします。

中距離の旅行

冬休み期間は2週間程度しかないので、長期旅行は難しいですね。

しかも、年末年始は帰省の予定があるので、実質の冬休みは「年末の数日」か「年始の数日」となります。

長期旅行は難しいけど、1泊2日の旅行程度ならいけるはずです。

冬休みなら「温泉旅行」「スキー旅行」などがいいのでは。

アルバイト

冬休み、特に年末年始は正社員が休みになるので、学生のアルバイトは稼ぎどころです。

年賀状関係のバイトや、カウントダウンライブのバイトなど、この時期ならではのアルバイトもおすすめです。

テスト勉強

学部3年生では、卒業に必要な単位取得のために授業を取っている人がほとんどです。

冬休み明けには、すぐ試験期間が始まります。

年末からずっと勉強する必要はもちろんありませんが、年始に数日程度はテスト勉強したほうがいいかもしれません。

学部4年の冬休み:ほとんどない

残念ながら学部4年生の冬休みはほとんどありませ

おそらく、卒業研究を完成させるために必死に研究をしている時期です。

卒論発表が3月の大学では、時間的な余裕はありますが、院試勉強をしていた学部生はほとんど研究が進んでいないはずです。

冬休み期間にがっつり研究を進めておけば、年明け以降の卒論作成時期が楽に過ごせるはずです。

修士1年の冬休み:就活次第

修士1年の場合、「冬のインターンシップ」「中間発表」があるかどうかで冬休みの忙しさが変わってきます。

冬インターンシップ

ここ数年で実施する企業が多くなったのが、冬インターンシップです。

夏と比較して数日~数週間と短期間ですが、就活開始時期が近いため、学生のレベルも高く選考突破は難しいです。

冬インターンシップにも参加するメリットはたくさんあるはずなので、エントリーすることをおすすめします。

中間発表

大学・専攻によっては、1月中旬に「修士の中間発表」が実施されます。

その場合には、冬休み期間にデータの取得・解析まで終わらせておくことが求められるので、かなり忙しくなるはずです。

年明け以降は、スライド作成やポスター作成に時間を取られていしまいます。

修士2年の冬休み:ほとんどない

修士2年の場合、学部4年生と同様に、残念ながら冬休みはほとんどありません。

むしろ年末年始に数日程度あればよい方かも。

修論発表や修論提出は、早くて1月下旬、遅くて2月中旬なので、冬休みが終わったら修論作成のラストスパートの時期になります。

かなり研究の進捗が出ていて、余裕がある学生以外、修士2年の冬休みを満喫するのは難しいかもしれません。

学生のうちにお金に関する知識は身に付けることがおすすめ!

社会人になると、「住民税」「所得税」「社会保険」等の各種税金を支払う必要があります。

在学中は家族が代わりに払っていることが多いのではないでしょうか。

新入社員は思ったよりも、手取り給料が少ないです。

お金が少ない時期でもしっかり貯金できるように、今のうちから知識を深めましょう!

1.マネーリテラシーを学ぶには「お金の教養講座」がおすすめ!

お金に関する知識を学ぶには、どのような方法があるのでしょうか。すぐに思いつくのは本・インターネットを使うことですね。

ただ一番効率が良いのは「人から直接教えてもらう方法」ではないでしょうか。

例えば、高校や大学のテスト勉強でも、1人で取り組んでいたら全然わからないけど、友達や先生に聞いたらすぐに理解できたという経験があるはず。今回もそれと同じです。

ただ「お金に関する話をすることはタブー」といった風潮があるのも現実です。

「お金に執着していると思われたくない」
「いつも金儲けのことを考えていると思われたくない」

そういった方におすすめなのが、無料で学べる「お金の教養講座 」です。

2.勉強感覚で仮想通貨に取り組んでみる

最近何かと話題の仮想通貨。

大学生で時間が十分に取れる場合、相当な利益を上げられます。

株や証券とは違い、リスクは大きいですが、それだけリターンも大きいのが事実。

仮想通貨に挑戦することは、就活にも役立つので早い時期から始めることがおすすめです。

まとめ

今回は理系学部生と理系大学院生の冬休み期間と、過ごし方を紹介しました。冬休みは期間も短く、卒論・修論など、やることが多い時期なので、春休み・夏休みと比べると物足りないかもしれません。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る