Webテスト解答集(エクセル)の使い方の前に!本当に正しい答えですか?
スポンサーリンク

Webテスト解答集(エクセル)の使い方の前に!本当に正しい答えですか?

webテスト 解答 エクセル

就活のWebテストを楽に対策したいな
Webテスト解答集っていうのがあるらしいけど使っても大丈夫かな

就活生の中にはこんな疑問をもっている方がいるのではないでしょうか。

就活用Webテスト(SPI・玉手箱・CAB・GAB・TG-Web)の解答がexcelファイル形式で、ネットで出回っています。

今回は数百円~数千円で販売されている解答集を使った時のメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

Webテスト解答集とは?

就活の1次選考として課されるのがWebテスト。

基本は自分のPCを使って問題を解きます。誰にも監視されないため、「複数人で解く」「調べながら解く」など手段はいろいろあります。

他にも、Webテスト解答集(エクセルファイル)を使う方法もあります。

また、Webテスト解答集の存在を知っている就活生は多いですが、内定者ESが無料でダウンロードできることを知っている就活生は少ないのではないでしょうか。

就活サイト「Unistyle」では無料登録するだけで内定者ESを数千社分も閲覧できます。

就活前にこんな情報を知っているだけでも、他の学生と差をつけられるはずです。

  • 企業毎の過去のESの設問
  • 内定を取るためのESの完成度

筆者も就活の時に利用したサービスでとてもお世話になりました。

登録の必要項目は名前、メールアドレス、電話番号、大学名、卒業年といった必要最低限の情報だけです。スマホからでもすぐにダウンロードできますよ。

※大好評の「無料ES配布サービス」は期間限定で行っています。今のうちに登録しておきましょう。

内定先の企業一覧、詳しい使い方はこちらの記事にまとめてあります。

参考 就活生必見!人気企業100社の内定者ESを無料ダウンロードできる話。

Web解答集の入手方法は?

それでは、Webテスト解答集の入手方法を紹介します。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って数百円~数千円で購入する
  • サークル・部活に引き継がれているものを利用する
  • 友人からもらう

各自が受験したWebテスト問題をスクリーンショットで保存し、友人間で共有することで自作解答集を作る人もいるみたいです。

具体的な方法は、Webテスト対策のために企業のマイページを作成し、PC画面のスクリーンショットを撮りながら、Webテストの問題を保存します。

時間をかければ、Webテストの問題は必ず解けるので、保存した問題の正解を書き出します。

さいごに、紙に印刷して回答を書き写したり、エクセルシートに回答をまとめれば自作解答集の完成です!

参考 ES提出無しでWebテストの練習ができる踏み台企業とは?

Webテスト解答集(エクセルファイル)の使い方とは?

Webテスト解答集には問題文と解答番号が記載されています。エクセルファイルの使い方は超簡単です。

受験中のWebテスト問題のキーワード(たいていは問題始めの数文字)を、入手したエクセルファイルで検索するだけです!

そうすると、問題の解答番号が瞬時にわかります。

玉手箱やSPIといったWebテストの種類がわかれば、問題・選択肢を使いまわしているため、解答集を検索するだけでラクに解くことができますよ。

Webテスト解答集のメリット

就活生がWebテスト解答集を使った時のメリットを紹介します。

誰でもWebテストで楽に100点を取れる

既に紹介したように、玉手箱やSPIなどのタイプがわかればexcelファイルの検索だけで解答することができます。

試験中はその番号を記入するだけなので、誰でもWebテスト100点を取れます。

Webテスト解答集のデメリット

解答集を使うことのデメリットもあります。今回は想定されるマイナス面を3つ紹介します。

1.不正が企業にばれる

何らかの形でWebテスト解答集を使用したことが企業にばれる可能性はあります。

  • 解答時間が明らかに短い
  • 企業オリジナルの筆記試験との点数差が大きい
  • 同期・友人などから不正が発覚する

自然な解答に見えるように「わざと時間をかけて解く」「わざと間違って解く」などの工夫が必要になります。

企業独自の筆記試験が行われる企業もあります。オリジナル試験とwebテストとの点数差が大きいと、間違いなく不正がバレてしまいます。

2.解答集が間違っていたら0点になる

2つめは、Webテスト解答集を使うことの最大のリスクです。

解答集に載っている解答が間違っていたら、Webテストの点数は0点になります。

解答集はネットで出回っていたり、サークルで受け継がれていたり、友人から貰ったりなど、出所が怪しいことがほとんどです。

作成者が本当に信用できる場合を除いて、だれかが意図的に解答を変更している可能性もあります。

デメリットを知らずに、ただ楽だからと言って解答集を使ってしまうと、本命企業のWebテストに落ちてしまいきっと後悔するはずです。

Webテスト解答集でのカンニングは違法なの?

Webテストは受験場所に指定がなく自宅で受験することができますので、複数人での受験や解答集の使用を完全に防止することは不可能です。

ということは、Web解答集を利用してテストを受けることは、グレーな手法ですが違法性はないと思います。(※もちろん個人の見解ですが…)

一方、決められた会場で行われる大学の定期試験や就活面接で別の人が受験すると、替え玉受験となり違法性が出てきます。

おすすめのWebテスト対策方法

メリット・デメリットを理解した上で、おすすめのWebテスト対策方法を紹介します。

1.リスクを承知したうえで解答集を使う

1つ目は、Webテストの解答集に誤りがあり、0点になるかもしれないというリスクを承知したうえで、解答集を使って効率的に対策すること。

少しでもリスクを減らすために、インターン選考や志望度が低い企業のWebテストで解答集の正誤を調べることをおすすめします。

ただ、解答集の販売業者は誤った解答を売ると、評判が下がり儲からなくなってしまうため解答が間違っていない可能性も十分あります。

2.参考書・問題集を使って、勉強する

2つめは、参考書や問題集を使って地道にWebテスト対策をする方法です。

「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」などWebテストには複数の種類があります。

効率が悪い側面もありますが、Webテスト0点といった最悪の結果は取らずにすむはずです。

参考  Webテスト・SPI・テストセンター 対策本【おすすめ10冊】2019卒必見!

3.企業の選考情報を基に、出題タイプを予測する

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • ネット掲示板の情報
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「ネット掲示板は信用できない」など、デメリットもあります。

私のおすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールunistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

4.Webテスト専用の就活ツールで対策する

Webテストの問題集って重いな…
電車の中でもWebテスト対策したいな…

就活生の中にはこんな要望もあるのではないでしょうか。

就活サイト『キャリアパーク』が作成するSPIパーフェクト問題集は、あるようで無かったPDF形式のWebテスト対策ツールです。

こちらを使うメリットはこんな感じです。

  • PDF版なので持ち運びに便利
  • 電車やカフェでの勉強にもぴったり
  • 無料でダウンロードできる

SPIパーフェクト問題集は『キャリアパーク』に登録すると無料でもらえます。

必要項目は氏名や大学名だけなので、登録はスマホからでも簡単にできますよ。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法があります。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • テストセンターでは英語試験があったか
  • 過去3年分のES設問を閲覧

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

まとめ

今回はWebテスト解答集を使う時に、考えてほしいメリット・デメリットを紹介しました。

リスクを承知したうえで使わないと、本命企業の選考に落ちるなど、取り返しのつかないことになってしまいます。

参考  SPI・テストセンター・Webテスト対策はいつから?勉強期間、必要時間は?

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る