就活で重要な企業選びの軸とは?給料・勤務地・転勤!?厳選5例!
スポンサーリンク

就活で重要な企業選びの軸とは?給料・勤務地・転勤!?厳選5例!

企業選び 軸 おすすめ

「就活の軸って何?」
「就活の軸が全然決まらないんだけど」

企業選びの段階において、就活の軸に関する疑問は多いと思います。本記事では、就活の軸が決まらないときに参考になる【おすすめ5例】を紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

就活の軸とは?

友達と就活の話をすればわかりますが、企業を選ぶ基準は人それぞれです。少し難しい言い回しになりますが、自分が労働や企業に対して求めることが「就活の軸」です。

就活の軸の形成には、育った家庭環境や、大学生活、自分自身の性格が大きく影響します。このため、自分の軸を客観的に見ることが重要になります。

就活解禁後はES作成や、面接対策で忙しくなるため、余裕のある時期に就活の軸を決めることをおすすめします。

就活の軸のおすすめ5個

就活の軸を決める参考例として、私自身が企業選びで使った軸を5個、重要度順に説明します。今回紹介するのは、本音の軸なので、面接で聞かれた時には別の軸を答えてください。

○○条件が良いというよりも、××条件は絶対に嫌だというネガティブ条件を考えることで、明確な軸を決めることができます。

休日がほかの人と同じ

社会人の毎日の充実度は、休日の過ごし方次第で大きく変わります。社内の同僚だけでなく、学生時代の友人とも定期的に遊びたいタイプなので、土日休みは絶対条件でした。

日常生活が会社内の人間関係だけで完結してしまうと、視野が狭くなってしまうと思うので、注意してください。

ONとOFFがはっきりしている

「休日がほかの人と同じ」に似ていますが、仕事のON/OFFが明確な業界を選びました。外資系企業や、世界各国とネットワークがある海運業界などでは、休日や深夜に仕事が入る場合もあるので、志望業界から除外しました。

成果が目に見える

大学院では、新しい研究分野におけるメカニズムの解明に取り組んでいます。自分の取り組んだ内容によって、新しい原理・原則がわかることは面白いのですが、「形」として残らない点が少し残念です。

このことから、企業選びの軸として「成果がモノや形として現れる仕事ができる」ことを重要視しました。

勤務地・転勤の多さ

少しネガティブな話になりますが、日系企業のほとんどは、自分の働く環境を選ぶことができません。全てを会社に任せるといっても言い過ぎではないはずです。具体例をいくつか挙げます。

  • 職種
  • 同僚
  • 勤務地
  • 転勤
  • 給料
  • キャリアパス

日系企業では自分の働く環境を選ぶことができないため、少しでも確定要素を増やすことが重要になるはずです。私の場合、「勤務地が都会・転勤は基本ない」の労働条件だけは確定させるように軸の選択をしました。

仕事内容

具体的な仕事内容は不確定要素ですが、会社が属している業界は基本的に不変です。商品に関しても、「車」「不動産」「鉄」「食品」など、選択することが可能です。仕事として、興味のあるモノに携わりたいことも軸選びの一つです。

まとめ

  • 会社選びの軸は就活解禁前に決めておきたい
  • 軸は人それぞれ違って当然
  • 絶対譲れない条件が軸を選ぶポイント
  • 軸選びのポイントを知るにはOB訪問が有効です
スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る