Webテスト

SPI性格検査・WEBテスティングの性格テストとは?

WEBテスティングの性格テストを知りたい…
適性検査の通過率をあげたいんだけど…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWEBテスティングの性格テストの対策方法をご紹介していきます。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

SPI/WEBテスティングの性格検査とは?

WEBテスティングの性格検査は、企業の風土や仕事内容に就活生がどの程度マッチしているかを判断するための検査です。

以下、3つの項目で診断されます。

性格特徴

就活生の性格にどのような傾向があるのかを『行動』『意欲』『情緒』『社会関係』の4つの観点で診断します。

職務適応性

たとえば『研究職』『開発職』など、さまざまな特徴をもつ職務に対して、就活生がどの程度適しているかを診断します。

組織適応性

『日系企業』『外資系企業』など、さまざまな組織風土に対して、就活生がどの程度適しているかを診断します。

https://shukatsu2017.com/arorua-webtesting

性格検査の構成

WEBテスティングの性格検査は3部構成になります。

各試験の科目と問題数、制限時間は下表のとおりです。

テスト 問題数 制限時間
第1部 90問 12分
第2部 130問 13分
第3部 70問 11分

性格検査でどのよう質問が出題されるかをご説明していきます。

性格検査第1部

第1部は、日常の行動や考え方がAとBの質問文のどちらにより近いかを選択する形式です。

性格検査第2部

第2部は、質問の内容が日常の行動や考え方にどの程度当てはまるかを選択する形式です。

選択肢の幅は4段階です。

性格検査第3部

第3部は、第1部と同じくAとBの質問のどちらにより近いかを回答する形式です。

WEBテスティング性格テストの解答方法

ここからはWEBテスティングの性格テストを受験するときの攻略方法を2つご紹介します。

全問回答がベスト

WEBテスティングの性格テストは制限時間が設けられています。

質問が多く、回答が間に合わないこともあるかもしれませんが、必ず全問回答するように心がけましょう。

性格テストは全問回答されることを想定して作成しています。未回答が多いと正しい診断結果が出ない可能性もあります。

また、設問毎の制限時間にも気を付けてください。制限時間を過ぎてしまうと、未回答の質問が残っていても自動で画面が切り替わります。

画面内に表示される制限時間を気にしながらも、性格テストは悩まずに感覚で選ぶのが良いです。

欲しい人材を考える

採用したい人物像は企業ごと、職種ごとに決まっています。インターンやOB訪問、企業研究を通してどのような人物を求めているかを考えてみてください。

性格テストの診断結果を基に就活生の行動特性を評価、自社にマッチするかどうか、入社後に活躍できるかが診断されます。

志望企業や職種がきまっていない学生はWEBテストの性格検査を通して、適職を探すのも有効だと思います。

性格テストの回答方法と尺度

性格検査の質問文と尺度

性格検査の質問文は尺度に基づいて出題されます。

尺度とは就活生の性格特性を測定するための基準のことです。診断する性格傾向について当てはまるときは尺度が高くなり、当てはまらないときは尺度が低くなります。

大切なのは1つの尺度を測るための質問文は複数あることです。

性格検査だからといって適当に回答していると、同じ尺度を測定しているのに逆の結果が出てしまい、不合格になる可能性すらあります。

回答するときにはこの質問文が何の尺度を測るものなのかを意識するのが大切です。

尺度に関する理解を深めてもらうために、第1部と第3部、第2部での尺度の測定方法の違いをご説明します。

第1部と第3部

性格検査の第1部と第3部では、尺度を測定する質問が左右で組になって出題されます。

例えば『内向的な性格である』⇔『社交的な性格である』という感じです。

4つの選択肢から1つを選択することで、質問文に関する尺度の高低が診断できます。

第2部

性格検査の第2部では、1つの質問文に対して以下4つの選択肢から回答します。

  • あてはまらない
  • どちらかといえばあてはまらない
  • どちらかといえばあてはまる
  • あてはまる

『あてはまる』『どちらかといえばあてはまらない』を選べば、質問文との尺度は低くなります。

逆に、『どちらかといえばあてはまる』『あてはまる』を選択すれあ、質問文との尺度は高くなります。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はWEBテスティング性格テストの対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。事前準備をしておけばテスト中に焦る心配もなくなります。参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days