Webテストのカンニングは大丈夫?不正がばれるリスクはあるのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト

就活Webテスト対策が不十分だけどどうしよう…

就活生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

当サイトでも紹介しているようにWebテストには簡単な対策方法があります。

  • 複数人で受験する
  • Webテスト解答集を使用する
  • 就活ツールで過去の選考情報を確認する

就活生の間ではよく知られている方法ですが、もちろんWebテスト受験の不正に該当します。

今回はWebテストの不正を行うメリットとそれに伴うリスクをご紹介します。

スポンサーリンク

Webテストにおけるカンニングのリスクとは

Webテストの不正を行いカンニングをしたときには、少なからずリスクも伴います。

まずはどんなリスクがあるのかを検証していきます。

企業に不正がバレてしまい内定取消

Webテストの不正が企業側にバレるのは、自宅で受験するWebテストとペーパーテストに点数差があるときです。

企業によってはWebテストとは別にオリジナルの筆記試験を受験します。

筆記試験は会議室等で実施されるので不正することは当然できません。

Webテストと筆記試験の点数に大きな差があるときには、人事から原因を問われる可能性があります。

筆記試験時の体調が悪かった…等の言い逃れはできるかもしれませんが、採用に関しては大幅な減点にならざるを得ません。

入社後に基礎学力差でギャップが生まれる

Webテストで不正をするリスクとしては、運良く内定を貰っても入社後の同期と比べて基礎学力差があるため、うまく仕事が回らないということです。

外資系企業、日系大手企業といったWebテストのボーダーラインが高い会社では、相応の基礎学力を持ち合わせることが最低条件とされています。

仕事を進める上でも頭の回転が速くないと、追いつけない業務ばかりです。

採用のWebテストで不正を行い、内定を貰ったとしても相応の基礎学力がないとドロップアウトしてしまう可能性が高いです。

Webテストで不正が黙認される理由

ここまでWebテストの不正に関するリスクをご紹介しました。

これだけWebテストの不正に関する情報が広まると、企業の採用担当の耳にも届いているはずです。

Webテストをマジメに受験しない就活生が多いことを知りつつも、企業がWebテストを辞めないのはなぜでしょうか。

以下、3つの理由を紹介します。

Webテストは効率が良い採用方法

企業の採用目線で考えると、Webテストは非常に効率が良い選考方法です。

Webテスト制作会社に丸投げしてしまえば、足切りの基準にも使えるし、地頭の良さでフィルターもかけることもできます。

独自の筆記試験を作成して学生を選抜するよりは断然楽に採用活動が進められます。

このような背景もありWebテストで不正があると知りつつも、実施を続けている状況です。

足切りの基準としか考えていない

2つ目の理由は、Webテストの点数を足切り基準としか考えていないことです。

Webテストを利用した選抜方法は2つあります。

  • Webテスト点数が高い学生をとる
  • Webテスト点数が低い学生をはじく

最近の就活では『Webテスト点数が低い学生をはじく』という目的でWebテストを実施する企業が多いです。

このためカンニング等の不正があったとしても、企業は黙認し続けているのではないでしょうか。

必要な情報を取りに行く姿勢が求められる

Webテスト選考は、必要情報を取りに行く姿勢があるかの判断基準にもなります。

これだけWebテストの不正が広まっている状況ならば、関連する情報を積極的に取得して利用する姿勢が求められます。

仕事を進める上でも主体的な行動力は大切な能力です。

特に若手にとっての積極性は最重要視されているため、就活の選考で判断基準とする企業もあります。

このため不正を黙認しつつあるのは、Webテストの点数云々というよりも、主体性を発揮して必要な情報を取る力を持ち合わせているかを評価するためとも考えられます。

まとめ

今回はWebテストの不正をした場合のリスクと、不正があると知りつつも企業がWebテストを実施する理由をご紹介させて頂きました。

企業にとってのWebテスト実施の目的は以下3つです。

  • Webテストは効率の良い選考方法
  • 足切り基準として考えていない
  • 必要な情報を取りに行く力を求めている

正直なところ、Webテスト点数が高いだけの学生を欲しいという企業はありません。

それならば、Webテスト対策は短時間で効率的に終わらせて、ES作成や面接対策に時間を費やしたほうがいいと思います。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2020卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年6月更新)|就活研究所|note
※当noteは7/1より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法です...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days