Web面接のカメラはどこを見る?目線や視線はどうする?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報

Web面接ではどこを見ればいいのかな…
回答のカンペはバレるの…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はWeb面接での目線のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

Web面接の目線はカメラに合わせる

結論から申し上げますと、Web面接での目線は画面ではなくカメラに合わせるようにしてください。

カメラに視線を持っていくことで、面接官のモニター上では正面を見ることになります。

会話をする感じで画面を見ながら話してしまうと、面接官のモニター上では目線が下を向いてしまいます。

Web面接で話すときには、自分で意識しながら目線を上げるのが大切です。

アプリ画面の縮小でカメラと顔を同時に見る

カメラを見ると面接官の表情を確認しながら話すことができません。

そんなときは、アプリ画面を縮小してカメラの直下に移動する方法がおすすめです。

面接官の顔は小さくなりますが、目線を落とさずに表情を確認しながら話すことができます。

スマホでは画面が小さすぎるので、パソコンでWeb面接を受けるときには試してみて下さい。

面接官の話を聞くときの目線

視線はカメラとモニターの中間

面接官の話を聞くときには、相手の表情を確認することも大切です。

目線が下がり過ぎると印象が悪くなるので、カメラとモニターの間に視線を合わせるようにしましょう。

面接官の表情も見ることができるし、目線が下がり過ぎるのを防ぐこともできます。

目線を動かし過ぎるのはNG

面接官の話を聞くときには、相槌を打ちながら理解していることを伝えるのも大切です。

目線はカメラとモニターの中間に合わせて、必要以上に動かさないように注意してください。

集中力が切れてしまい、画面の外を見たり、目線を外すことがないようにしましょう。

カメラの設置位置に注意

上から目線にならないように

Web面接を受験する時にはカメラの位置によって印象が変わってきます。

カメラが低すぎると上から見下すような視線になってしまうので、面接官から見ると良い印象にはなりません。

スマホを使う場合、デスクの上に置いて角度調整しても高さが足りないので下向きの目線になってしまいます。

必ずスマホスタンドを使って高い位置にカメラを持ってくるようにしてください。

Web面接でカンペはバレるの?

Web面接では画面上でワードのカンペを見ながら、回答の準備をすることもできます。

しかし、画面上の文字を追うように目線が動くため、カンペを見ているのはすぐにバレます。

そもそも、話すときに目線が画面を見続けているのは印象が悪いので止めた方が良いです。

まとめ

今回はWeb面接での視線に関する情報をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2022卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2023卒】(2021年10月更新)|Webテストマスター|note
※当noteは10/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

ベネッセの無料ツールで性格検査の練習

性格検査の練習がしたい...こんな就活生もいるのではないでしょうか。

ベネッセの就活サービス『dodaキャンパス』では、無料で性格検査GPSを受検できます。

23の設問に答えるだけで、

  • レジリエンス
  • リーダーシップ
  • コラボレーション

の3つの特徴が分かるので自己分析にも活かせるし、性格検査の練習としても使えます。

もちろん『dodaキャンパス』の登録は無料です。

対策方法が少ない性格検査だからこそ、事前の準備が大切になります。

スカウト制度による企業からのオファー

就活生の皆さん、「理系ナビ」を知っていますか?

普通の就活では自分で企業を選びますが、『理系ナビ』はスカウト型の就活サービスなので登録後は待っているだけでOKです!

自分のインターン経験や選考状況を登録すると、各企業の人事部が就活生の情報をシェアしてスカウトを送ってくれます。

おすすめポイントはこの3つです。

  • 自分では想像もしないホワイト企業から突然「最終面接」の案内が届く
  • 企業から選んでもらうので選考通過率が格段にアップする
  • 理系特化型の就活サービス

また、就活情報誌を無料で自宅まで届けてくれるサービスもあります。

『理系ナビ』の利用はもちろん無料なので是非使ってみてください。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報
理系days