理系学部生が学卒で就活を経験するメリットは?【大学院進学予定者も必見】
スポンサーリンク

理系学部生が学卒で就活を経験するメリットは?【大学院進学予定者も必見】

理系 学部 就活

理系学部生の人は大学院に進学する予定はありますか。今回は、大学院進学予定の理系学部生も絶対に学卒で就活を経験するべき理由を紹介します。面接対策・ES対策・企業研究・志望業界研究など、メリットはたくさんあります。学部の就活で経験したことは必ず院卒の就活時にも有利に働くはずです。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

学部3、4年生で取り組んでほしいこと

理系学生の多くは大学院に進学します。そのため、周りの文系の友達が就活を始める中、理系学部生は、バイトや遊びで3年~4年前期をだらだらと過ごしてしまいがちです。

そんな中、授業がほとんどなく、4年生になって研究が本格化する前に、是非取り組んでほしいことがあります。それが「就活」です。修士で就職予定の人も、学部で就活を経験しておくと、考えが変わり、意識して修士の学生生活を送るようになるはずです。

それでは、大学院進学予定者も含めて理系学部生が就活をするべき理由を解説します。

学部で就活を経験するメリット

1. 面接・ES対策

まずは、就活選考に慣れることが最大のメリット。筆者が就活本番前にインターンシップに参加することををおすすめするのも同じ理由です。

どんな内容のESが通過しやすいのか、自分のプロフィールやスペックだと面接では何が聞かれるかなど、実際の選考を経験して初めてわかることがたくさんあります。

2. 企業研究や志望業界の知識が増加

学部生で就活をするときには、どうせ就職しないのだからと手を抜くのではなく、本気で取り組むことがおすすめ。企業研究や志望会社を見ている中で、「〇〇な条件は嫌だ」とか「思っていたよりも××の仕事も面白そう」など意外な発見があるはずです。

普通の学生は一回しか就活しないので、選考後半になってそのような気付きをしたとしても、エントリーが終わっていたりすることもよくあります。理系ならではの長所を活かして、学部で就職経験すると、今までと違うことが見えてくるはずです。

3. 就活の流れを理解

3つめは就活の全体の流れを把握できること。ES提出、テストセンター、Webテスト、OB訪問、説明会、工場見学、面接など、就活生にはやるべきことがたくさんあります。この流れを知っておくことは、「忙しい時期」や「準備するための期間」を把握するのに非常に役に立ちます。

就活後に「全然準備時間がなかった」という人がいますが、前もって就活の流れを理解しておけば早い時期から対策できるはずです。

4. 院卒就活時までに鍛える能力の把握

学部で就活を経験すると、「必ず自分の足りないこと」「アピール不足の内容」がでてきます。例えば、「研究結果」や「バイト経験」、「TOEIC点数」など。修士で就職する場合には、あと2年間も準備期間があります。しっかりと能力を磨いて、院卒の就活に準備をすることが大切です。

学部で就職を経験するデメリット

ここまで学卒で就職を経験するメリットを紹介してきましたが、デメリットもあるので紹介していきます。

1. 就活を知った気になること

1つめは、学部で1回就活を経験したことで「就活を理解した気になって、準備に力をいれなくなる」ことです。面接前の準備や就活生としてのマナーなど、絶対に怠ってはいけないところは油断しないように。

2. 内々定までもらうと今後に影響が出る

2つめは、稀な例になりますが学卒就活時に内々定をもらって、辞退した場合には院卒時の就活にも影響が出る可能性があること。企業や人事の立場では、入社したいから採用試験を受けているわけなので、1度辞退した学生が2年後にまた受けに来るのは理解しにくいみたいです。

入社する気がないのなら、内々定をもらう前、むしろ、最終面接を受ける前までには、辞退しておいた方が今後にも悪影響は与えないはずです。

まとめ

今回は理系学部生が就活を経験するメリットを紹介しました。大学院進学希望者にも読んでほしい内容を書いたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る