理系就活

生産技術・設計・研究開発はどっち?違いや就職難易度は?

設計と生産技術はどっちがいいかな..
メーカー研究職の難易度は高いの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は『生産技術』『設計』『研究開発』の仕事内容の違い、就職難易度をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

研究開発・設計・生産技術はどっち?

理系就活の王道職種には、『研究開発』『設計』『生産技術』があります。

まずは3つの職種の違いをご紹介します。

研究開発職

理系職種の花形です。「メーカーで働いています!」といえば、研究開発職をイメージする人も多いのではないでしょうか。

仕事内容は大学での研究活動に似ていて基礎研究が中心になります。

所属部署や上司が研究テーマを決めて、日々実験やシミュレーションを行い、結果が出たら分析および考察を行います。

そして研究内容がまとまったら、学会参加や論文投稿を行い、成果を世の中に発表します。

企業によっては、研究職と開発職が別担当のこともあります。

開発職の主業務は、研究職がまとめた基礎研究の結果を踏まえて、製品化への応用を検討することです。

設計職

設計職の仕事は、研究開発で得た知見をもとに、商品の企画、設計、量産化を行うことです。

設計を進める上では、多くの関係者と調整しながら、期限が決まっている仕事を処理することが求められます。

想定される関係者は以下の通りです。

  • 研究開発部門
  • 商品企画部門
  • 営業部門
  • 営業先のお客さん
  • 他企業の設計部門

関係者が多い中で仕事をするため、板挟みになり苦労する場面もあります。

また、新商品の発売では期日が決まった仕事が多く、スケジュール管理力が重要になります。

生産技術職

プラントエンジニアリングとも言われるのが『生産技術職』です。

地図に残るような大きい仕事をしたい!という熱い気持ちの学生にとっては魅力的な職種です。

生産技術職の主な業務はこんな感じです。

  • 工場の日々の運用・保守管理
  • 生産設備の大規模な改修工事
  • 新規生産ラインの立ち上げ
  • 工場の新設・撤去

生産ラインを持つ工場では、製品の安定供給が重要になります。

例えば、工場でトラブルが発生した際に、どれだけ早く復旧させるかが腕の見せ所です。

生産コストが安い海外に工場を建てることが多く、グローバルに活躍したい、海外出張をしたい方にはおすすめの職種です。

大学・大学院の専攻別の就職難易度の違いとは?

ここまで「研究開発職」「設計職」「生産技術職」の仕事内容を紹介しました。

ここからは、大学で学んだ内容をどのように仕事に活かせるかを専攻別に説明します。

機械系・電気系

「機電系」といわれ、メーカーでの就活では引く手あまたの専攻になります。

生産技術職を目指す場合には、以下のメーカーへの就職が多いです。

  • 機械メーカー
  • 重電メーカー
  • 弱電メーカー

トヨタ、三菱重工、日立製作所、キヤノンなど、知名度が高い企業も多く就職難易度は高いです。

競争を避けるためには、化学メーカーの生産技術職を検討してはどうでしょうか。

  • 旭化成
  • 信越化学
  • 三菱化学
  • 住友化学

など、大手企業で福利厚生も充実していますが、機電系学生の就職倍率はそれほど高くはありません。

工場を稼働するには機電系の知識と経験は必須なので、化学メーカーでも活躍場所は多いです。

また、機電系の学生が設計職、研究開発職を狙う場合には、専攻に沿った形で機械メーカー、重電メーカー、弱電メーカーの選考を受けるのがおすすめです。

機械工学科の就職先ランキング:工学部就職最強のおすすめは?
機械工学科って就職強いのかな...機械系の就職穴場を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。工学部は就職しやすい学部と言われています。その中でも機械工学科は就活最強の学科になります。今回は、進路に悩む大学生、志望大学を選

化学系

大学・大学院での専攻が化学系の場合、「生産技術職」「設計職」「研究開発職」に関わらず、就職するのは化学メーカーが多いです。

機電系と比べて、研究開発職の割合が多く生産技術として活躍する人は少ないイメージです。

プラントエンジニアリング業界へ就職する場合は、施工管理や現地試運転の立ち合いといった業務が中心になります。

化学工学は就職に強い?年収ランキング・就職先・職種は?
化学工学を卒業するとどんな仕事ができるのかな...化学工学卒業生の就職先を知りたい...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は化学工学専攻の就活事情をご紹介します。化学工学とは一般的な研究のイメージといえば、未知の領域に対する

勤務時間の違いとは?

