就活情報

『自宅が勤務地から遠いようですが…』面接頻出質問の回答例とは?

面接での頻出質問ってなんだろう…
自宅が勤務地から遠いんだけどどうしよう…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は定番質問『自宅が勤務地から遠いようですが…』のおすすめの回答方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

就活面接での頻出質問

就活での頻出質問を知りたい…こんな要望もあると思います。

初めて面接を受けたときは上手に答えられないかもしれませんが、経験数が増えると回答も上手くなります。

面接上達のコツは頻出質問の事前対策を行うことです。

今回ご紹介する『自宅が勤務地から遠いようですが…』も頻出質問の1つです。

『自宅が勤務地から遠いようですが』の質問の意図とは?

面接での頻出質問に上手に答えるためには、面接官の質問意図を理解すること大切です。

『自宅が勤務地から遠いようですが…』で聞きたいことは以下3つです。

  • 長時間の通勤時間で業務に支障ないか
  • 長距離通勤で仕事を続けられるか
  • 健康状態に問題はないか

面接に参加する前に質問意図を理解し、解答を作成するようにして下さい。

通勤時間は片道90分が目安

企業では片道90分の通勤時間が目安として考えられています。

一般的には往復の通勤時間が180分以上になると、健康上の問題や残業ができずに仕事に制約がかかることが考えられます。

このため、自宅から職場までの通勤が片道90分を超える場合は面接官を納得させられる回答を用意するのが大切です。

おすすめの回答方法

『自宅が勤務地から遠いようですが…』に対するおすすめ回答をご説明します。

長距離通勤でも問題がないことを強調

結論から申し上げますと、長距離通勤でも問題なく仕事ができることを伝えるのが大切です。

以下のように業務に支障がないことを具体例を交ぜながら強調してください。

  • 通勤時間が長くても始発なので座れる
  • 勤務地近くへの引っ越しを考えている

学生時代に長距離通学の経験があれば、満員電車に慣れていることを伝えるのも有効です。

また、部活を通して体力に自信がある方は健康上問題ないことも強調すると良いでしょう。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は『自宅が勤務地から遠いようですが…』に関する答え方をご紹介いたしました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days