Webテスト

SCOAの45分・60分・100分・105の時間が足りない?時間配分は?

SCOAの試験時間を知りたい…
テスト時間は45分でいいのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はSCOAテストに関して試験時間とテスト構成をご紹介していきます。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

SCOAの試験科目

SCOAの試験科目は以下の5科目があります。

  • 言語
  • 数理
  • 論理
  • 英語
  • 常識

どの科目を受験するかは企業が定める試験時間によって異なります。

SCOAは同じ問題?サイコロの難易度とコツ、数的数理は数学?
SCOAの数理と論理の対策方法を知りたい...SCOAの時間が足りないんだけど...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はSCOAの『数理』『論理』の2科目の出題分野と対策方法をご紹介していきます。SCOAの試験科目まずはSC

SCOA 45分70問のテスト構成

45分のテストでは『言語+数理+論理』が出題されます。

解答するときには科目毎の制限時間は決められておらず、3科目トータルで45分以内に終わればOKです。

また、出題される問題70問の構成は以下のとおりです。

  • 言語:20問
  • 数理:25問
  • 論理:25問

SCOA 60分のテスト構成

60分のテストでは『言語+数理+論理+英語+常識』が出題されます。

先程ご紹介した45分のテスト同様に、科目毎の制限時間は決められていません。

SCOA 65分のテスト構成

新卒採用で基本的に受験するのはSCOA-Aと呼ばれるタイプになります。

一方、派生型のテストとしてSCOA-Fというテストもあります。

SCOA-Aとの違いは科目毎に時間を区切って実施されることです。

  • 言語:20分
  • 数理:15分
  • 論理:15分
  • 英語:15分

4科目トータルの制限時間は65分になります。

SCOA 100分のテスト構成

試験時間が100分の場合は、SCOA-Fの能力検査65分+性格検査35分になります。

SCOAテストは出題タイプが数種類ありますが、性格テストは共通です。

SCOA 105分のテスト構成

105分の試験時間ではSCOA-A+性格検査が出題されます。

科目の内訳はこちらのとおりです。

  • SCOA-Aの5科目:60分
  • 性格検査:30分

合計は95分ですが、試験案内には操作時間も含めて105分の表示がされるので注意してください。

SCOA専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでSCOAに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はSCOAテストの試験時間によるテスト構成の違いをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days