ここからは、「研究開発職」「設計職」「生産技術職」それぞれの働き方の違いをご紹介します。

就職する際には、仕事内容はもちろんですが、残業時間、休みの取りやすさも検討するのがおすすめです。

研究開発職

研究開発職は目先の結果にとらわれずに、失敗にもめげない強い精神を持つ人が向いています。

基礎研究や製品化が業務内容になるので、すぐに結果が出ないことがほとんどです。

テーマによっては、何十年先の新規事業に向けた研究を行います。

数十年後の新規事業に向けた基礎研究を行うため、納期に追われるような生活を繰り返すことは少ないです。

ただし、論文作成や学会発表前は、相当忙しくなるので覚悟が必要です。

働き方としては、目の前の業務に日々終われることは少ないですが、結果が出ずに先が見えない不安は常にあります。

研究職は楽観的、よく言えばポジティブに考えられる人向きです。

仕事中は「失敗して当たり前。過去の失敗をどう活かすが大切。」くらいの気持ちで取り組む姿勢が大切です。

生産技術

生産技術職は他職種とくらべて残業時間が短いです。

工場や生産設備の運用保守を担当するため、目立ったトラブルが無ければ定時退社もできます。

ただ、問題が発生した時には処理するまで帰ることができず、深夜まで残業が続きます。

古い工場ではトラブルが頻発するため、恒常的な残業が発生しがちです。

工場は土日関係なく稼働するため、休日出勤も想定しておく必要があります。

設計

設計職はたくさんの関係者と調整しながら業務を遂行するため、研究職と生産技術職の板挟みになりながら仕事を進めます。

そのため、自分だけの都合で業務を進めることは難しく、相手の都合に合わせていると結果的に残業が多くなりがちです。

ただし、不確実なトラブル対応などは少ないため、急な休日出勤は少ないです。

勤務地の違い

各職種が配属される勤務地は以下の通りです。

  • 生産技術職:地方工場
  • 研究職・設計職:地方工場、都内勤務

生産技術職は田舎の地方工場で働くことが多いです。

研究職・設計職は都内に研究所を持っている企業であれば都会勤務も可能です。

ただし、部署によっては地方工場配属の可能性もあるので注意してください。

https://shukatsu2017.com/zenkokten

理系出身が地方行くと大変…

勤務地については、入社前から「転勤の有無」「地方配属の可能性」を理解するのが大切です。

覚悟しないまま地方勤務になると想像以上に苦労してしまいます。

地方勤務の大変な場面を2つご紹介します。

理系が東京/都会で就職するメリット・デメリット:勤務地選択の方法とは?
...

娯楽・出会いが少ない

学生時代を都会で過ごした人は、まず娯楽の少なさにビックリします。

  • 居酒屋が少なすぎていつも同じ店を使う
  • 休日に出かける場所がない

休日ライフも満喫したい人には田舎勤務はおすすめできません。

また、異性との出会いの場が少ないことも知っておいたほうがいいです。

車が必要なため数百万円の出費

地方工場や研究所はアクセスの悪い場所にあるので車通勤が必須です。

新社会人が車を買うための数百万円の出費は相当痛手になります。

車好きであれば問題ないですが、通勤手段に数百万円を費やすのは正直厳しいと思います。

研究・生産技術・設計の採用人数について

採用人数としては、研究職は少なく、生産技術職・設計職は多めに採用することが多いです。

というのも、研究職の業務は将来投資なので積極的に新卒採用を行うのは稀です。

大学での研究と同分野に進む学生、分野は違っていても論文投稿や学会発表で研究成果を残した学生向きです。

設計職は製品や部門ごとに採用する企業もあり、業務範囲が広いことから比較的採用人数は多いです。

生産技術職の採用人数は研究職と設計職の中間くらいです。

実際の現場監督は高専卒や専門卒の社員が担当するので、大卒・院卒社員は管理するポジションということもあります。

入社後に必要な資格について

資格所持者でないと業務に携われない場合には、入社後に資格を取得する必要があります。

『研究職』『設計職』『生産技術職』に必要な資格をご説明していきます。

研究職に必要な資格

研究職では学歴が非常に大切です。

大企業では修士の学歴が最低ラインと言われており、博士卒の学生と競って就職するのが現実です。

もちろん、論文投稿や国際学会での発表経験、TOEICスコアなども重視されます。

設計職に必要な資格

設計職では製図経験があるかが重要です。

大学での講義や研究活動でCADを使ったことがある就活生は積極的にアピールしましょう。

生産技術職に必要な資格

生産技術職は入社前に必要な資格はありませんが、入社後は業務に携わるために資格を取らなければいけません。

例えば、ガスを扱うための資格、石油を扱うための資格、電気を扱うための資格などです。

しかも1級・2級・3級などに分かれていることもあり、数年計画で取得する必要があります。

このため、生産技術職志望の学生は、勉強好きな方が向いています。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

就職後はどんな職種にするか悩んでいる学生向けの記事を書きました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days