就活情報

『仕事とプライベートはどちらが大事ですか』面接での頻出質問の答え方

仕事とプライベートどちらが大切かを聞かれたんだけど…
面接での頻出質問を知りたい…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活面接での頻出質問『仕事とプライベートはどちらが大事ですか』の答え方をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

就活面接での頻出質問について

就活での頻出質問を知りたい…こんな要望もあると思います。

初めて面接を受けたときは上手に答えられないかもしれませんが、経験数が増えると回答も上手くなります。

面接上達のコツは頻出質問の事前対策を行うことです。

今回ご紹介する『仕事とプライベートのどちらを優先するか?』も頻出質問の1つです。

『仕事とプライベートはどちらが大切?』の質問の意図とは

ここからは質問の意図を3つご紹介していきます。

面接官がなぜ質問したかを理解することで上手な回答方法にもつなげられるはずです。

社会人としての意識があるか

1つ目の質問意図は社会人としての意識があるかを再確認するためです。

学生気分のまま面接を受けていないかがチェックされます。

社会人として働く覚悟ができていれば以下のことには対応できるはずです。

  • 頻出質問の回答を事前に想定
  • 面接でのマナーを勉強
  • 本音と建前の使い分け

学生自身の価値観を把握するため

面接では学生が仕事やプライベートに対してどのような価値観を持っているかを知ることで企業との相性を判断します。

仕事を最優先に考えて欲しいという企業に対して、プライベート重視を求める学生が入社するのはミスマッチになります。

入社後にこんなはずじゃなかった…と後悔してすぐに辞めてしまうのは、学生と企業の両方とも避けたい状況です。

このため、面接の段階から学生との相性を評価しカルチャーフィットするかを検討します。

本音と建前を使い分けられるか

『プライベートが大切であり、プライベート重視のために仕事をする』というスタンスの学生も多くいます。

ですが、面接では仕事をおろそかにしてでもプライベート優先であることを伝えるのはNGです。

内面ではプライベート優先であっても、建前上は『仕事をやりつつプライベートも楽しみたい』と答えるのがベストです。

仕事をする上では必ずしも正直であることが理想とは限りません。

面接官もそのことを承知の上で、学生が本音と建前を使い分けられるかを評価しています。

おすすめの回答方法

ここからはおすすめの回答方法をご紹介します。

仕事とプライベートを関係づける

仕事とプライベートを関係づけた回答方法がおすすめです。

具体例を説明します。

まず仕事を頑張れば自分に自信が付きますし、給料ももらえます。

貰った給料を趣味に使えばプライベートが充実します。

私生活の環境で得たアイディアを仕事に利用できれば、さらに成果も出せるはず。こんな流れです。

このように仕事とプライベートを切り離さずに相乗効果があることを伝えるのが重要なポイントです。

NGな回答方法

面接不合格の可能性が高い回答方法もご紹介します。

嫌な仕事は我慢してプライベートを楽しむ

仕事は嫌だけど我慢して取り組むというネガティブな印象を与えてしまう答え方はNGになります。

企業としては熱意のある学生を求めています。このため、やる気が見られないと判断されれば即不合格です。

『仕事とプライベートはどちらが大切ですか』は頻出質問なので、面接で聞かれてうっかり本音を答えないように事前に回答パターンを用意するようにしてください。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活での頻出質問の答え方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days