就活情報

随時募集,随時採用は新卒受かりやすい?随時求人の意味は?

随時募集って通年採用のことかな…
随時採用をしている企業は危険なの…
新卒は常時募集で受かりやすい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は新卒就活の『随時募集』『随時採用』に関する情報をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

随時募集・随時採用の意味とは?

新卒就活で随時募集をしている場合、働くタイミングは2つあります。

  • 今すぐに働ける人を募集
  • 4月1日から働ける人を募集

企業によって随時募集の意味合いは異なりますので、採用担当に問い合わせをしてみてください。

随時募集を掲載している企業とは?

経団連の就活スケジュールに合わせて採用を行う企業が多いですが、随時募集を実施している企業もあります。

どんな企業があるのでしょうか。2つご紹介します。

通年採用を実施している企業

採用方針を通年採用としている企業では随時募集を行っています。

優秀な人物であれば年齢・タイミングを問わずに、入社してもらうというが通年採用の意味合いです。

通年採用を実施している企業リストを一覧にまとめました。

  • ネスレ
  • KDDI
  • ソフトバンク
  • メルカリ
  • リクルート
  • サイバーエージェント
  • ヤフー
  • ソニー

元々は一括採用の方針だった企業が通年採用に切り替えることも多く、通年採用の企業数はどんどん増えると思います。

世界一の隠れBtoB(ホワイト企業)リスト:平均年収はどれくらい?
隠れB to B企業を知りたい...平均年収ってどれくらいなのかな...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は知名度は低いけれど世界一のB to B企業と平均年収をご紹介していきます。B to B企業をおすすめす

常時人手不足のために募集している企業

随時募集を掲載している理由としては、常に人手不足のために人員補充が必要な企業もあります。

人が集まりにくい業界や、雇用してもすぐに辞めてしまう場合は、常時人手不足になってしまいます。

新卒就活の随時募集は危険なのか?

人手不足の企業は危険かも

随時募集の理由が人手不足の場合、新卒就活で入社するのはおすすめしません。

なぜなら随時募集で人が集まってもすぐに辞めている可能性が高いからです。

理由は様々考えられますが、

  • 働く環境が整っていない
  • 理不尽な上司
  • ブラック企業

など、新卒就活で入社するには危険な要素が考えられます。

通年採用の企業は問題ないが採用条件は厳しい

通年採用を実施している企業であれば、随時募集でも問題ありません。

ですが、インターンに参加して高評価をもらった後に、採用ステップに案内されることも多く、いきなり書類を送付しても対応してくれないかもしれません。

また、通年採用企業はライバルが多く、採用される条件が厳しいというデメリットもあります。

一括採用では卒業年度が同じ学生だけがライバルですが、通年採用では年齢問わないため、ライバルの数も多くなります。

海外大学出身や既卒者など、自分よりも経験やスキルが高い人と競わなければいけません。

企業としても通年採用をしているのだから、ユニークな人材や即戦力人材を求める傾向が高く、採用基準が上がっている可能性もあるので注意してください。

インターン後の個別面談:フォローアップ面談や人事面談で囲い込み?
インターンに参加したけど優遇されるのかな...どんな企業が囲い込みしているのか知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はインターンに参加するメリット、優遇される企業をご紹介します。インターンの囲い込み・

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は随時募集をしている企業の情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days