Webテスト

Webテスト/玉手箱/SPI/テストセンター:誤謬率と正答率は?

テストセンターは誤謬率って関係あるの…
正答率や回答率は影響するのかな…
SPIの未回答はありなの…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は玉手箱やTG-WEBといったWebテストでの誤謬率をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

誤謬率(ごびゅうりつ)とは?

就活Webテストで良く聞く『誤謬率』とは『回答に対する間違いの割合』のことです。

間違いが多く誤謬率が高いということは、正確さに欠けると判断される可能性があります。

制限時間が決まっているWebテストでは、分からなかったり、解けない問題は適当に回答を選んで次の問題に進むこともあると思います。

誤謬率が影響されるテストでは、適当に回答してしまうと正確性の項目が下がるためマイナス評価につながります。

では、就活Webテストでは『誤謬率』は測定されているのでしょうか。

https://shukatsu2017.com/arorua-webtesting

ほとんどの就活Webテストでは誤謬率は関係ない

結論からお伝えすると、大多数の就活Webテストでは『誤謬率』の測定はしていません。

玉手箱、テストセンター、TG-WEB、WEBテスティング、c-gab等のWebテストでは、『誤謬率』ではなく『正解数』を測定基準にしています。

このため、分からない問題が出題されたら無駄に時間を使わずに適当に回答して他の問題で正解するという解き方が有効です。

SPI-R、SPI-Nだけは誤謬率の影響あり

ほとんどのWebテストでは『誤謬率』は関係ありませんが、実は以下2種類のテストについては『誤謬率』が測定されます。

  • SPI-R
  • SPI-N

『SPI-R』は大学生・短大生が対象、『SPI-N』は短大生・高校生が対象のテストです。

両方とも事務職や一般職採用時に実施されるWebテストです。処理能力の正確性が求められる職種であるから『誤謬率』がテストに影響されます。

ちなみに、『SPI-R』『SPI-N』では「処理の速さと正確さの両方を測定してるので、でたらめな回答をしないこと」という説明の記載があります。

多少解答スピードを落としても間違い数を減らして、正確に回答できるように慎重に取り組んでください。

SPI-R/SPI-Nの対策とコツ:事務職・一般職のWebテスト
SPI-R・SPI-Nってどんな試験なのかな...一般的なSPI-3との違いを知りたい...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。リクルート社が制作するウェブテストSPIには色々な種類があります。今回はSPI-A、SP

正答率は合格ラインやボーダーで判断

各テストで必要な正答率は企業毎に非公開になっています。

このため、過去の選考情報を集めて合格ラインやボーダーで判断するのが有効といえます。

詳細はこちらの記事でまとめています。

AGC/NRIのSPIテストセンターボーダー:理系の使い回しは?
AGCや野村総合研究所のSPIテストセンターボーダーは高いの...適性検査の使い回し基準を知りたい...理系院生や学部生のSPI対策はどうやるの...こんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は25/26卒向けにテストセンターのボー

玉手箱専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料で受けられます。

ESなしで玉手箱に類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活Webテストの誤謬率に関してご紹介しました。

いかがだったでしょうか。大多数のWebテストでは『誤謬率』は関係ないため、正解数を増やせるように問題を飛ばす方法も有効です。

『SPI-R』『SPI-N』を受験するときだけは、『誤謬率』が測定されるため慎重な回答を心がけてください。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days