Webテスト

SPIWebテストの自宅受験:テストセンターとの違い、やり方、監視型はどっち?

玉手箱やC-GAB適性検査は自宅受験なのかな…
SPIテストセンターオンラインは家で受験するの…
テストセンター オンラインの会場はどっちか選べる…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWebテストの種類について『自宅受験型』『会場受験型』の違いと対策方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

Webテストの種類

まずは就活のWebテストの種類をご紹介します。

大きく分けると『自宅受験型』と『会場受験型』の2つがあります。

自宅受験型

自宅のパソコンで受けるWebテストです。主なWebテストの種類はこちらです。

  • 玉手箱
  • TG-WEB
  • WEBテスティング

会場受験型

専用の会場に出向き、決められたパソコンで受験します。有名なのはテストセンターです。

最近は会場受験型が増えている

もともとWebテストといえば、自宅受験型のことを指していました。

その後、リクルート社が作成したテストセンターが主流になり、最近は『会場受験型』の実施が増えています。

『会場受験型』が流行っているは理由は2つです。

Webテストの不正をさせないため

自宅受験できるWebテストでは、だれにも監視されず好きなように受験できます。

このため、複数人で受験、Webテスト代行会社への依頼、Webテスト解答集の利用など、不正が起きているのが実態です。

一方、『会場受験型』のWebテストであれば、決められた日時に指定されたパソコンで受験します。

試験監督員がいるため不正することは不可能です。

会場受験型の費用が安くなっている

昔の就活では企業の会議室でペーパー試験を行っていました。

しかし、人件費や採点の大変さから、徐々に自宅受験型に切り替わっています。

最近は会場受験型Webテストも複数社が参入しており、低価格タイプもあります。

手間が少なく費用は安く済むため、会場受験型に変更する企業が増えています。

会場受験型のWebテストは4種類

会場受験型といえばリクルートのテストセンターだけでしたが、最近の主流は以下の4つです。

  • SPIのテストセンター
  • ヒューマネージ社のテストセンター
  • C-GABのテストセンター
  • SCOAのテストセンター

ヒューマネージ社のテストセンターについては、自宅受験型でいえばTG-WEBになります。

また、C-GABについては自宅受験型でいえば玉手箱になります。

自宅受験型と会場受験型の違い

ここからは『自宅受験型』と『会場受験型』の違いをまとめます。

Webテストの受験タイミング

Webテストはエントリーの次の段階で行われます。もちろん企業によってはES通過後ということもあります。

『会場受験型』ではエントリー完了後に企業から受験の指示を受けます。

専用会場の予約手続き、性格テストの受験などを含めると、実際に受験するのは数日後になるのが一般的です。

一方、『自宅受験型』は事前の予約手続きが不要で、すぐに受験できます。

受験タイミングの違いに関しては、エントリー後すぐに受ける可能性があるのが『自宅受験型』、実際に受けるまでに数日の余裕があるのが『会場受験型』といえます。

出題内容

Webテストの種類によっては『自宅受験型』と『会場受験型』で出題内容が異なります。

例えば、SPIの自宅受験型であるWEBテスティングとテストセンターでは、出題内容は違います。

一方、自宅受験型である玉手箱と会場受験型のC-GABで出題される内容はほぼ同じです。

使い回しができるかどうか

『自宅受験型』では、同じ種類のWebテストであっても企業毎にテストを受験します。

最頻出の玉手箱では10回以上も試験を受けることがあります。

一方、『会場受験型』では同じタイプのテストであれば使い回しができます。

納得のいくスコアを取ることができれば、それ以降は専用会場で受験する必要はありません。

インターンシップの時期からコツコツ対策を進めて、就活解禁前には会場受験型のベストスコアを取るのがおすすめです。

インターンWebテストは落ちる?適性検査のSPIボーダーは?
...

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活Webテストにおける『自宅受験型』『会場受験型』の違いと対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days