Webテストの協力プレイとは?友達とのやり方を紹介!代行よりも良い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

Webテストを複数人で受けるとバレるの…
友達と協力して解答しても大丈夫…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活Webテストに関して友達と協力して受験できるかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Webテストの実情

就活Webテストには受験する場所が2パターンあります。

  • 会場受験型
  • 自宅受験型

会場受験型では企業が指定した会議室やホールでWebテストを行います。

監視員も配置されるため不正行為は一切できません。Webテストでは採用数が多いテストセンターも会場受験型です。

一方、自宅受験型のテストでは誰にも監視されず、不正してもバレないというのが実情です。

ネットで調べる、友達同士で受験する、解答集を使う等、カンニングの方法は色々とあり、実際に多くの人が不正行為をしています。

他人がやっているから許されるというわけではありませんが、正義感のためにて選考不合格になっては意味がありません。

Webテストにおけるカンニングや不正についてはこちらの記事でもまとめています。

Webテストのカンニングは大丈夫?不正がばれるリスクはあるのか
就活Webテスト対策が不十分だけどどうしよう...就活生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。当サイトでも紹介しているようにWebテストには簡単な対策方法があります。 複数人で受験する Webテスト解答集を使用する 就活ツー

友達と協力して受験するとは

自宅受験型のWebテストに関して友達と協力する方法をご説明します。

おすすめの受験場所は研究室や自宅です。

ネット環境が整っていること、会話しても問題ないことが場所の条件になります。

カフェについては周囲の雑音で友達同士の会話が聞こえない可能性もあるのでおすすめできません。

また、友達との協力プレイでの注意点はスケジュールを合わせるのが難しいことです。

急に面接が入ったり、ES締め切りに追われる等、就活中は想像以上に忙しくなります。

大人数で受験した方が高得点を取りやすいですが、人数が集まらないときは2人での受験も検討してみてください。

複数人受験で協力するやり方

実際に複数人でWebテストを受験するときの方法をご説明します。

最も現実的な2人で受験するパターンを想定しています。

役割分担を決める

まずは役割分担を決めてください。

選考を受ける本人がキー操作を行うのが無難です。

  • 問題をスキップするかどうかの判断
  • 答えが絞れないときの選択肢の判断

このような状況での最終判断は選考を受ける本人が行ってください。

友達が解答を選んで不合格だったら、取り返しがつかなくなってしまいます。

他にも、選択肢の上から検討する人・選択肢の下から検討する人の役割を分けることも大切です。

同じ選択肢を2人で検討しては時間の無駄になります。

上下の両方向から選択肢の検討を進めることで解答時間を短くできるはずです。

デュアルディスプレイを準備する

Webテストを受験するときにはデュアルディスプレイ環境を整えてください。

選考を受ける本人がメインモニターを操作し、複製されたサブディスプレイを友達が見るようにしましょう。

2人同時に1つの画面を見るよりは、別々の画面で解答を検討した方が効率よく進められるはずです。

遠方の友人とはスカイプで共有する

友人との協力プレイで一番難しいのはスケジュールを合わせることです。

仮に予定があったとしても同じ場所で受けるのは制約があるかもしれません。

そんな時はスカイプで協力プレイを進めてはどうでしょうか。

お互いのパソコンにスカイプをダウンロードして画面共有機能を使えば、2人で会話しながらWebテストを受験できます。

協力プレイがバレることはあるのか

友達との協力プレイのやり方を詳細にご説明しましたが、そもそも企業にバレる心配はないのでしょうか。

結論から申し上げますと、何点かの注意ポイントを守ればバレる心配はありません。

解答時に気を付けるべきのは以下の3点です。

  • 明らかに解答時間が短い
  • 点数が満点
  • 別に受験したテストとの結果差が大きい

1人で取り組んだとは思えないような解答スピードで高得点を取ってしまうと、不正がバレる可能性があります。

解答時には『意図的にゆっくり解く』『わざと正解を間違える』といった配慮が必要になります。

Webテスト代行はおすすめできません

ID・パスワードを教えることで、Webテストの解答を代行してもらうサービスがあります。

上手くいけば選考に通過できますが、不合格になる可能性もゼロではありません。

信憑性が低いWebテスト業者に頼むよりは、友人と協力して解答する方が確実です。

Webテスト代行ってばれるの?業者による就活サービスの評判とは?
...

まとめ

今回はWebテスト受験時の協力プレイについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2020卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2021卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年11月更新)|就活研究所|note
※当noteは11 /15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days