マイナビ・リクナビの違いとは?2020卒必見のオススメ就活サイト6選!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活サイト 比較 おすすめ 一覧 まとめ 就活ツール

就活を始める時には、「マイナビ」「リクナビ」など、どの就活サイトに登録するべきか悩みますよね。

今回は、私自身が実際に使用した就活サイトを比較しましたので、おすすめ一覧をまとめてみます。

スポンサーリンク

おすすめ就活サイト一覧

就活では、主に6つのサイトを使いました。それぞれのサイトにはメリット・デメリットがあったので、1つずつ紹介しますね。

マイナビ

就活生ならだれもが知っている「マイナビ」。わたしも就活のメインサイトとして使いました。「マイナビ」の特徴は以下の3つです。

  • 掲載企業数が多い
  • 情報更新のスピード早い
  • 検索項目が充実している

就活情報の更新が早く、使い勝手も良い就活サイトなので一番のおすすめです。私自身は「新着情報のみ表示」にチェックを入れて週に数回見ていました。

リクナビ

「マイナビ」と同じくらい有名な「リクナビ」です。

登録はしていましたが、ほとんど使用しませんでした理由は、マイナビの方が圧倒的に使いやすかったからです。そんな、リクナビですが会員登録はした方がよいかと。

それは、「リクナビしか掲載がない企業」があるからです。「リクルート系の企業」「旭硝子」「コスモ石油」など。

企業名については、私の知っている限りですが。テストセンターの練習(踏み台)のためにも、リクルート系企業のマイページは作っておいて損はありません。

外資就活ドットコム

外資系投資銀行、外資系コンサル、総合商社などを目指す学生におすすめな就活サイトです。

「過去の選考フロー」や「面接・ES内容」の情報が見れます。ただし、掲載企業数が圧倒的に少ないのが欠点。サイトの使いやすさ・更新頻度も低めです。

また、自分の受けた企業の選考情報を提供することで報酬がもらえます。企業名によって報酬額は違いますが、高額な企業では5000円程度です。

理系ナビ

理系学生に限らず、文系学生も登録することをおすすめします。「理系ナビ」のメリットは2つあります。

  • セミナーが充実している
  • 理系ナビが無料でもらえる。しかも郵送で。

「ESの書き方」や「グループディスカッション」の講座もありますが、おすすめは「業界理解のためのセミナー」です。

超効率的に業界研究ができます。わたしも「IT業界」「理系向け金融セミナー」に参加したおかげで、幅広い視野を持って就活することができました。

「理系ナビ」は年4回発行の就活雑誌です。定価は数百円程度ですが自宅まで無料で郵送してくれるので、是非会員登録しちゃいましょう。

Goodfind

「グループディスカッション」「ベンチャー企業の選考」「就活に必要な経済情報」等のセミナーをGoodfindのオフィスで受けることができます(もちろん無料)。

おすすめは、「グループディスカッション」対策講座です。初対面の人同士で、3時間程度グループディスカッションに取り組みます。初参加時は緊張しますが、「就活のグルディスで落ちるよりはまし」と思って、トレーニングしてみてはどうでしょうか。

Goodfindのセミナーに参加している学生は、レベルが高い人(就活に熱心な人)が多いので、情報交換する場としても有効です。

ネクスベル

超おすすめの就活支援サイトです。選抜試験を通過した学生だけが、会員になることができます。試験を課しているだけあって、会員学生のレベルは非常に高いです。

学生ごとに「メンター」が付き、「就活の軸の決め方」「自己分析」「就活の選考対策」などをサポートしてくれます。ただし、登録人数に限りがあるため、一度満員になるとしばらくの間は新規会員の募集をしていないこともあります。

就活サイトは厳選して登録すべき

就活サイトは無数にあるので、とりあえず全てに登録しておこうと思うかもしれませんが、そのやり方は絶対におすすめしません。

複数のサイトでマイページを作るとトラブルになることも

例えば、A社が「マイナビ」「リクナビ」両方に掲載されているとき。学生が、「マイナビ」「リクナビ」の2つを使って手続きをしてまうと、A社のマイページを2つ作ってしまうことになります。マイページは1つしか作れないので、削除するという面倒が生じてしまいます。

就活サイトで適当にマイページを作ってしまうと、後々トラブルになります。トラブルに巻き込まれないために、わたしがおすすめする方法があります。

  • メインの就活サイトを決める
  • メインの就活サイトで求人が来ているかを確認
  • 求人があれば、必ずメインのサイトを通してマイページを作る
  • 求人がないときのみ、別の就活サイトでマイページを作る

この方法を使えば、重複したマイページは存在しません。ちなみに、わたしは「マイナビをメインサイト」にして就活をしました。

電話営業の回数が多い

就活サイトに登録するときには、電話番号も登録します。つまり、就活サイトへの登録数が多い学生は、それだけ「電話営業」が多くかかってきます。就活中は、企業からの結果連絡で電話が多くかかってくるので、それ以外の電話連絡はなるべく避けたいですよね。

まとめ

今回は、就活サイトを比較したことから見えてきた、メリット・デメリットをふまえておすすめ一覧を紹介しました。自分に合った、使いやすい就活サイトを探して、効率良く就活を進めてみてください。

参考 無料就活ツール【unistyle】とは:内定者ES・選考情報・就活コラムが見放題!

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2020卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年8月更新)|就活研究所|note
※当noteは8/31より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法で...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活ツール
理系days