Webテスト

CBTSテストセンター:60分/70分/85分/90分/100分/120は?

CBTSとSPI時間の違いを知りたい…
SCOA45分/90ではどんな問題が出題されるのかな…
CBTS適性検査20分の出題傾向を知りたい…
CBTSテストセンターは使い回しできるの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はCBTSテストセンターの制限時間や使い回しについてご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

CBTSのテストセンターとは?

CBTとはComputer Based Testingの略です。

問題用紙やマークシートなどの紙を使わず、指定された専用会場に移動した後、パソコンでテストを受験します。

従来のペーパー受験型のテストはPBT(Paper Based Testing)と呼ばれています。

CBTS社のWebテストとは?

CBTS社(cbt-solutions)はCBT型のWebテストを受験するのに必要なサービスを提供しています。

なので、出題される形式はCBTS社を利用する企業によって異なります。

  • A社はCBTSのサービスを利用して『SPI』タイプを出題
  • B社はCBTSのサービスを利用して『SCOA』タイプを出題

こんなパターンも十分考えられます。

CBTSテストセンターの中でも『SCOA』は実施時間が複数あるので注意してください。

ここからは『SCOA』のテスト時間についてご説明します。

SCOA例題と答え:誤謬率や足切り,企業一覧の解答集は?
テストセンターでSPIとは違うのが出たんだけど...SCOAってどんな試験なのかな...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。SCOAはテストセンターの一種ですが、SPIとは制限時間・出題範囲も異なります。過去には三菱電機でも出題実績があります。SPIとの大きな違いとしてはSCOAでは『理科』『社...

CBTSテストセンター:20分

SCOA-iは20分で50問に回答します。

他のSCOAと比べると制限時間が短く設定されていて、短時間での回答が求められます。

詳細はこちらの記事でまとめています。

SCOA-iの20分/25分:問題と対策は?空間把握力とは?
SCOA-iの試験時間を知りたい...テスト時間は20分でいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はSCOA-iに関して試験時間とテスト構成をご紹介していきます。SCOA-iの試験科目とは?SCOA-iは基礎能力を

CBTSテストセンター:45分

SCOA45分のテストでは『言語+数理+論理』が出題されます。

科目毎の制限時間はないので、3科目トータルで45分以内に終わればOKです。

また、出題される問題70問の構成は以下のとおりです。

  • 言語:20問
  • 数理:25問
  • 論理:25問

CBTSテストセンター:60分

60分のテストでは『言語+数理+論理+英語+常識』が出題されます。

先程ご紹介した45分のテスト同様に、科目毎の制限時間は決められていません。

CBTSテストセンター:90分

試験案内のメールには所要時間90分と書かれていることがあります。

これは、操作説明や練習問題を含めての時間が90分であり、問題の回答時間は60分と同じです。

上述した『言語+数理+論理+英語+常識』の対策をすればOKです。

CBTSテストセンター:85分

試験時間が85分の場合は、SCOA-Cの能力検査50分+性格検査35分になります。

SCOA-Cは事務処理向けのテストです。

CBTSテストセンター:100分

試験時間が100分の場合は、SCOA-Fの能力検査65分+性格検査35分になります。

SCOA-Fは1科目ずつを精密に測定するテストで、能力検査の科目と制限時間は以下の通りです。

  • 言語:20分
  • 数理:15分
  • 論理:15分
  • 英語:15分

CBTSテストセンター:120分

公務員の適性検査ではSCOA120分で、能力テスト+性格テストが実施されます。

制限時間60分で5科目120問を回答するため、1問あたり30秒しか持ち時間はありません。

  • 言語
  • 数理
  • 論理
  • 英語
  • 常識

時間に余裕が無いテストなので、事前に出題情報や対策を立てるのが重要です。

テストセンター専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでテストセンターに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

CBTSのテストセンターは使い回しできる?

結論から言いますと、CBTSテストセンターでSCOAは使い回し不可です。

このため、受験する度にテストを受ける必要があります。

一方、以下のテストセンターは使い回しOKなパターンです。

  • SPIテストセンター
  • C-GAB
  • ヒューマネージ社のテストセンター

本命企業の前に何度も練習受験を行い、ベストスコアを早めに取りましょう。

まとめ

今回はCBTSテストセンターの制限時間についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days