LabBaseスカウトサイトの評判:内定もらえる?使い方を解説!

スポンサーリンク
就活ツール

LabBaseってどんな就活ツールなの…
逆求人サイトの使い方を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は理系向けスカウトサイトLabBaseのメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

理系専用逆求人サイトLabBaseとは?

スカウト型の逆求人サイト

LabBaseとは理系学生向けスカウト型の逆求人サイトです。

リクナビやマイナビでは学生が企業に応募し、採用選考がスタートします。

スカウト型の求人サイトでは、逆の流れで企業が学生を選ぶことで選考が始まります。

LabBaseのおすすめポイント

理系学生がLabBaseを使うメリットを4つご紹介します。

スカウト形式なので内定確率もアップ

まずは、スカウト形式の採用方法になるため、企業からオファーが来た時点でプラス評価からのスタートになります。

LabBaseに登録したプロフィールが採用担当の目に留まり、『興味があるため詳しく聞かせて下さい』という流れから始まります。

企業によっては面接回数免除やOB訪問をセッティングしてくれる等のメリットもあります。

ただし、理系専用の逆求人サイトなので高い専門性を持つことが大切になります。

院生で学会発表や論文執筆の経験があれば高評価になりますが、学部生の人は専門性のアピールが難しくスカウトも来ない傾向が高いです。

登録企業が大手含め多数

LabBaseに登録している企業は大手含めて多数あります。

新しい就活方式になるためIT業界を中心に少しずつ登録企業が増えている状況です。

金融業界の登録もありますが、純粋な営業職といよりはシステムやWEB担当の職種が対象になります。

理系就活必見!生産技術・設計・研究開発職の仕事内容の違いとは?
...

料金はもちろん無料

学生がLabBaseを利用するのはもちろん無料です。

履歴書やES内容の作成が完了すれば、オファーが来るのを待つだけです。

アマゾンギフトがもらえる

LabBaseでは友達紹介キャンペーンを実施中です。

M1学生が新規で会員登録を行うと、紹介した人+本人のそれぞれがAmazonnギフト券1500円をもらえます。

スカウト型サイトとしても有益な就活ツールなのに、アマギフまで貰えるのであれば登録しないないなんてもったいないですよ。

https://shukatsu2017.com/labbaseama

LabBaseの使い方

ここからはLabBaseの使用方法をご紹介します。

アカウント作成

まずは新規でアカウント作成が必要になります。

トップページ左上の『新規登録』ボタンをクリックしてください。

メールアドレスとパスワードを入力すれば新規登録完了です。

プロフィール作成・写真掲載

会員登録が完了したら、プロフィール編集を行ってください。

履歴書やESの内容が中心になるため、新しく検討が必要な事項はほとんどありません。

また、マイページ上の顔写真も忘れずに編集してください。

企業の採用担当はプロフィールのチェックだけでオファーするかを判断しています。

他の学生と差別化するためにもプロフィール欄は丁寧に記入するのがおすすめです。

企業からの連絡を待つだけ

プロフィール作成が完了したら、企業からの連絡を待つだけです。

早ければ数日以内にオファーの連絡がくるかもしれません。

企業とコンタクトを取った後は、面接に進むという流れが一番多いです。

その他には、OB訪問や少人数インターンに参加というパターンもあります。

情報更新はログインして頻繁に行うのが大切

LabBaseの情報更新は頻繁に行うようにして下さい。

古い情報が採用担当に伝わるとミスマッチにつながる可能性もあります。

LabBaseが向いている人

理系学生向けの逆求人サイトですが、以下の人には特におすすめです。

  • 修士学生で研究経験が豊富
  • 将来も理系職で働きたい
  • 企業研究がめんどくさいと思っている

プロフィールには研究内容の記載欄もあるため、研究がある程度進んでいないと作成が難しいと思います。

採用担当もプロフィールをチェックしてスカウトするかを検討するため、研究内容が充実していないとオファーが来る可能性も下がります。

また、プログラマーーやエンジニア、研究職等の理系分野で働きたい学生には向いていますが、文系就職希望の方にはメリットはありません。

LabBaseには理系企業しか登録されていないので、オファーされることもないと思います。

LabBaseのイマイチなポイント

理系専用の就活ツール

LabBaseが向いている人でも紹介しましたが、理系学生の中でも研究が進んでいる修士学生向きのツールです。

文系学生は志望職種的にもマッチしませんし、学部生では研究経験があまりないため評価されにくいという印象です。

受け身になってしまう

逆求人型のスカウトサイトのデメリットは、企業からのオファーが無いと先に進めないということです。

このため、自分から積極的に就活を進めたいという学生にとっては受け身になるため使いづらいかもしれません。

リクナビやマイナビ等の通常の就活サイトも使いつつ、LabBaseをサブで利用するといった使い方が良いと思います。

スマホアプリに対応していない

LabBaseは便利な就活ツールですが、アプリがリリースされていないのが残念な点です。

ですが、ブラウザ上でアプリ化する方法を利用すれば、使い勝手も良くなります。

詳細はこちらの記事でまとめています。

LabBaseアプリはある?スマホでの使い方をご紹介
LabBaseのアプリってあるのかな...スマホでの使い方を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はLabBaseのアプリに関する情報をご紹介します。逆求人スカウトツール『LabBase』LabBaseは理系学生向

まとめ

今回は理系向けスカウトサイトLabBaseの使い方とメリットをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2022卒】(2020年11月更新)|就活研究所|note
【現在取扱停止中】 改訂版作成のため、現在取扱を中止しております。 お支払い頂いても商品の閲覧はできませんのでご注意ください。 ※当noteは12/1より再度お取扱予定です。 =============================== 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策して...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活ツール
理系days