編入予備校・塾は必要なし?独学で合格するための方法とは?

スポンサーリンク
高専

編入試験では予備校に行った方がいいのかな…
独学でも合格できるのかな…

編入受験生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は編入試験での予備校の必要性をご紹介します。

スポンサーリンク

編入試験合格には予備校は必要なのか?

結論から申し上げますと、編入試験合格のために予備校は必要ありません。

要領良く対策できれば独学で合格すること可能です。実際に合格者の中で予備校に通っている学生は半分程度になります。

ここからは予備校に通うメリット・デメリットをご説明します。

編入予備校のメリット3選

過去問を入手できる

予備校を利用することで編入試験の過去問と解答を入手できます。

試験対策を効率良く進めるためには過去問分析が重要なので、過去問・解答を入手できるメリットは大きいです。

予備校に通うこと以外にも編入試験の過去問を入手する方法はあります。

  • 高専や専門学校の図書館を探す
  • 大学のホームページから入手する
  • ネットで手に入れる
  • 先輩からもらう

詳細はこちらの記事でまとめています。

大学編入試験の過去問・解答の入手方法とは?
編入試験で過去問って重要かな…過去問を手に入れるにはどうしたらいいのかなこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は高専から大学編入をするときの過去問や解答の入手方法をご紹介します。編入試験では過去問は必須!編入試験で何から始めたら

志望理由書の添削を受けられる

編入試験では出願時に志望理由書を提出します。

多くの学生は志望理由書の作成経験がないため、予備校教師の添削により完成度が一気に高くなります。

志望理由書の記載内容は面接試験にも影響しますので矛盾が無いように作成してください。

大切なポイントは論理的な文章構成で書かれているかどうかです。

大学教授が採点するのだから論理的に書かれていないと大幅減点になります。

友だちができる

予備校に通うメリットとしては編入試験を目指す友達ができることもあります。

独学ではつまづいても自分で解決しなければいけませんが、友達がいれば教え合うことができます。

編入試験では情報収集が大切になるので、やり取りできる仲間がいると合格率も高くなるはずです。

編入予備校のデメリット2選

編入予備校に通うことはメリットだけではありません。デメリットを2つご説明します。

費用が高い

予備校の授業代はとても高いです。

受験科目をすべて受講すると大学受験向けの予備校と同等の金額が発生します。

編入試験用の予備校に1年間通うと100万近くかかってしまいます。

合格できるかは自分次第

予備校に通ったとしても必ず合格できるわけではありません。

結局のところ、勉強量が全てで合格できるかは自分次第です。

塾や予備校に入っていることに満足してしまい、不合格になる学生もたくさんいます。

編入試験は独学で受かるのか

冒頭でもご説明しましたが、予備校に行かなくても編入試験に合格するのは可能です。

実際に独学で合格している学生もたくさんいます。

予備校に通わない欠点2つを克服しなければいけません。

  • 過去問が手に入らない
  • 無駄な時間が多くなる

過去問については先輩や友達のコネクションを使えば入手できるはずです。

また、予備校のテキストは編入試験専用に作成してあるので要点がまとまっています。

一方、独学で勉強するときには市販の参考書と問題集を購入します。

どんな本を使えばいいのか分からない…という学生は科目別におすすめ参考書をまとめましたので参考にしてください。

おすすめ本を使うことで無駄なく効率良く対策できるはずです。

編入試験(数学)対策のおすすめ参考書・問題集15冊を紹介!
編入試験のおすすめ参考書を知りたい...数学の問題集は何を使えばいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は大学編入試験で使えるおすすめの数学参考書をご紹介します。数学のおすすめ参考書・問題集4冊まずは編入数学の総合

TOEICは独学対策が必要

編入向けの予備校に通ってもTOEICは自力で対策することが多いです。

というのも、予備校としては数学や専門科目の対策はできても、外部試験のTOEICについては対象外になるからです。

TOEIC高得点を取ることで編入試験は優位に進められます。対策方法は以下の記事にまとめています。

高専から大学編入の英語試験(TOEIC)の点数はいつまでに何点取る?
編入の英語試験ってどう対策すればいいのかな...TOEICはいつまでに何点とればいいのかな...こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は高専から大学編入に必要なTOEICに関する情報をご紹介します。TOEICは編入に必要なのか?

まとめ

今回は編入試験での予備校の必要性をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

編入試験対策で使い倒したいサービス!

情報収集や問題演習など、編入試験の準備って想像以上に忙しいです。

試験直前でも全然勉強が終わっていない...という状態では正直、合格は難しいです。

そうならないためにも、編入試験対策に役立つおすすめのサービスをまとめました。

Prime studentで送料無料

Amazon Primeと同じサービスを学生価格で受けられるのがPrime studentです。

正規会員と比較すると、Student会員の年会費は約半額です。

  • Amazon prime:年会費4,900円
  • Prime student:年会費2,480円

会員特典は『Amazon Musicで音楽を聞けること』『Kindleを特別価格で買えること』など、いろいろあります。

特に受験生におすすめのサービスは、以下の2つです。

  • 全ての書籍が10%ポイント還元
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

急に参考書が欲しいときに、お急ぎ便が送料無料で何度も利用できるのは相当助かります。

無料体験実施中!

実際にどんな制度なのかを体験してもらうために、Prime studentでは半年間の無料体験を実施しています。

無料体験の流れとしては、まず会員登録をしてもらって、その後の半年間はタダでPrime studentの特典を利用できます。

半年経過以降も継続する場合は、その時点で年会費を支払います。

もちろん無料体験後に退会するときにはお金は必要ありません。

会員登録するか悩んでいる学生は、無料体験を行ってから再度続けるかを決めても遅くないですよ。

学生だけの特権なのだから、使い倒しちゃってください!

TOEIC対策にはスタディサプリ

編入試験合格のためにはTOEICで他の受験生と差を付けるのが大切です。

実は英語が苦手な人でも事前対策をしっかり行えば、TOEICでは高得点を取れます。

短期間の受験勉強用には『スタディサプリ』がおすすめです。

1日あたりたったの83円でTOEIC対策、英会話練習を行うことができます。

しかも今なら期間限定で7日間の無料体験を行っています。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
高専
理系days